アニメに対する最新の取り組みや今後配信予定のアニメ関連作品を披露

「Netflixアニメストレート 2017」で見えたアニメに対する本気度

このエントリーをはてなブックマークに追加

映像配信サービス大手のNetflix(ネットフリックス)は8月2日、東京国際フォーラムにて「Netflixアニメストレート 2017」を開催。同社のアニメに対する取り組みや、今後配信を予定しているアニメ関連作品に関する発表を行った。本稿では、Netflixのアニメに対するさまざまな取り組みを中心にレポートする。

なお、発表された作品の詳細については、別のレポート記事でも紹介している。そちらもあわせて参考にしてほしい。

アニメーションを日本から全世界へ発信

Netflixチーフ・プロダクト・オフィサーのグレッグ・ピーターズ氏

Netflixチーフ・プロダクト・オフィサーのグレッグ・ピーターズ氏

Netflixでは世界中に日本のアニメを配信中

Netflixでは世界中に日本のアニメを配信中

イベント冒頭、Netflixでチーフ・プロダクト・オフィサーを務めるグレッグ・ピーターズ氏がステージに登壇し、Netflixのアニメへの取り組みについてのプレゼンテーションが行われた。「世界中にアニメファン」をキャッチに、日本のアニメを会員へと届ける役割を担っている同氏。「グローバルなネットワークに日本のクリエイターの創造性を提供し、我々は会員のために日本で50社と契約した。すでにグローバルで20作ものオリジナルアニメの配信を開始している」と、Netflixにおけるアニメの重要性が改めて語られた。

プレゼンテーションでは、Netflixによるアニメ視聴の割合を示したヒートマップを取り上げ、「日本のアクティブユーザーの半分以上がアニメを視聴しているが、中南米、台湾、フィリピン、イタリアも割合が高い。Netflixのアニメ全体としては、9割が海外視聴」と、日本だけでなく世界でもアニメファンが増えていることを明らかにした。

Netflixによるアニメ視聴のヒートマップ

Netflixによるアニメ視聴のヒートマップ

Netflixのこれまでの歩みについては、「日本でサービスを立ち上げ、日本のNetflixユーザーに何が求められているかを学び、最上位の体験を日本の皆様に提供することを目指してきた」と総括。Netflixが目指すのは、「最高の映像エンターテイメント体験を、世界中に、それはどんなデバイス、どんなコンテンツであろうと届けること。日本のネットユーザーはエンターテイメントに支出する傾向があり、映像配信ではストーリーを”一気見”でき、完全にパーソナライゼーションされたNetflixの体験から、従来のモデルに戻ることはできないだろう」と自信をのぞかせた。

どこにいても、いつでも、どこでも、全話一挙、全世界に配信

どこにいても、いつでも、どこでも、全話一挙、全世界に配信

Netflixの高画質とユーザー体験を高めるテクニカルな取り組み

プレゼンテーションでは、Netflixのテクニカルな取り組みも紹介された。1億人を超える会員数を有し、全世界でサービスを展開するだけあり、その規模はまさに世界規模だ。現在のNetflixの対応機種は1500以上。対応言語も英語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語、フランス語を始め、現在は20言語以上と、2012年の7言語から大幅に増えている。このほかにもヘブライ語版のUIでは画面を右から左に表示するモードを追加するなど、ローカライズも進んでいるという。

『BLAME!』を例に翻訳への取り組みを紹介

『BLAME!』を例に翻訳への取り組みを紹介

ヘブライ語版Netflixで表示される『BLAME!』の作品紹介ページ

ヘブライ語版Netflixで表示される『BLAME!』の作品紹介ページ

Netflixの特徴であるパーソナライゼーションについては、「アカウントは既に1億を越えており、1アカウントごとに平均2.5人のプロファイルが登録されている。プロファイルごとにそれぞれ固有の好みがあり、何を見て、観はじめてからやめるまでどれくらいかかるのかといった内容から、サービスを展開する国毎ではなくユーザーそれぞれにカスタマイズしていく。これは2.5億人のNetflixのサービスを作っているのと同じことだ」と、作品に触れやすくなる取り組みについても紹介した。

高画質・高音質への取り組みも最先端だ。Netflixはスタジオ、家電メーカーとも連携し、「4K」「HDR」といった最先端のテクノロジーを導入し、放送やDVDに負けない画質を提供。サウンドも、7月28日から『BLAME!』のDolby Atmos(ドルビーアトモス)版の配信をスタートさせるなど、非常に力を入れている。

イベント会場ロビーでは『BLAME!』のHDR/SDR版の比較デモが行われていた

イベント会場ロビーでは『BLAME!』のHDR/SDR版の比較デモが行われていた

さらに、モバイルデバイス向けの新エンコード技術も披露。こちらは、今年3月に米国Netflix本社で行われた「Netflix Lab Day 2017」のレポート記事でも触れたが、モバイルの限られた帯域に向け、150kbpsで以前の300kbpと同等以上の画質で表示するというもの。最近は格安SIMを使うユーザーが増えてきているが、そういった安定した速度を確保するのが難しい環境でも、この技術を使えば高品位な映像を体験できるようになるという。

低ビットレートで高画質を実現する最新のエンコード技術も開発しているという

低ビットレートで高画質を実現する最新のエンコード技術も開発しているという

このほか、昨年11月末に対応した作品の「ダウンロード」の機能についてもヒートマップを公開。日本を含むアジア地域で利用率が高く、重要度の高い機能として認識されているようだ。

作品ダウンロード機能のヒートマップ。特にアジア地域で積極的に利用されているという

作品ダウンロード機能のヒートマップ。特にアジア地域で積極的に利用されているという

最後に、グレッグ・ピーターズ氏が語ったのは、もっとも重要なのはストーリーであるということ。「Netflixの制作体制は、クリエイターに最高のパレットを与えて、彼らの品質とビジョン、魅力的なストーリーを引き出すこと。これから公開されるコンテンツに我々も期待している」と語り、プレゼンテーションを締めくくった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
特別企画最新記事
特別企画記事一覧
2017.12.9 更新
ページトップへ戻る