いいモノ調査隊

アウトドアや旅行にも便利!水だけで炊ける、美味しいご飯!

イザという時用に準備しておきたい、非常食。最近では色々なバリエーションが出てきていますが、やっぱり、普段食べているお米がどういう状況でも食べられるのは嬉しいこと。今回ご紹介するのは、水やお湯を注げば食べられるお米「アルファ米」です。アルファ米は、炊いたお米を加工してつくったもので、昔から非常食として重宝されてきました。ただ、残念なことに「おいしくない」「薬のような味がする」と、あまり良いイメージを抱いていない人も多いようです。

かくいう筆者もアルファ米は食べたことがありません。「本当のところ、アルファ米ってどんな味がするの?」そんな疑問を晴らすべく、実際に食べてみました。

今回は2社の五目ご飯を3人で食べ比べしてみました

今回は2社の五目ご飯を3人で食べ比べしてみました

作り方は簡単です。パッケージを開け、中のスプーンを取り出したのちに、水かお湯を注いで待つだけ。水だけで作れるというのは、物資のない非常時には大事なことですよね。袋をあけてみると、乾燥したお米が入っているので、そこにさっそく水を注いでみます。

手前が安心米で、奥側が尾西。尾西の方が具は大きめです

手前が安心米で、奥側が尾西。尾西の方が具は大きめです

非常時にはありがたいスプーン付

非常時にはありがたいスプーン付

今回は温かいご飯を食べたかったので、沸騰したお湯で作ってみました。何分か待って、袋をあけて混ぜてみると、ちゃんと五目ご飯になっているじゃないですか!(当たり前ですが……)ちなみに、アルファ米は、水でも戻りやすくなるように工夫がされていますが、お湯でつくる方が時間が短く、かつ温かいご飯が食べられます。

安心米のできあがりです 尾西のできあがりです。やはり具が大きいですね

安心米のできあがりです

尾西のできあがりです。やはり具が大きいですね

肝心の味ですが、両方とも普通に美味しかったです。でも、どちらがより好みの味かというと、3人中2人は尾西、1人は安心米という結果でした。尾西派は、やはり具の大きさが決め手。安心米派は具が細かい分、まんべんなく味がするところが良かったそうです。これだけ美味しいなら、非常時以外にも、アウトドアや海外旅行のシーンで活躍すること間違いなし。一人暮らしの人なら、病気で外出できない時の非常食としてもいいかもしれません。

最近はアルファ米にもさまざまな味のものがあるので、お盆休みに家族や仲間と防災について考えながら、試しに食べ比べをしてみてはいかがでしょうか?一度作って手順や味を知っていれば、いざという時も安心ですし、食べ比べで見つけた好きなアルファ米を常備しておくことができますね。ぜひいろいろ試してみてください。きっと、あなたにあう味が見つかると思いますよ。

◆こちらの記事もおすすめ
⇒ 【保存版】海外・国内旅行で役立つ便利なトラベルグッズ25選
⇒ 【防災の日】いざというときのために! きっと役立つ防災グッズ25選

(回遊舎/番場由紀江)

回遊舎

回遊舎

暮らしの中のかゆ〜い所に手が届く。そんな調査結果をお届けしていきます☆

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る