現行製品最多の容量とミルクレシピを搭載した最高クラスのコーヒーマシン

高機能なのに簡単操作! 深蒸しレギュラーコーヒーと豊富なミルクメニューが味わえるデロンギ「エレッタ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

本格的なエスプレッソを自宅で楽しめることから人気の高いデロンギより、ハンドドリップのように蒸らしながらエスプレッソを抽出する「カフェ・ジャポネ」機能と、現行製品最多となる7種類のミルクメニューをプリセットした「エレッタ カプチーノ トップ ECAM45760B」(以下、エレッタ)が誕生。その操作性や味わいを発表会で体験してきました!

エレッタの市場想定価格は240,000円(税別)で、2017年3月1日発売予定

エレッタの市場想定価格は240,000円(税別)で、2017年3月1日発売予定

ハンドドリップの味を再現する「カフェ・ジャポネ」

一般的に豆を挽いて抽出する一連の動作がオートで行われるコーヒーメーカーを“全自動”と呼びますが、デロンギの“全自動”はひと味違います。水や豆の量を量る工程から、抽出→カップに注ぐ→カスを捨てる→洗浄するまで、すべてマシンにおまかせ! 利用者の手間を軽減するだけでなく、本当においしいコーヒーを提供するために“1杯”からていねいに計量し、最高の状態で抽出してくれます。そんなこだわりのデロンギ製全自動コーヒーメーカーの中でも最高峰と位置付けられているのが、昨年発売された「プリマドンナXS」。プリマドンナXSには、抽出する途中で蒸らし工程が入る「カフェ・ジャポネ」という機能があり、深蒸しレギュラーコーヒーを楽しめるのが大きな特徴です。なお、デロンギがいう「レギュラーコーヒー」とは、9気圧で急速抽出するエスプレッソを通常よりも長い時間をかけて抽出したもの。そのレギュラーコーヒーに蒸らしをくわえたのが、「カフェ・ジャポネ」です。今回発表されたエレッタは、プリマドンナXSと並ぶフルスペックモデルで「カフェ・ジャポネ」機能も搭載。豆ホッパーと水タンクの容量が現行製品最大となったため、本体サイズも少し大きくなっています。

サイズは260(幅)×360(高さ)×460(奥行)mmとなっており、スリムなデザインを意図したプリマドンナXSと比べると幅が65mmアップ

プリマドンナXSとの構造的な大きな違いは、水タンクをセットする位置が背面から側面に変わったこと。これにより本体の横幅は広くくなったものの、前から取り出せるので使い勝手はよくなりました。なお、水タンクの容量は2L

豆ホッパーには、370gまでのコーヒー豆を入れられるようになっています。フタにパッキンを施し、豆が湿気てしまわないように密閉性を高めているそう。左上にあるダイヤルは豆の粒度を調整するもので、手前にある四角い部分にはコーヒー粉を入れるようになっています

「カフェ・ジャポネ」を淹れるには、右下のボタンにタッチするだけ。静電タッチ式のため、触れるだけで反応します

運転がスタートするとコーヒー豆がミルされ、抽出が始まります(下の動画参照)。「カフェ・ジャポネ」ではエスプレッソ抽出を行いながら、何回かの蒸らし工程を追加。ハンドドリップではゆっくりとお湯を注ぎながら、蒸らしつつ抽出しますが、そのような淹れ方を再現しました。また、「カフェ・ジャポネ」では途中で豆挽きの工程が1度入ります。これは、風味が薄くなった出がらしを捨て、新しい豆をミルすることで“おいしいところ”だけを淹れる工夫。水やコーヒー豆の量はカスタマイズで変えることもできますが、「カフェ・ジャポネ」の豆挽きは最初と途中の計2回、必ず行われます。

プリセットされている「カフェ・ジャポネ」のメニューは、一般的なマグカップで飲む量を想定した180mlが抽出されます

蒸らし工程を途中で入れない普通のロングコーヒーと味を比べてみたところ、深みと香りがまったく違いました。「カフェ・ジャポネ」のほうが苦味はありますが飲みやすく、後味がすっきり

なお、エレッタに限ったことではありませんが、デロンギの全自動コーヒーメーカーには香り高いエスプレッソを淹れるためのテクノロジーが満載されています。その中でもポイントとなるのが、豆を挽くミルの構造。高速回転するプロペラで豆を粉砕する「プロペラ式」や、すり鉢のように豆を挽いていく「うす式」を多くのメーカーが採用する中、デロンギのコーヒーメーカーに使われているのは「コーン式」。低速回転で豆をカットし、下層部でパウダー状にするコーン式は、プロペラ式やうす式よりも摩擦や回転で発生する熱が少ないため、アロマの損失が最小限で抑えられるということです。

同社のコーン式グラインダーの仕組みを見せてもらいました。コーヒー豆を徐々に小さく切っていき、一番下で均一なパウダーに仕上げます

ボタンひとつで作れる多様なミルクメニュー

ここまで見てきたところでは、同ランクのプリマドンナXSより大容量になったのがエレッタという印象ですが、ワンタッチで作れるミルクメニューが7種類プリセットされていることも特徴です(プリマドンナXSは3種類)。手動で調整すれば、これまでも多様なミルクメニューを楽しむことはできましたが、あらかじめプログラムされているほうがラク! ラテ系の飲み物が好きな人には、うれしい仕様だと思います。なお、ミルクの抽出はミルクがもっとも甘くなる60〜65℃に設定されており、泡(クレマ)の大きさは3段階で調整可能。また、同社上位機に搭載されている、ボタンを押すだけでミルク2:泡3の割合で完璧なカプチーノが完成する「ラテクレマシステム」も用意されています。

ミルクコンテナを装着して、ミルクメニューを選ぶと運転がスタート

ミルクコンテナを装着して、ミルクメニューを選ぶと運転がスタート

プリセットされているミルクメニューは、「カプチーノ」「カフェラテ」「エスプレッソマキアート」「ラテマキアート」「フラットホワイト」「ホットミルク(スチーム、フロス)」「マイミルク」の7つ

下の動画は「エスプレッソマキアート」を淹れている様子。泡立ったミルクが先に抽出されたあと、エスプレッソが注がれます。

泡(クレマ)のきめが細かく、とてもなめらか! エスプレッソの苦味がアクセントとなり、飲んだあとも口の中はすっきりです

ミルクコンテナ上部にあるダイヤルで、泡(クレマ)の大きさを変更可能。なお、「CLEAN」にあわせて運転すると、ミルクが出る管をお湯で洗浄してくれます

泡の大きさを変えて抽出してみましたが、かなり差が出ます。もっともきめの細かい右端のものは、空気が含まれる量が多いようで、密度は高いものの感触はふわふわでした

ラテアートもできそうだと思ったのですが、もっとキメの細かい泡のほうが向いているそう。ラテアートを楽しみたい場合は、スチームノズルを利用してミルクを泡立てます。なお、ミルクコンテナとスチームノズルが付け替えできるデロンギ製品は、プリマドンナXSとエレッタのみ(現行モデルにおいて)

たしかに、泡(クレマ)のなめらかさはまったく違いますね

たしかに、泡(クレマ)のなめらかさはまったく違いますね

スチームノズルで泡立てたミルクなら、こんなラテアートも描けちゃう!

スチームノズルで泡立てたミルクなら、こんなラテアートも描けちゃう!

中村 真由美(編集部)

中村 真由美(編集部)

モノ雑誌の白物家電の編集者として6年間従事した後、価格.comマガジンで同ジャンルを主に担当。アウトドアからオタク系まで意外と幅広くイケちゃいマス。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.11.19 更新
ページトップへ戻る