九州ラーメン好きなら一度は食べるべき!

店よりおいしい?! 究極の袋麺「稗田の博多豚骨拉麺」を食べてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

友人から“絶品”と紹介された袋麺タイプの九州ラーメン

毎月のようにさまざまな袋麺をご紹介している筆者。そんなことを知ってか知らずか、友人から「この袋麺知ってる?」とか「これがすごくおいしいよ」といろんな商品を薦められるようになりました。すでに紹介したものもあれば、筆者的にはいまいちかな、と思うものもありますが、ありがたいことです。先日、友人から「これぞ、絶品の九州ラーメン。だまされたと思ってだまって食ってみろ!」と強く推薦された商品があります。筆者は初めて聞く商品名だったのですが、なんとなく押し出しの強い商品名に引かれたこともあって、友人の薦めるままに購入いたしました。

それがこちら。ねっ、漢字ばっかりでなんとなく押し出しが強いでしょ♪

それがこちら。ねっ、漢字ばっかりでなんとなく押し出しが強いでしょ♪

棒ラーメンで有名なマルタイの隠れた名品

筆者が購入したのは、株式会社マルタイの「稗田の博多豚骨拉麺(ひえだのはかたとんこつらーめん)」。マルタイといえば、黄色いパッケージの「棒ラーメン」が有名。ポークとチキンをベースにあっさりしょうゆ味に仕上げた「棒ラーメン」は筆者も大好きな袋麺の1つです。そんなマルタイが発売するのだから期待も高まります。

ラーメン一筋40年の職人、稗田藤美さんの名前入り

ラーメン一筋40年の職人、稗田藤美さんの名前入り

商品名になっている稗田とはマルタイに在籍していた稗田藤美さんのこと。マルタイで40年以上も商品開発を支えたがんこ一徹のラーメン職人だそうです。その稗田さんが、「袋麺でもこれだけおいしいものが作れるんだ」という信念のもと、おいしさを徹底して追求した渾身の逸品こそが、この「稗田の博多豚骨拉麺」なのです。そんな話を知ってしまうと、早く食べたくてたまりません。

こだわりがすごい! でも袋麺だから作り方は簡単です

1袋に2人前入っています

1袋に2人前入っています

なんとスープと具材だけで4種類も。左から液体スープ、粉末スープ、調味油、ねぎ・ごま

なんとスープと具材だけで4種類も。左から液体スープ、粉末スープ、調味油、ねぎ・ごま

麺はノンフライのストレート細麺

麺はノンフライのストレート細麺

まずは鍋に500mlの水を沸騰させ、麺を1束入れて90秒ゆでます。まあ、麺の硬さを決めるゆで時間はお好みで

まずは鍋に500mlの水を沸騰させ、麺を1束入れて90秒ゆでます。まあ、麺の硬さを決めるゆで時間はお好みで

麺がゆであがったら、具材とスープを入れて軽くかき混ぜます。麺の湯きりが必要ないのはいいですね

麺がゆであがったら、具材とスープを入れて軽くかき混ぜます。麺の湯きりが必要ないのはいいですね

完成! 袋麺とは思えぬクオリティです

筆者はいつものように玉子を入れます。さらに、特別に市販のチャーシューも加えました

筆者はいつものように玉子を入れます。さらに、特別に市販のチャーシューも加えました

筆者は、少し柔らかめの麺が好みです

筆者は、少し柔らかめの麺が好みです

この白濁したクリーミーなスープは、まごうことなき九州ラーメンのスープです

この白濁したクリーミーなスープは、まごうことなき九州ラーメンのスープです

完成度高し! “渾身の逸品”の言葉にいつわりなし

さて、気になるお味ですが…かなりの高レベルです。麺の完成度も非常に高く、食感は生麺と遜色ありません。気になるスープは濃厚ながら口当たりのよい味わいで、やさしい甘みを感じます。その昔、博多の中洲の屋台で食べた九州ラーメンの感動を思い出しました。また、いわゆる臭みはほとんど感じないので、「九州ラーメン独特のにおいが苦手」とおっしゃる方でもまったく問題なくおいしくいただけるはずです。逆に臭みのあるラーメンが好きとおっしゃる方には物足りないかもしれません。

このままお客さんに提供しても、九州ラーメンのお店として成立するレベルでしょうし、はっきりといってしまえば下手なお店や屋台で食べるより、はるかにおいしいです。店舗ではあまり売られていないので、ネットで購入することになりますが、九州ラーメン好きの方ならぜひ一度お試しください。

筆者からもあえて申し上げたい。「これぞ、絶品の九州ラーメン。だまされたと思ってだまって食ってみろ!」

わたる

わたる

主に東京の湾岸エリアに生息しているが、中国、タイ、インドネシアなどでの発見情報もあり、その実態は定かではない。仲間うちでは「おっちゃん」と呼ばれることも。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
グルメ最新記事
グルメ記事一覧
2017.7.27 更新
ページトップへ戻る