シンプルだけど、深さがあるプレートが使いやすい

デザインだけじゃない! タイガー「パーティープレート」のイイところ♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年春に発売されたイデアインターナショナル「BRUNOコンパクトホットプレート」のヒットを機に、見えるところに出していても違和感がないデザインで、食卓や写真に映えるおしゃれなホットプレートが人気ですね。今回は、ホットプレートの人気メーカー、タイガー魔法瓶から発売されているおしゃれな「パーティープレート CRK-A100」(以下、CRK-A100)を使ってみました。

基本セットに付いてくるのは「フカナベ」のみ

「CRK-A100」にセットになっているプレートは、フッ素樹脂加工された「フカナベ」のみ。最近のホットプレートは、平面プレートのほかにたこ焼きプレートが付属していることが多いので、ちょっと新鮮です。「ホットプレート」というより、「グリル鍋」に近いかも。たこ焼きや焼肉を楽しみたい場合は、オプションプレート(後述)を購入する必要があります。

本体のサイズは386(幅)×249(奥行)×177(高さ)mmで、重量は約3.4kg。消費電力は1,200Wです。レシピブックも付いていません、“おしゃれ系ホットプレート”にはまれにみるシンプルさ!

温度は保温〜250℃の間を無段階でレバーをスライドさせて調整できます。温度の目安は、WARM(約60〜80℃)、L(約100℃)、M(約80℃)、H(約250℃)とのこと

コードはマグネット式で脱着可能。長さは1.8m

コードはマグネット式で脱着可能。長さは1.8m

フカナベのサイズは20.0(縦)×26.4(横)cm、深さは4.6cmあります。色をオフホワイトにしたのは、料理がよりおいしく見えるようにというメーカーのこだわりなのだそう

オプションのボールプレート(左)とグリルプレート(右)については、後ほどくわしく

オプションのボールプレート(左)とグリルプレート(右)については、後ほどくわしく

ちなみに、「CRK-A100」はオプションプレート2つを含めてすべて重ねても、すっきりしまえるようになっています

フカナベだけでも焼く・煮る・蒸すが全部できる

さっそく、標準のフカナベを使って調理してみます。なべといっても、素材はアルミでフッ素樹脂加工もされているので、焼き物や炒め物にも対応できます。

アクアパッツァ

まずは、製品のデザインが生かせるおしゃれっぽい料理を作ってみようと思い、アクアパッツァを作ってみることに。おいしくできました。

陶器のなべのような雰囲気が出せるのは白いフカナベならでは。グリーンや赤が映えますね

陶器のなべのような雰囲気が出せるのは白いフカナベならでは。グリーンや赤が映えますね

すき焼き

フカナベは深さがありつつ、肉に焼き色をつけることもできるので、焼くと煮る、どちらの機能も使用するすき焼きにも適しています。

牛脂をひかずに薄切り肉を焼いてみましたが、まったく焦げ付くことはありませんでした

牛脂をひかずに薄切り肉を焼いてみましたが、まったく焦げ付くことはありませんでした

フカナベは深さと面積があるので、大人2人で食べても多いくらいの量を調理できます

フカナベは深さと面積があるので、大人2人で食べても多いくらいの量を調理できます

焼きそば

続いて、焼きそばを調理しました。焼きそばに限らず、ホットプレートで炒め物をするとテーブルに食材が飛び散りやすいのでいつも困っているのですが、フカナベなら大丈夫。

麺も野菜も、たっぷり3人前投入! 豪快にかき混ぜながら炒めます。深さがあるので、たっぷり入れてもふたをして蒸すことができます

できあがり。こぼれるどころかなべのふちすら汚れていません

できあがり。こぼれるどころかなべのふちすら汚れていません

ちなみに、フカナベの汚れは基本的に落としやすいのですが、カラーがオフホワイトなので、傷や汚れが残らないよう、扱いにはちょっと気を使います。また、洗う時には持ち手が正直じゃまな気も……。ひとり暮らし用の小さなキッチンでは、シンクに収まらないこともあるかもしれません。

取っ手とプレートの間は乾きにくく、汚れが入ってしまう心配もあるのが玉にキズ

取っ手とプレートの間は乾きにくく、汚れが入ってしまう心配もあるのが玉にキズ

たこ焼き好きには必須のボールプレート

ここからは、オプションプレートを使っていきます。まずは、たこ焼き好きなら持っておきたいボールプレート。穴は20個あります。

ボールプレート「CRK-B010」の価格は2,700円(税込)。サイズは20.0(縦)×26.6(横)cmで、深さは4.4cm。ふちは2cmほど(筆者計測)の高さがあります

