松田さんのコラボカップ麺チェック
“ラーメン大好き松田”さんのコラボカップ麺チェック!

カップ麺VSお店のラーメン、熊本ラーメン「桂花」をコラボカップ麺はどこまで再現した?

1955年、熊本で創業した老舗ラーメン店「桂花(けいか)」。そんな熊本ラーメンの雄、桂花とコラボレーションしたカップ麺「サッポロ一番 名店の味 桂花 熊本マー油豚骨」の再現度はどうなのか? 実際に食べ比べて、評価してみます。

老舗の熊本ラーメン店「桂花」のコラボカップ麺と、お店の味を食べ比べます

老舗の熊本ラーメン店「桂花」のコラボカップ麺と、お店の味を食べ比べます

意外にもあっさりな「桂花拉麺」

桂花が東京に進出したのは、1968年のこと。当時、しょうゆ味の中華そばが主流だった東京で、濃厚でクセになる豚骨スープのインパクトは、相当なものだったはず。インターネットや口コミサイトがない時代ながら、「桂花」の名は瞬く間に広がっていくことに。

そんな桂花の人気は、同店ホームページにある「店舗一覧」からもうかがえます。

同店が現在、東京に展開しているのは、新宿4店舗(末広店、東口駅前店、新宿ふぁんてん、西口店)、渋谷2店舗(幡ヶ谷北口店、渋谷センター街店)、池袋2店舗(西一番街店、サンシャイン60通り店)と、いずれも都内の繁華街ばかり。少しうがった見方をすれば、それだけの立地コストに見合うだけの集客(=固定ファンおよび新規の顧客)をしっかりと獲得できている証拠なのではないでしょうか。

さて今回は、そんな桂花の中から渋谷センター街店を訪れ、看板メニュー「桂花拉麺(けいかラーメン)」を食べてみることにしました。後ほど、コラボカップ麺の「サッポロ一番 名店の味 桂花 熊本マー油豚骨」と比べてみます。

桂花ラーメン 渋谷センター街店で、「桂花拉麺」(720円)を注文!

桂花ラーメン 渋谷センター街店で、「桂花拉麺」(720円)を注文!

スープは、豚骨鶏ガラ白湯ベースで、意外にもあっさり。トッピングは、自家製チャーシュー、ルータン、メンマ、茎ワカメ、わけぎなど

麺は、中太で固めのストレートタイプ。「豚骨ラーメン=細麺」という固定概念があると、ちょっと驚いてしまうかも

自家製チャーシューは薄切りで、タレが染みわたっています

自家製チャーシューは薄切りで、タレが染みわたっています

「レガシーな熊本ラーメンを食べて、改めて再発見することが多かった」と、“ラーメン大好き松田”さんは心の中で語っています

券売機の下には、コラボカップ麺を紹介するコーナーも!

券売機の下には、コラボカップ麺を紹介するコーナーも!

筆者が桂花のラーメンを食べるのは、実に数十年ぶり。

どことなく、「臭みやクセがあったかなぁ」と記憶していましたが、実際に食べてみると、臭みや脂っぽさが抑えられ、とても食べやすくて美味しいです。黒マー油や焦がしガーリックがコクを演出するいっぽう、最近のラーメンに慣れてしまったのか、スープがやや単調に思えてしまい、「もう少し、ダシに深みがあればなぁ」と、正直考えてしまうことも。

麺は、中太・固めのストレートタイプ。プツプツとした食感も楽しめ、食べ応えがあります。具材に目を向けると、薄切りチャーシューはやわらかくて、しっかりとした味付け。さらに、茎ワカメとルータン(台湾風に味付けされた煮玉子)の存在がユニークで、豚骨スープとの相性が抜群によいです。

「桂花ラーメン 渋谷センター街店」。渋谷駅から徒歩3分。センター街のABCマートの手前路地を左に入って右。渋谷駅から330m。営業時間は月〜土が11:00〜23:00(L.O.)、日が11:00〜22:30(L.O.)(2018年3月31日時点。「食べログ」より)

連載史上、“最高ランク”の再現度

お店の桂花拉麺を食べた後は、コラボカップ麺の「サッポロ一番 名店の味 桂花 熊本マー油豚骨」(税別205円)と食べ比べてみます。

「桂花」の文字がインパクト大! 食欲がそそられるパッケージです

「桂花」の文字がインパクト大! 食欲がそそられるパッケージです

カップの中には、かやくに加えて、後入れタイプの特製調味油と液体スープが2つ。なにげに、粉末スープが入っていない点がポイントです

まずは、かやくを入れました。麺の太さもバッチリ確認できます

まずは、かやくを入れました。麺の太さもバッチリ確認できます

お湯を入れて5分経過した後、液体の特製調味油を入れます

お湯を入れて5分経過した後、液体の特製調味油を入れます

最後に、後入れ液体スープを入れます

最後に、後入れ液体スープを入れます

お箸で軽くかき混ぜて、完成!

お箸で軽くかき混ぜて、完成!

パッケージと同様に、スープをレンゲですくってみました。スープのビジュアルはほぼ100%同じ!

パッケージと同様に、スープをレンゲですくってみました。スープのビジュアルはほぼ100%同じ!

麺のつるみがやや強いものの、中太・固めである点は、お店とほとんど同じ

麺のつるみがやや強いものの、中太・固めである点は、お店とほとんど同じ

チャーシューは、よくある汎用タイプながら、薄切りのフォルムはお店とそっくり

チャーシューは、よくある汎用タイプながら、薄切りのフォルムはお店とそっくり

最も驚いたのは、スープの見た目や味がお店とまったく変わらないこと。まろやかで濃厚な豚骨スープに、香ばしくてコクのあるマー油を合わせた姿は、まさに瓜ふたつ。本連載史上、“最高ランク”の再現度と言っても過言ではありません。桂花ファンであれば、マストなカップ麺です。

麺も、お店と同様に中太で、姿はそっくり。実際に食べてみると、ややつるみがあるものの、味はとても似ています。生麺タイプに近く、完璧な再現度のスープとあわせて、臨場感があり、先ほど食べた桂花拉麺をすぐに思い出させてくれました。

具材は、汎用タイプながら、薄切りチャーシューが入っていて、「何とか再現しよう!」という気持ちがひしひしと伝わってきます。強いて言うなら、ユニークな特徴であった、茎ワカメやルータン(台湾風に味付けされた煮玉子)を、どうにかして再現したほしかったところ。

今回の再現度は?

<いいところ>肝心なスープやマー油はほぼ同じ。麺の太さや味も似ている
<気になるところ>茎ワカメなど独特な具材が入っていない。麺のつるみも強い

スープの再現度:★★★★★
麺の再現度:★★★★☆
具材の再現度:★★☆☆☆
食べごたえの再現度:★★★★☆
コスト:★★★☆☆

スープの再現度を考察すると、粉末スープではなく、2種類の後入れ液体スープを使ったことで、より本格的なお店の味に近くなったのでは。お店の臨場感まで味わえるこのカップ麺は、桂花ファンであればマストな一杯です

松田真理(編集部)

松田真理(編集部)

デジタル製品全般からホビーやカップ麺・スナック菓子まで、オールジャンルをカバーする編集部員。大のプロレス好き。読み方は、まつだ・しんり。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
ページトップへ戻る