レビュー

欲しい機能が全部盛り! JBL「4305P」は小さいけどパワフルなパワードモニタースピーカーだった

JBL伝統のスタジオモニターシリーズに、パワードスピーカー「4305P」が新たに加わった。Wi-FiやLAN端子によるネットワーク接続、Bluetoothワイヤレス、さらにモニタースピーカーらしい豊富な外部入力を備え、今どきの使い方にマッチしたオールインワンのスピーカーだ。

JBLのパワードモニタースピーカー「4305P」。市場想定価格はペアで22万円前後

JBLのパワードモニタースピーカー「4305P」。市場想定価格はペアで22万円前後

さっそくサンプルをお借りして自宅にJBL「4305P」をセッティング。ああ、もうこの外見、JBL伝統のHDI(High Definition Imaging)によるXウェーブガイド・ホーン技術を使ったスピーカー形状を見るだけで、テンションが上がるのは僕だけではないだろう。

オレンジ色のJBLロゴ脇には“MODEL 4305P STUDIO MONITOR”と刻印されている

オレンジ色のJBLロゴ脇には“MODEL 4305P STUDIO MONITOR”と刻印されている

JBLと言えばホーンスピーカー(正確にはホーン技術を応用した放射構造)

JBLと言えばホーンスピーカー(正確にはホーン技術を応用した放射構造)

と言っても、JBL「4305P」は決して巨大なスピーカーではない。下の写真を見てもらうとわかるが、「4305P」はJBLのモニタースピーカーとしてはかなりかわいらしいサイズ感となっている。本体サイズは210(幅)×336(高さ)×235(奥行)mmで、重量は6.6kg。手ごろなホームサイズのパワードモニタースピーカーだ。

JBLのスタジオモニターとしてはミニチュアのようなサイズ感

JBLのスタジオモニターとしてはミニチュアのようなサイズ感

内蔵アンプは総合300Wで、33mm径パルプコーン・ウーハー「JW130P-4」と25mm径リング・コンプレッションドライバー「2410H-」、HDIホーンを搭載。デジタル系の機能もとても豊富で、192kHz/24bitまで対応したDACを内蔵し、Wi-Fi、Bluetooth、USB-Bおよび光デジタル入力に対応する。さらに、Airplay2もChromecastもフル装備、XLR/6.3mmフォーン(PHONE)端子、3.5mmミニ端子とアナログ入力まで用意されているというのだからスゴイ。ちなみに、JBL「4305P」には、専用リモコンも付属する。このリモコンはBluetooth接続になっており、スピーカーの位置や向きを問わず操作できるところがなかなか便利だ。

右のダイヤルで入力端子を切り替える形。左からWi-Fi、Bluetooth、USB、光デジタル、XLR、アナログ入力となっている

右のダイヤルで入力端子を切り替える形。左からWi-Fi、Bluetooth、USB、光デジタル、XLR、アナログ入力となっている

こちらがプライマリー側の背面部。スタジオ用途からコンシューマー用途まで幅広くカバー

こちらがプライマリー側の背面部。スタジオ用途からコンシューマー用途まで幅広くカバー

プライマリーとセカンダリーの接続は、ワイヤレスリンクでは96kHz/24bitまで、LANケーブルを利用したワイヤードリンクでは192kHz/32bitで伝送

プライマリーとセカンダリーの接続は、ワイヤレスリンクでは96kHz/24bitまで、LANケーブルを利用したワイヤードリンクでは192kHz/32bitで伝送

付属リモコンは入力ソースをダイレクトに切り替え可能

付属リモコンは入力ソースをダイレクトに切り替え可能

あとは付属マニュアルのセットアップ手順に従いセットアップを進めていくのだが……手順どおりに進めると、JBL「4305P」はiPhoneの「AirPlayスピーカー」、または「GoogleHome」アプリを通してWi-Fiに接続する仕組み。今どき、パワードモニタースピーカーでも真っ先にWi-Fi接続というのが当たり前なのだ。

iOS、Androidどちらでも利用可能な「GoogleHome」アプリによるWi-Fi接続を試してみた

iOS、Androidどちらでも利用可能な「GoogleHome」アプリによるWi-Fi接続を試してみた

Wi-Fiへの接続が完了すれば、あとはスマホから自由に音楽を流せる状態。AirPlay2もChromecastも対応しているのでハードも問わない。Roon Ready、MQAにも対応する。

JBL「4305P」の理想的なスピーカー配置は、付属説明書によると角度30度に内向きに傾けた二等辺三角形の位置がリスニングするベストポジションとのこと。壁近くやラック内に設置する場合は、背面のバスコンターで-3dBに設定することを忘れないように。注意点としてJBL「4305P」は設置高さをしっかりと耳の位置にわせることをおすすめしたい。