たこ焼きは焼きムラなく早く焼ける

ボールプレートを使ってたこ焼きを焼いてみます。ホットプレートの隅は火力が弱いことが多く、その場合、隅と中央のたこ焼きを配置換えする必要があるのですが、「CRK-A100」の場合は不要でした。そして、焼けるのが早い! 筆者はたこ焼き作りにはけっこう自信がありまして、「20個なら1人でも余裕だわ」と思っていたのですが、焼けるスピードが早く、最後の1個を返す頃には生地に火が通りすぎてしまっていたほどでした。

こぼれる心配が少ないので、つい具をモリモリに。でも大丈夫

こぼれる心配が少ないので、つい具をモリモリに。でも大丈夫

10分もかからずに焼きあがり。均一に焼けるので、たこ焼きを配置換えする必要がありませんでした

10分もかからずに焼きあがり。均一に焼けるので、たこ焼きを配置換えする必要がありませんでした

アヒージョ

今やホームパーティーの定番メニュー、ボールプレートで作るアヒージョもやってみました。

ちょっとオリーブオイルの量が多くなってしまったのですが、ふちが高いので安心

ちょっとオリーブオイルの量が多くなってしまったのですが、ふちが高いので安心

余分な油をカットできるグリルプレート

最後に、焼肉など油の多いものも余分な油を落とすことができるグリルプレートを使ってみましょう。

グリルプレート「CRK-B010」の価格は2,700円(税込)。サイズは19.6(縦)×26.4(横)cmで、深さは3.9cm

グリルプレート「CRK-B010」の価格は2,700円(税込)。サイズは19.6(縦)×26.4(横)cmで、深さは3.9cm

厚めの肉もすぐ焼ける

とりあえず、焼肉。1cm弱の厚めの肉を用意したので火のとおり具合が心配でしたが、1分ほどでジューシーなミディアムレアに焼けました。

焼き色が食欲をそそります。やはり焼肉には焼き目が重要!

焼き色が食欲をそそります。やはり焼肉には焼き目が重要!

鮭のハラスもいっしょに焼いて、どんどん余分な油が落ちた結果……

鮭のハラスもいっしょに焼いて、どんどん余分な油が落ちた結果……

油がべったり。焼肉をする機会が多いなら、やはりグリルプレートを持っておきたいかも

油がべったり。焼肉をする機会が多いなら、やはりグリルプレートを持っておきたいかも

ワッフル風パンケーキ

グリルプレートにはこんな使い方も。プレートのを生かして、ワッフル風のパンケーキを焼いてみました。気分が変わりますね。

ぽこぽこの凹凸がなんだかかわいい

ぽこぽこの凹凸がなんだかかわいい

目玉焼きとベーコンを添えて、カフェ風朝食に

目玉焼きとベーコンを添えて、カフェ風朝食に

まとめ

「ホットプレート=たこ焼き、焼肉」というイメージを強く持っていた筆者にとって、付属するのがフカナベだけなんて不便なのでは? と最初は思ったものの、実際に調理をしてみると、意外と使いやすいことに気付きました。ちなみに、めったにたこ焼きを作らないという友人に意見を聞いてみたところ、「余計なプレートが付属しないの、すごくイイ!」とのこと。フカナベでは焼肉もできないことはないので、このスタイルは思った以上に汎用性が高いですね。

また、記事内でも連呼していましたが、それぞれのプレートのふちに高さがあるのがかなりイイです。一般的なホットプレートでは、必ずといっていいほどこぼれたものがプレートの下に入り込んで、場合によってはヒーターに焦げ付いてしまうことも。これだと手入れが大変なのはもちろん、きれいに取りきれないまま収納してしまう場合もあったのですが、本機なら、気になっていた衛生面も問題ありません。

計7品を調理した後の本体。ほとんど、いや、まったく汚れてない!

計7品を調理した後の本体。ほとんど、いや、まったく汚れてない!

大泉瑠梨(編集部)

大泉瑠梨(編集部)

美容・健康家電を中心に新製品レポートやレビュー記事を担当。時には体を張って製品の実力をチェックします。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
レビュー最新記事
レビュー記事一覧
2017.5.19 更新
ページトップへ戻る