小寺信良のGadget 2 Go!

ドラレコ初参戦、ケンウッド「KNA-DR300」

先月初めてドライブレコーダなるものを付けてみたのだが、そう言えば最新のドライブレコーダというのはどういうものか気になり始めた。何か新モデルはないかと探していたところ、丁度ケンウッドから12月上旬にドライブレコーダ「KNA-DR300」が発売されるということだったので、さっそくお借りしてみた。ご存じのようにケンウッドは、カーナビやカーオーディオなどカーエレクトロニクスに強いメーカーだが、ドライブレコーダとしては初めての製品であるという。

先月ご紹介したユピテル「DRY-mini」と比較すると、サイズ的には倍ぐらいだ。前面は丸みを帯びたデザインで、背面は液晶ディスプレイの下に4つのボタンが配置されている。カメラ画角は水平約100°、垂直約55°で、DRY-miniとほぼ同等。録画解像度は1920×1080/30Pで、録画形式はH.264のMOV。ビットレートはおよそ13.6Mbpsぐらいだ。GPSと加速度センサーも付いており、動画と同時にこれらのデータも記録する。

正面は丸みを帯びたデザイン

正面は丸みを帯びたデザイン

背面は2.4インチ液晶を搭載。右はユピテル「DRY-mini」

背面は2.4インチ液晶を搭載。右はユピテル「DRY-mini」

基本的にはシガーソケットからの電源供給が始まると自動で録画開始、止まれば停止で、容量が一杯になれば一番古いファイルから上書きしていくという動作はお馴染みである。

それ以外にも、加速度センサーが衝撃や急加速を検知すると、自動的に緊急録画を行なう。この部分はメモリーカードに事前に割り当てを行なったエリアに書き込まれ、自動では上書きされない。

もう一つ、駐車録画という機能もある。これはエンジン停止中に加速度センサーが衝撃を感知すると自動で録画され、このエリアも上書きされずに残る。駐車中にぶつけられたといった場合を想定しているのだろう。それぞれの機能は、手動で録画開始することもできる。

今回はたまたま、フロントガラスを掃除した衝撃で自動録画された。図らずも、ちゃんと衝撃検知で動作するということが確認できた。

掃除中の筆者が写る。フロントガラスへの振動を感知したようだ

さすが最新モデルの画質

では実際の画質を確認してみよう。さすがフルHD解像度でH.264で撮るだけあって、解像度は高く高コントラストだ。最近のスマホカメラでお馴染みとなったHDR機能もあり、逆光でも白く飛んでしまうことはない。ビットレートの低さ故に圧縮ノイズは多少感じるが、トータルとしては一般的なビデオカメラでの撮影に近い絵づくりとなっている。広角の割に端に歪みが少ないのは、補正処理をおこなっているためだろう。

走行中の映像。高コントラストで色味もはっきりしている

本体で再生すると小さくて見えないが、動画の中には日時と速度、GPSによる現在位置が焼き込まれている。PCなどに取り込んで実解像度で再生すると、十分読めるサイズであることがわかる。

またWindowsとMac用に、動画管理ツールのKENWOOD ROUTE WATCHERというソフトウェアが付属している。これで再生すると、ファイルが日時管理できるだけでなく、Googleマップを用いたルートマップが確認できる。

さらに加速度センサーの情報も、車のどちら方向にGがかかっているかがグラフィカルに表示される。動画走行画面と連動して、前後左右だけでなく、上下のGも表示されるため、地形的な上り下りやゆるい段差も確認できるので、見ているだけで結構楽しい。

管理ツールのKENWOOD ROUTE WATCHER。GPSと加速度センサーの情報も確認できる

管理ツールのKENWOOD ROUTE WATCHER。GPSと加速度センサーの情報も確認できる

このソフトにはYouTubeとFacebookへのアップロード機能があるが、動画の編集機能がないため、1ファイルをごそっと上げることになる。せめて範囲指定してアップロードできるようにして欲しいところだ。

製品には8GBのmicro SDHCカードが付属しているが、緊急録画と駐車録画領域を確保すると、通常録画領域が30分弱になってしまうので、長距離のドライブの記録を楽しみたい場合は、32GB程度のメモリーカードが欲しいところだ。

GPSに加速度センサー、さらにはHDR機能まで全部付いて実売2万円を切るドライブレコーダとなると、実質これしか選択肢がない。実用性に加えて、エンタテインメントとしての楽しみもカバーするとは、なかなかユニークなドライブレコーダだ。

小寺信良

小寺信良

AV機器評論家/コラムニスト。デジタル機器、放送、ITなどのメディアを独自の視点で分析するコラムで人気。メルマガ「小寺・西田の金曜ランチビュッフェ」も配信中。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
SPECIAL
ページトップへ戻る