レビュー
SNSウケ間違いなしのデザインアイデアも! 子どもでも失敗しない作り方教えます。

“ぷにっ”とした触感がたまらない、大人気「ぷにジェル」でキュートなジェルネイルを作ったよ

子どもが触れても無害なシリコンジェルを、型に流し込んで作れるアクセサリー作成トイ「ぷにジェル」シリーズが小学生の女の子に大人気だそう。筆者の姪っ子も、昨年末に「クリスマスプレゼント何が欲しい?」と聞いたら「ぷにジェル!!」と即答でした。

そんな「ぷにジェル」の最新作が、7月20日に発売開始された「ぷにジェル ネイルアーティストスタジオ」(セガトイズ製。以下ネイルアーティストスタジオ)。ネイリストさんになった気分を味わいながら、シリコン製の本格的なジェルのネイルが作れちゃうんです。そこで、発売になったばかりのネイルアーティストスタジオを使って、筆者の姪っ子&そのママと一緒にネイルを作ってみました。失敗しない作り方と、デザイン案をご紹介します。

概要:型に入れて固めるだけ。UVライトもネイル用グルーも不要の安心仕様

ネイルアーティストスタジオは、見た目は小学生の女の子が喜びそうなかわいらしい“おもちゃ”然としたパッケージですが、セット内容とパーツ1つひとつが結構本格的。しかも、プロのネイリストが使うようなUVライトはもちろん、電子レンジやアイロンなど家電は一切不要。ジェルを型に流し入れて固めるだけでOK。作ったネイルは飾ったり、専用の両面テープ(付属)で爪に貼ったり、自由に楽しめます。これなら、夏休みやお出かけの日だけのオシャレなネイルが楽しめますよね。

ただし、ネイルが固まるのに“24時間”かかります。……ちょっと長い。けど、楽しみが翌日まで続くと考えて許容。夏休みだったら子どもも時間がたくさんありますしね。

こちらがパッケージ。ネイルアーティストスタジオ本体、ジェル×2袋、専用ネイルカバー(ショート/ロング)、専用両面テープ×1シート(ネイル60枚分)、デコチップ×3、ラインストーン、デコパーツ、デコシールなどが付属して、価格は3,980円(税別)

ネイルアーティストスタジオ本体。台座部のハート型や星型にシリコンジェルを流して、そのジェルを左右のネイルボトル型のスティックで少しずつすくってネイルチップに塗っていきます。ネイルだけでなく、お揃いのリングやチャームも作れるのが乙女心をくすぐります

このようなジェルが2袋付属(写真は別売りのピンクカラージェル)。左の透明ジェルと右の色つきジェルを袋をモミモミして混ぜ合わせるところから始めます。1袋で両手分のネイルとシリコンリング、ハートなどのシリコンチャームがひとつ程度作れます。シリコンジェルはもちろん追加購入できますよ

準備工程:つまようじとウェットティッシュ、眉カットハサミは必須!

ネイル作成開始! …の前に、ぶっつけ本番はさすがに怖かったので、筆者が練習がてら1人で先に作ってみました。その結果わかった、注意点を先にお伝えします。

・ジェルは使用する“直前”にモミモミしましょう → いったんモミモミすると袋の中でも固まりはじめます
・つまようじを用意しましょう → ジェルの気泡をつぶしたり、小さなデコチップを動かしたりするのに便利
・ハート型などで作るアクセサリーにデコチップを入れる場合は、デコチップを先に入れたほうがキレイ
・指先や洋服にジェルが付いてしまった時にサッと拭けるウェットティッシュを用意しましょう

それでは、姪っ子と一緒に本番開始! まずはジェルの色選びです。ちなみに、ネイルアーティストスタジオにはパールのラメ入りジェル1袋と、新色「クリアレッド」のカラージェル1袋が付属。ほかに別売りでさまざまな色のジェルが発売されているので、好きな色をいっぱい揃えるのもいいですね。

