レビュー
人気のミニバン、日産「セレナ」を5段階評価!

日産 セレナ 試乗評価&実燃費テスト/居住性は5ナンバーミニバンNo.1!

初代モデルが1991年に発売された日産のミニバン「セレナ」は、いまやミニバンの定番車種と言える。セレナの人気は根強く、5代目となる新型は2016年8月に発売されているが、最近は街中でも頻繁に見かけるようになった。

2016年8月に新型へフルモデルチェンジされた日産「セレナ」

2016年8月に新型へフルモデルチェンジされた日産「セレナ」

セレナは、広い室内に多彩なシートアレンジが可能で、多人数乗車も快適。現行型はリヤゲートの上側だけを開閉できる構造にして、車両後方スペースが狭い場所での使い勝手が高められている。さらに運転支援機能のプロパイロットも用意され、長距離を移動する時の疲労を軽減できる。

今回は、そんなセレナを試乗する。セレナは2016年に発売されているとはいえ、新型モデルとして最先端の技術や装備を数多く備えているので、セレナを知れば今後の新型ミニバンに関するトレンドもわかるはずだ。試乗に際しては以下の項目を5段階で採点して、評価したい。

・運転のしやすさ(取りまわし性/視界)
・内装(質感/スイッチの操作性とメーターの視認性)
・居住性&荷室(前後席の居住性/荷室の広さと使い勝手)
・走行性能(動力性能/走行安定性)
・乗り心地
・安全&快適装備
・価格
・総合評価

※上記項目について、それぞれ1〜5点の5段階で採点、評価

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
ページトップへ戻る