どんなグラスでも対応可能

ビールに挿すとクリーミーな泡が! “魔法の杖”で晩酌がレベルアップ♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、ビールは好きですか? 冷えたビールをグイッとやるのは至福のひとときですよね。自分は毎日の晩酌を楽しみに日々生活しているわけですが、自宅での晩酌で取りざたされるのがビールの“泡”問題。慌ててビールをグラスに注ぐと、泡だらけになってしまったり、逆に慎重に注ぎすぎると、泡がほとんどなかったり…。そんな悩みを解決してくれるグッズを発見しました!

グリーンハウスの超音波式ビアフォーマー「GH-BEERJ-BK」

グリーンハウスの超音波式ビアフォーマー「GH-BEERJ-BK」

ビールに挿し込む方式でジョッキも瓶もどんとこい!

この手の超音波で泡を発生させる商品は、以前にもいくつかいいモノ調査隊で取り上げられてきましたが、ビールジョッキには対応していなかったり、缶ビール専用だったりと、使い方が限られていました。しかしこれは、スティック状の本体をビールに挿すシステムなので、グラスの種類はなんでもOK。注いでから使うので、缶ビールでも瓶ビールでも問題ありません。

スティック型で、先端の円形部=超微細泡発生部が超音波振動を生み出します

スティック型で、先端の円形部=超微細泡発生部が超音波振動を生み出します

また、プラスティック製のカップと、ゴム製の台座が付属しており、それを組み合わせればスタンドになります。これが意外と便利です。

カップと台座を組み立てればスタンドに。ビアフォーマーを立てて置いておくことができます

カップと台座を組み立てればスタンドに。ビアフォーマーを立てて置いておくことができます

それではビールを泡立ててみましょう。といきたいところですが、電池を入れるのを忘れていました。ビアフォーマーは電池で稼働するのです。単4形乾電池2個をグリップ部分に装備しましょう。

グリップ部分の先端、銀色のフタを開けると、電池が入れられる仕組みです

グリップ部分の先端、銀色のフタを開けると、電池が入れられる仕組みです

おもしろいほどビールに泡が立ちまくり!

さあ、お待たせしました! ビールを泡立ててみたいと思います。やり方は簡単。グラスに注いだビールにビアフォーマーを挿し、グリップ部分のスイッチを押して超音波振動を発生させるだけです! では、ビールがみるみる泡立っていく様子を動画でどうぞ!

いかがでしょうか。ビアフォーマーの先端が光るやいなや泡が発生します! 1秒間に4万回も振動するんだとか。なんだかめちゃくちゃ楽しいです!! 何度もやりたくなってしまいますが、やりすぎると泡だらけになってしまいますし、炭酸が抜けてしまうと泡立たなくなるので注意。ちなみに説明書によれば、ビール7:泡3の割合がベストの配分なのだとか。泡がフタの役割をして、味の劣化を防ぎ、おいしく飲めるのだそうです。

ビアフォーマーを使えばビールが専門店の味わいに

といわけで、ビアフォーマーで泡立てたビールを飲んでみましょう。口をつけただけで、いつもの泡と違うことがわかります! きめ細やかで本当にクリーミー。“ボタンひとつでクリーミーな味わい”とパッケージに書かれていますが、看板に偽りなしです。念のため、普通に注いだときの泡と、ビアフォーマーで作った泡の写真を並べてみました。写真からもきめ細やかさの差がわかっていただけるのではないでしょうか。

左が普通に注いだもので、右がビアフォーマーで泡立てたもの。泡のキメの違いがわかるでしょうか

左が普通に注いだもので、右がビアフォーマーで泡立てたもの。泡のキメの違いがわかるでしょうか

泡のクリーミーな舌触りのせいでしょうか。なんだか普通に飲むよりも甘みがあるようにも感じます。自宅にいながら、ビールにこだわった専門店で飲んでいるみたいです!

黒ビールにビアフォーマーは文句なくウマい!

がぜん、盛り上がってきました! もっとクリーミーな泡のビールが飲みたいです。今度は黒ビールに挑戦です。黒ビールといえば泡が重要ですよね! 某有名ブランドでは、クリーミーな泡立ちを実現するために、缶にボールが入っているくらいですからね。というわけで、ビアフォーマーのスイッチをオン!

うぉ〜! こちらも瞬く間にブラウンの泡が発生です。言うまでもなくきめ細やかでクリーミー。すごくおいしいです。もうこの泡だけで何杯も飲めそうです。

ビアフォーマーで“フレーバー泡”作りに挑戦

さて、調子に乗ったついでに、パッケージで紹介されていた“フレーバー泡”作りにも挑戦してみましょう。ここではスタンドが活躍します。まずは、スタンドにビールを泡立てないように注ぎます。20mlが目安。そして、そこにリキュールを10ml加えます。今回はカシスリキュールを用意しました。続いて、ビアフォーマーを使って、泡立てながら攪拌(かくはん)。これで味付きの泡ができちゃうんですね。

できた泡を用意していたビールに注ぐのですが…

できた泡を用意していたビールに注ぐのですが…

ちょっと泡立てが足りなかったかも?

ちょっと泡立てが足りなかったかも?

泡立てが足りず、カシスリキュールが結構そのまま液体で入ってしまいました…これはこれでカシスビールとしておいしそうですが、スタンドに入れた分はすべて泡にする勢いでいいかもしれません。

ウマくなりすぎて飲みすぎ注意!?

長年にわたって家庭での泡問題に悩んできた筆者ですが、こんなに簡単に解決するとは!? ちなみに、ビールに直接つけるので衛生面が心配ですが、振動部は丸洗いできるので安心です。

ビアフォーマーが泡を発生させるのが、なんだか不思議かつおもしろくて、何度もやってみたくなります。さらに、クリーミーな泡立ちのビールがこれまたおいしくて、どんどん杯が進んでしまいます。スイッチを入れるだけでおいしい泡を生み出すビアフォーマーは本当にすぐれもので、もはや“魔法の杖”といったところですが、飲みすぎには注意しましょう!

地江仲慶太

地江仲慶太

40代のフリーライター。音楽、芸能、スポーツなどエンタメ系を中心に幅広く書きなぐる。“できませんは言いません”がモットーも最新機器が苦手。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
いいモノ調査隊最新記事
いいモノ調査隊記事一覧
2017.11.17 更新
ページトップへ戻る