ジェル選び中。手前にある小袋は付属のデコレーション用シールとハート(ピンク)、星(青)、蝶(ゴールド)の3種のデコチップ

青のジェル(別売り)に決定! 左右どちらかをギュッと押すと、2つのジェルが混ざるので、50回ほどしっかりモミモミしましょう

50回混ぜて均一になったら、手前のハート、丸、星いずれかの型に入れます。この型に入れたジェルが最終的にチャームになるので、チャームにデコチップを入れたい場合はジェルの前に入れておきましょう

1袋分のジェルはハート型ひとつのみでは余るので、同じ色のジェルリングを作ることに

1袋分のジェルはハート型ひとつのみでは余るので、同じ色のジェルリングを作ることに

製作工程:多少はみ出ても大丈夫、ネイルを塗っていこう!

好みのジェルを型に入れたら準備完了。専用ネイルカバー(ショートorロング)をハンドマネキンの上に置いて、ネイルボトルの形をした左右のスティックでジェルを少しずつすくって塗っていきます。今回は子どもの手にもつけやすいショートネイルをチョイス。ジェルは1色でもキレイですが、左右の手で色を変えたり、グラデーションにするためにクリアジェルとカラージェルを同時に使うのもオシャレですよ。

ネイルを塗っていく過程でどうしてもジェルがはみ出してしまうのですが、乾いた時にはさみでチョキチョキ切ればきれいに形を整えられるので問題ありません。また、ジェルの残量を確認するためにも、片手ずつ塗って、デコレーションするのではなく、左右一気に塗ることをおススメします。

ジェルは粘度があるので、スティックで少々多めにすくい、指1本1本に少しずつ垂らしていきましょう

ジェルは粘度があるので、スティックで少々多めにすくい、指1本1本に少しずつ垂らしていきましょう

ジェルを塗った直後はジェルの表面が凸凹になり不恰好ですが、ちょっと時間を置くと滑らかになるので安心してください

ジェルの量はこのくらいがベスト。水平に見てみるとまんべんなく入れられます

ジェルの量はこのくらいがベスト。水平に見てみるとまんべんなく入れられます

ジェルを垂らしていると中に気泡ができるのですが、つまようじでつぶしていくとキレイにできます

ジェルを垂らしていると中に気泡ができるのですが、つまようじでつぶしていくとキレイにできます

製作工程:シールやデコチップをつけて、オリジナルネイルを完成させよう!

いよいよ最後のデコレーション工程です。ここが一番ワクワクしますよね。デコチップやシール、ちょっと立体的なストーンもセットに入っているので、好きな組み合わせでどんどん盛っちゃいましょう。慣れる前はあまり細かいデザインを目指さなくてもOK。あえて無造作に、チップやシールをランダムに並べるだけでも完成するとちゃんとかわいくなります。

付属のピンセットでチップをつかんでもいいのですが、うまくつかめない時は・・・

付属のピンセットでチップをつかんでもいいのですが、うまくつかめない時は・・・

このようにつまようじの先にほんの少しだけジェルをつけて、そこにチップをくっ付け、ネイルの上に落とすとうまくできます

最後にハート型のチャームとリングにもデコチップをパラパラ。冒頭にも書きましたが、ジェルを入れる前にチップを入れたほうがキレイにできました

完成!

完成!

製作工程:乾いたジェルをはがしてみよう!

