レビュー
チョコミント風のデザインもたまらないアイスコーヒーメーカー

アイス専用「ECI-660」で淹れたアイスコーヒーは別格の香りと味わい!

ここ最近、アイスコーヒーの消費量がハンパない筆者。そのままブラックで飲んだり、牛乳を入れてカフェオレにしたりと味変をしながら1日中飲んでいるので、コーヒーをリフレッシュルームやキッチンに取りにいくのがめんどうでたまりません。そこで、自分専用のコーヒーメーカーを購入してしまいました。選んだのは、アイスコーヒー専門のサーモス「ECI-660」。さっそく使いやすさや味を確かめてみます。

構造から作り方まで見ていこう

基本的な構造は、粉をセットしてコーヒーを抽出するコーヒーメーカーと同じです。大きく違うのは、ドリップしたコーヒーを氷で急冷する点。コーヒーが溜まるサーバーに氷を入れておき、そこに抽出したコーヒーを注ぎ入れることで冷やします。この手法により、香り高い透明感のあるアイスコーヒーになるそう。もちろん、蒸らしや抽出の時間もアイスコーヒーに適した配分にマイコンで制御。サーバーは二重構造になっており、冷たさが長持ちするのも特徴です。作り方を追いながら、構造もチェックしていきましょう。

フタを開いたところにあるドリッパーにペーパーフィルターをセットします

フタを開いたところにあるドリッパーにペーパーフィルターをセットします

コーヒー粉は付属の計量スプーンで投入。グラス3杯分から5杯分までを一度に抽出できます。ちなみに、コーヒー粉はアイスコーヒー用だけでなく、ホットコーヒーに使用する深煎、粗挽き、中挽きも使用可能。今回は、アイスコーヒー用をチョイスしました

給水タンクに水を注ぎます。ただ、目盛りがサイドにしかないので見づらい。給水タンクは取り外しできないので、水を入れ過ぎると大変! オーバーしないように注意しましょう

コーヒー粉と水の準備が完了したら、サーバーに氷を入れます

コーヒー粉と水の準備が完了したら、サーバーに氷を入れます

サーバーを本体に戻し、電源を入れたらあとは待つだけです

サーバーを本体に戻し、電源を入れたらあとは待つだけです

グラス5杯分のコーヒーは約7分で抽出完了。フタを空けてみると、氷が溶けて冷えた状態に。味は薄まっていないのでしょうか……

味を確かめるべく、グラスに注ぎます。サーバーの口が尖がっているので、入れやすい!

味を確かめるべく、グラスに注ぎます。サーバーの口が尖がっているので、入れやすい!

カフェで出てくるレベルの味わいと香りです。氷に直接ドリップしても味が薄まらないということは、濃く抽出されているのかもしれませんね

牛乳をミックスしてカフェオレにしてもコーヒーの香りと味が負けないのがすごい!

牛乳をミックスしてカフェオレにしてもコーヒーの香りと味が負けないのがすごい!

気になることをいろいろチェック!

おいしいとは思ったのですが、正直、普通のコーヒーメーカーで入れたコーヒーを冷やしたものとの差はわからず。そこで、ホットコーヒーを作る時に使用する中挽き粉を用いて、ECI-660でアイスコーヒーをいれてみました。アイスコーヒー用の粉でなくても、香りは健在なのでしょうか。

普通のコーヒーメーカーでいれたホットコーヒーを冷まし、アイスコーヒーにして味を比較してみます

普通のコーヒーメーカーでいれたホットコーヒーを冷まし、アイスコーヒーにして味を比較してみます

見た目の色が変わらないので味の違いも期待していませんでしたが、一口飲んでビックリ! まったく別物です。普通のコーヒーメーカーでいれたほうはコーヒーの味が薄く、香りも感じません。しかし、ECI-660は鼻を抜けるようなコーヒーの香りが爽やかで、味もしっかり。ホット用のコーヒー粉でこんなおいしいならモンクなし!

続いて、保冷性能を確かめてみます。本体からサーバーを取り出し、デスクにON。1歩も動かずにコーヒーが注げるって楽チン♪

二重構造になっているので、1時間経過してもサーバーの外観に結露なし! デスクがびしょびしょにならないのがうれしい

氷の溶け具合を見てみると、1時間ぐらいではまだまだたっぷり残っています。味や香りにも変化はありません

氷の溶け具合を見てみると、1時間ぐらいではまだまだたっぷり残っています。味や香りにも変化はありません

3時間後も、コーヒーのおいしさはそのまま。氷の残量はわずかですが、冷たさは最後まで続きました

3時間後も、コーヒーのおいしさはそのまま。氷の残量はわずかですが、冷たさは最後まで続きました

サーバーに氷を入れることでアイスコーヒーにするということは、氷のない状態で抽出すればホットコーヒーが楽しめるのではないかと考えた筆者。さっそく、トライ!

残念ながら、温度は58℃。ホットコーヒーとしては、ちょっといただけません。熱々ではなく、少し低温で抽出されるようですね

まとめ

正直、アイスコーヒー専門のコーヒーメーカーでなくても、時間はかかるけれど、ホットコーヒーを冷ませば同じでしょ? と思っていました。しかし今回、淹れ方の違いで味に歴然の差が出ることに驚愕。アイスコーヒーってこれほど香りが強く、味わいも深いのだったのかと……。ブラックで飲んでも、カフェオレにしてもどちらもカフェで出てくるレベルです。コーヒー好きな価格.comマガジン編集者に数人試飲してもらったところ、「もう1杯ちょうだい」と筆者が飲む間もなく、売り切れるほどの人気ぶり。このおいしさは、本物と言えるでしょう。

そのおかげで、ECI-660購入後はお店でアイスコーヒーをテイクアウトすることがなくなりました。ECI-660の価格は、価格.comの最安値で約5,700円(2017年5月11日時点)。コーヒー粉のコストはかかりますが、もとは十分取れるはず。1度ドリップすれば、3時間経っても冷え冷えですし、香りと味の劣化も感じません。ホットコーヒーの粉を使ってもおいしいので、夏場だけ利用したい人にもうってつけだと思います。また、個人的にはチョコミント風のカラーがかわいいのがお気に入り。ひと目につくところに出しておきたいし、見せびらかしたい!

【関連リンク】
《2018年》全自動もミル付きも!タイプ別のおすすめコーヒーメーカー12選

中村 真由美(編集部)

中村 真由美(編集部)

モノ雑誌のシロモノ家電の編集者として6年間従事した後、価格.comマガジンで同ジャンルを主に担当。アウトドアからオタク系まで意外と幅広くイケちゃいマス。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る