ニュース

マランツの新AVアンプ「CINEMA」シリーズ登場

マランツがAVアンプのラインアップを一新する「CINEMA」シリーズを発表。2022年冬から順次5製品を発売する。本シリーズはマランツの「Hi-Fiオーディオ」ラインに属するプリメインアンプ「MODEL 30」やSACD/CDプレーヤー「SACD 30n」と同じコンセプトでデザインされたフロントパネルおよびシャーシを採用。「これからのマランツを象徴する」製品として生み出されたという。

デノン「AVR-X3800H」と同等の機能が想定される上位モデル

5製品の内訳は、(1)15.4ch仕様のAVプリアンプ「AV 10」、(2)16chパワーアンプ「AMP 10」、(3)9.4ch仕様のAVアンプ「CINEMA 40」、(4)同じく9.4ch仕様のAVアンプ「CINEMA 50」、(5)7.2ch仕様のスリムデザインAVアンプ「CINEMA 70s」。

AVプリアンプ「AV10」

AVプリアンプ「AV10」

16chパワーアンプ「AMP10」

16chパワーアンプ「AMP10」

9.4ch仕様のAVアンプ「CINEMA 40」

9.4ch仕様のAVアンプ「CINEMA 40」

「CINEMA50」と同じく、9.4ch仕様のAVアンプ「CINEMA 40」

「CINEMA50」と同じく、9.4ch仕様のAVアンプ「CINEMA 40」

薄型AVアンプ「CINEMA 70s」は7.2ch仕様

薄型AVアンプ「CINEMA 70s」は7.2ch仕様

製品の詳細、発売時期は後日アナウンスされる予定だが、発表されたばかりのデノンのAVアンプと同じプラットフォームを使いつつ、独自の音質に仕上げられたモデルと見て間違いないだろう。デノンとマランツは日本国内ではどちらも「D&Mホールディングス」によるブランドで、特に近年の製品では独自のネットワークオーディオ機能「HEOS(ヒオス)」などを共通の特徴としているからだ。

デノンの2022年モデル「AVR-X3800H」の詳細は以下記事を参照いただくとして、重要なポイントはやはりDSPの強化にある。

●関連記事:
エントリーもハイグレードも、デノンAVアンプの充実ぶりが目覚ましい!

「AV 10」は15.4ch分、「CINEMA 40」「CINEMA 50」は9.4ch分の信号処理ができるとされていることから、これらは「AVR-X3800H」同様に新世代のDSPを搭載し、信号処理能力を向上させたのだろう。オーバーヘッドスピーカーのアサイン可能本数増加やサブウーハーの「指向性」モードを搭載するものと予想できる。オーバーヘッドスピーカーの設定を6本にできるモデルが増えたとなれば、マニアには朗報だ。

CEDIAに合わせて北米で製品詳細を公開

また、北米のホームシアター系展示会「CEDIA Expo 2022」に合わせて、米マランツでは「CINEMA」シリーズの製品詳細が発表されている。日本国内では仕様が変更される可能性はあるが、以下に北米の仕様を列挙しよう。

「AV 10」
●希望小売価格:7,000USドル
●15.4ch処理対応のAVプリアンプ
●Dolby Atmos、DTS:Xのほか、DTS:X Pro、IMAX Enhanced、Auro-3D、360 Reality Audioなどに対応
●Dirac Liveにアップデート対応
●17.4ch分のプリアウト装備(RCA、XLR)

「AMP 10」
●希望小売価格:7,000 USドル
●内蔵アンプ:16ch
●バイアンプ/BTLモードに切り替え可能
●出力:200W(8Ω、1 kHz、 0.05% 2ch駆動時)※BTL時は400W
●RCAアンバランス、XLRバランス入力対応
●MODEL 40nと同タイプの真鍮製スピーカー端子

「CINEMA 40」
●希望小売価格:3,500USドル
●内蔵アンプ:9ch
●出力:125W(8Ω、20 Hz - 20 kHz、0.05% 2ch駆動時)
●Dolby Atmos、DTS:Xのほか、IMAX Enhanced、Auro-3D、360 Reality Audioなどに対応
●Dirac Liveにアップデート対応
●11.4ch分のプリアウト装備

「CINEMA 50」
●希望小売価格:2,500USドル
●内蔵アンプ:9ch
●出力:110W(8Ω、20 Hz - 20 kHz、0.08% 2ch駆動時)
●Dolby Atmos、DTS:Xのほか、IMAX Enhanced、Auro-3D、360 Reality Audioなどに対応
●Dirac Liveにアップデート対応
●11.4ch分のプリアウト装備

「CINEMA 70s」
●希望小売価格:1,200USドル
●内蔵アンプ:7ch
●出力:50W(8Ω、20 Hz - 20 kHz、0.08% 2ch駆動時)
●Dolby Atmos、DTS:Xなどに対応
●7.2ch分のプリアウト装備

やはり気になるのはAVプリアンプ「AV 10」と16chパワーアンプ「AMP 10」ではないだろうか。AVプリアンプの従来モデル「AV8805A」の希望小売価格が572,000円(税込)だったことを考えると、さらなる高級品になることが予想される。また、16chものアンプを持てあましそうな「AMP 10」については、2chごとにバイアンプ/BTL接続モードを設定できる模様。無駄なくアンプをアサインできる柔軟性にも注目したい。

Dirac Liveに対応してくれそうな「CINEMA 40」「CINEMA50」、人気の薄型AVセンターの最新モデル「CINEMA 70s」を含めて、日本国内での詳細発表が待ち遠しい限りである。

柿沼良輔(編集部)

柿沼良輔(編集部)

AVの専門誌を編集して10年超。「(デカさ以外は)映画館を上回る」を目標にスピーカー総数13本のホームシアターシステムを構築中です。映像と音の出る機械、人が一生懸命つくったモノに反応します。

関連記事
プレゼント
価格.comマガジン プレゼントマンデー
SPECIAL
ページトップへ戻る