スピーカーは30度の内振りの角度でセッティング

スピーカーは30度の内振りの角度でセッティング

さっそく、iPhoneからアップルミュージックで宇多田ヒカル『あなた』から流してみると……2本のスピーカーによるきれいなステレオイメージが広がり、余裕ある高解像度サウンドを聴かせてくれる。モニターと名前がついているが、JBL「4305P」のポイントは箱のサイズから来る低音の余裕とリッチさ。歌声はシャープで情熱的な強さを持つ、JBL正統派の鳴らし方だ。BTS『Dynamite』は、キレある歌声、グイグイと迫る低音が行き過ぎないように完全にコントロールされて鳴るところがとても気持ちいい。エド・シーラン『Shivers』の低音までズシリと聴こえる音の深みもたまらなくいい音だ。ちなみに、ワイヤレス再生では、AirPlay2で再生するよりAndroidスマホで利用可能なChromecastのほうが高音質だった。

iPhoneからはAriPlayとして再生できる

iPhoneからはAriPlayとして再生できる

AndroidはChromecastとして再生可能

AndroidはChromecastとして再生可能

JBL「4305P」をPCと組み合わせ、デスクトップオーディオ用として活用したいという人も多いと思うので、今回はUSB Type-C to USB BケーブルでMacBook Airを直結してみたが、Apple Musicでハイレゾ再生が可能であることを確認できた。USB接続の音はWi-Fiとはガラリと変わった、より角の取れたような情報量志向のサウンドとなり、よりハイクオリティなリスニングが楽しめる。

192kHz/24bitのDAC内蔵でPCオーディオとしても利用可能

192kHz/24bitのDAC内蔵でPCオーディオとしても利用可能

音楽リスニングのソースとなると、今どきはWi-FiとUSB接続が多いと思うが、JBL「4305P」の光デジタル入力端子、アナログ端子の活用法としてテレビとの接続も試してみた。

薄型テレビ用のスピーカーとしても接続可能

薄型テレビ用のスピーカーとしても接続可能

JBL「4305P」とTVS REGZA「X9400」シリーズを光デジタルで接続し、フォーマットをPCMに指定して出力してみると……ただの地デジ放送の音声でもビックリするほどいい音がする。声の質感、情報量がリニアに出る。光デジタル入力が最も音がいいのではとも思えてしまうほどだ。あくまでステレオスピーカーではあるが、Netflixで映画を試聴してもサウンドのスケール感が抜群。スピーカーの存在を消し、よくできたステレオ空間を作ってくれる。

音声出力はPCMにセッティング。なお、今回試したTVS REGZA「X9400」シリーズとの組み合わせだと、地デジに限ればビットストリームでオートの設定でも音が出た

音声出力はPCMにセッティング。なお、今回試したTVS REGZA「X9400」シリーズとの組み合わせだと、地デジに限ればビットストリームでオートの設定でも音が出た

ネット動画配信サービスの迫力アップにも有効

ネット動画配信サービスの迫力アップにも有効

ただし、JBL「4305P」をテレビ用スピーカーとして運用するにはやや問題点があった。まず光デジタルは出力時に音量調整する仕組みがないため、JBL「4305P」側で操作が必須であるということ。また、JBL「4305P」は10分でオートスタンバイするうえに、USB端子と光デジタル端子は自動復帰機能の対象外なので、手動で電源を入れなくてはならない。3.5mmミニ端子のアナログ接続にすると音量調整もスタンバイ復帰も解決するが、デジタル系接続に比べると音が痩せてしまい、まったく同じクオリティの音にはならないのだ。テレビでも活用できないこともないが、光デジタルやアナログ入力はHi-Fiオーディオ機と組み合わせて活用したほうがよさそうだ。

もうひとつ、JBL「4305P」はとても多彩な接続方法に対応していて便利なのだが、入力の自動切り替え機能が用意されていないため、複数ソースを使い分ける際にちょっとだけ不便だったりする。Wi-Fi再生だけほかの入力を乗っ取る形で切り替えが可能なのだが、そのほかの端子を併用する際には、リモコンを手元に置いて操作する形になる点は注意したい。

まとめ

JBL「4305P」は、さすがJBLとうなりたくなる、パワフルさと余裕ある低音再生能力を備えた高音質なスピーカーだった。市場想定価格22万円前後というのは決して安くはないが、デジタル・アナログの豊富な入力端子を備え、さまざまな機器と組み合わせて本格的な使い方もできるし、Wi-FiやBluetoothを使ってスマホから音楽再生も簡単に行えるなど、今どきのライトな使い方にも対応できる懐の深さがある。USB端子やXLR端子も用意されており、クリエイティブな音楽モニターにしてもよさそうだ。自宅に本格志向のJBLモニタースピーカーが欲しいという人は、ぜひ一度体験してほしい。

折原一也

折原一也

PC系版元の編集職を経て2004年に独立。モノ雑誌やオーディオ・ビジュアルの専門誌をメインフィールドとし、4K・HDRのビジュアルとハイレゾ・ヘッドフォンのオーディオ全般を手がける。2009年より音元出版主催のVGP(ビジュアルグランプリ)審査員。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
プレゼント
価格.comマガジン プレゼントマンデー
SPECIAL
ページトップへ戻る