デコったネイルを日が当たりにくい場所に置いて24時間待ったら、完成。それぞれ型からはずします。指でうまくはずれない場合は、つまようじを使うといいでしょう。リングなどは、はみ出て固まったジェル部分を引っ張ると気持ちよくニュルッとはずれます。

指ではずす場合はデコチップが取れないように注意。ここだけは大人がやったほうがいいかもしれません

指ではずす場合はデコチップが取れないように注意。ここだけは大人がやったほうがいいかもしれません

リングははみ出したジェルをこのように引っ張るとはずれます

リングははみ出したジェルをこのように引っ張るとはずれます

はみ出したジェルをハサミで切り取ります。文房具のハサミでもいいのですが、大人に切ってもらう場合は眉切りバサミのように小さくて先がとがっているものが便利

筆者が事前に作ったものですが、かわいいお揃いアクセサリーができました。ロングのネイルカバーを使うとより大人っぽくできます

使用工程:専用両面テープで“10秒”キープ、ネイルを指につけよう!

ネイルを指につけるには、専用両面テープを使用します。この両面テープ、大きさはちょうどいいのですが粘力がちょっと弱く、小指などはすぐにはずれてしまいます。何度か試してわかったのですが、両面テープをまず指に貼って、その上にネイルを置き、ギュッと指でくっつけて10秒ほどキープ。そうすると、しっかり貼り付いてはがれにくくなります。

姪っ子の手にショートネイルをつけてたところ。サイズはばっちりです

姪っ子の手にショートネイルをつけてたところ。サイズはばっちりです

ロングネイルを、お母さんと姪っ子でお揃いでつけたところ。ゴージャスで素敵です

ロングネイルを、お母さんと姪っ子でお揃いでつけたところ。ゴージャスで素敵です

リングとあわせていろいろなデザインが楽しめます

リングとあわせていろいろなデザインが楽しめます

使用工程:インスタなどSNSウケばっちりな撮影も楽しもう!

作ったネイルがあまりにかわいいのでいろいろな人に見せたくなりまして、撮影大会をすることに。手につけるだけでなく、写真用の額に並べて飾っても素敵でした。スマホアプリで撮影して加工すると、いい感じの色合いになりますね。

ハート型や星型のチャームには穴が開いているので、チェーンなどを通せばキーホルダーなどとして使用できます。ひと工夫して、ループ型の細いピアスを通してみたところ、夏にぴったりの透明感のある大ぶりのピアスができました。お母さんはピアス、子どもはお揃いのリングとネイルなどでお揃いコーデを楽しむのもいいかもしれません。

ちょっと加工するだけで雰囲気が出ます

ちょっと加工するだけで雰囲気が出ます

左側が姪っ子が作ったネイル

左側が姪っ子が作ったネイル

ハートのピアスとリング、ネイルをつけたら夏っぽい感じに

ハートのピアスとリング、ネイルをつけたら夏っぽい感じに

額に入れてコレクション。今日はどれにしようかな・・・

額に入れてコレクション。今日はどれにしようかな・・・

まとめ

ネイルアーティストスタジオを、子どものおもちゃとあなどるなかれ。なかなか本格的なアクセサリーが作れ、仕上がりも大満足です。子ども1人で作れるのか少々疑問でしたが、小学3年生の女の子の集中力と“かわいいもの”に対する食いつきは相当なもの。ただ、ジェルを型からはずしたり、ハサミで切ったりする工程は多少コツがいりますし、失敗してしまう可能性もあるので慣れるまでは大人と一緒に作ることをおススメします。
とは言え、一緒に作っている母親のほうが夢中になってしまう可能性も十分あります・・・(大人が使ってもかわいいアクセサリーができるんです、本当に)。

筆者がちょっと残念に思ったのは、パッケージに入っているジェルの量が少ないことと、ジェル袋を一度あけてしまったり、あけなくても左右を混ぜてしまうとすぐに固まり出すため、今日使ったものを翌日に持ち越すことができないこと。シリコンジェルの性質上仕方ないのかもしれませんが、貴重な色のジェルをちょっとずつ使えないのはもったいないなと思いました。

鈴木 ゆり子(編集部)

鈴木 ゆり子(編集部)

旅行(主に中華圏)、ペット、お酒が大好きな編集部員。飲みの席で盛り上げるのが得意ですがたまに記憶をなくします。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る