いいモノ調査隊
ビールに合う!

新潟発の“お米のチップス”がポテチに代わるおいしさ!

話題のお菓子「新潟チップス」を大人買いしちゃいました

筆者には以前から気になっていたお菓子があります。その名は「新潟チップス」。有名人のブログで取り上げられることもあるのでご存じの方もいらっしゃるのではないでしょうか。キャッチフレーズは、“ご飯生まれの新感覚チップス!!”。とあるブログでも、「ビールに最適!」と書かれているのを見て、がまんできずに大人買い。さっそくご紹介いたしましょう。

販売元の新潟堂のサイトで購入できるものは全部ゲットしました

販売元の新潟堂のサイトで購入できるものは全部ゲットしました

チップスというとポテトを使ったものがあまりにも有名ですが、米どころ新潟県生まれの「新潟チップス」の原材料は、国産のうるち米。メーカーによれば、「炊き立てのご飯の美味しさと風味を100%生かすため独自の製法により作った新しいチップスです」とのこと。新潟では普通に売られているそうなのですが、他県ではアンテナショップやネット注文などでしか買えないようです。今回購入したのは、5種類(のりしお味、うすしお味、黒こしょう味、カマンベールチーズ味、えび味)の単品商品と、赤い巾着と白い巾着に入った2種類の詰め合わせ。四の五のいわずいただいてみましょう♪

ビールもタップリと用意しました♪

ビールもタップリと用意しました♪

ポテトチップスとは一線を画す味わいにビールが進む♪

まずは定番と思われる「のりしお味」からいただきましょう。内容量は100g。袋の大きさは実測で19cm×27.5cm

まずは定番と思われる「のりしお味」からいただきましょう。内容量は100g。袋の大きさは実測で19cm×27.5cm

普通のチップスと違って、ケースに入っていました。道の駅などでお土産として購入する方も多いようで、割れないようにとの配慮かと思われます(ただし、全部開封してからわかったのですが、ケースに入っていたのは「のりしお味」と「黒こしょう味」だけでした)

ポテトチップスよりは分厚いですが、食感はパリパリです

ポテトチップスよりは分厚いですが、食感はパリパリです

「のりしお味」は、文字通りのりのさわやかな風味と塩味が効いていて、おいしいです。パリッ、サクッの感じはポテトチップスと一緒ですが、あまり油っぽくありません。食べたあとの口の中はさっぱりしてて、いつものポテトチップスとは異なります。おせんべいとスナックの間といったところでしょうか。適度な食感と塩味がうまい「のりしお味」、これならビールが進みます♪

ビールもたっぷりあるし、どんどんと行ってみましょう。続いて「うすしお味」を、その後は「黒こしょう味」、「カマンベールチーズ味」、「えび味」をいただきます。

「のりしお味」より塩味を少し抑えた味わいです。お米の旨味をストレートに味わうなら、こちらの「うすしお味」のほうがいいと思います。さらにビールが進みそうです

「黒こしょう味」にはチキンブイヨンやオニオンのパウダーが使われており、先ほどまでの塩系の味とは異なります。ペッパーの刺激もあり、味も濃いめなのでさらにさらにビールが進みそうです

「カマンベールチーズ味」は、濃厚なチーズの香りと味わいがポイント。ますますビールを飲めと誘っているようです。ちなみに、「うすしお味」にチーズをのっけて食べてもおいしいですよ

「えび味」は、通常のポテトチップスにはない味わいですね。えびの風味と適度な塩味とお米の旨味、ビールに合わないわけがありません

いろいろ試したい方は詰め合わせがおトクかも

最後に、白い袋と赤い袋の中身をご紹介しましょう。それぞれに単品の半分のサイズで4袋ずつ入っています。白い巾着の「詰め合わせ」の中味は、「カマンベールチーズ味」2袋、「うすしお味」1袋、「黒こしょう味」1袋。一方、赤い袋の「海老づくし」には、「南蛮えび味」2袋、「白えび味」1袋、「小えび味」1袋が入っています(単品の「えび味」は入っていません)。単品の100gは結構な量があるので、いろんな種類の「新潟チップス」を少しずつ食べたい方は、詰め合わせを選ぶのがおすすめ。

白い巾着は3種類の4袋。「詰め合わせ」の場合は1袋が50gと通常の袋のものの半分になっています

白い巾着は3種類の4袋。「詰め合わせ」の場合は1袋が50gと通常の袋のものの半分になっています

また、3種類ともにえび風味という点では同じですが、それぞれに見た目や色合い、味の違いが感じられます

また、3種類ともにえび風味という点では同じですが、それぞれに見た目や色合い、味の違いが感じられます

えびの味わいや風味は、単品の「えび味」よりもこちらの赤い巾着「海老づくし」のほうが濃厚です。個人的には、このシリーズの「白えび」が一番のお気に入りかなぁ〜

チップスって、てっきりポテトから作るものだとばかり思っていたのですが、別に原材料はポテトに限る必要はないんですね。いろんな味わいを楽しめる「新潟チップス」、それぞれにおいしくいただけました。大人の舌に合うお味だと感じましたよ。ビールで膨らんだおなかをさすりながら、幸せな気分に浸る筆者でした。

わたる

わたる

主に東京の湾岸エリアに生息しているが、中国、タイ、インドネシアなどでの発見情報もあり、その実態は定かではない。仲間うちでは「おっちゃん」と呼ばれることも。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る