これが「ジオン軍水泳部」だ!

初代ガンダムファンへ。アッガイ、ゴッグ、ズゴックが最新技術で商品化!

このエントリーをはてなブックマークに追加

さてもう真冬といっていい気候ですが、今回は「ジオン軍水泳部祭り」と題して、初代ガンダムに登場する水陸両用MS(モビルスーツ)をフィーチャーします!

今回は3体同時にご紹介! ジオン軍水泳部の皆さんです

今回は3体同時にご紹介! ジオン軍水泳部の皆さんです

「ジオン軍水泳部」とは

初代のアニメ「機動戦士ガンダム」にて、ジオン公国軍側として水陸両用の機体が何機か登場しました。それらを筆者が勝手に「ジオン軍水泳部」と名付けています!

筆者が知っているかぎり、水泳部にはゴッグ、アッガイ、ズゴック、ゾックの4機がラインアップしているのですが、これらはいわゆるガンダムとは一線を画したかわいいデザインで、今も高い人気を誇っているのですよ!

左から、ゴッグ、アッガイ、ズゴックです

左から、ゴッグ、アッガイ、ズゴックです

そんな水泳部が、バンダイの「ロボット魂ver.A.N.I.M.E.」シリーズで今年次々と商品化されました。「ロボット魂ver.A.N.I.M.E.」とは、アニメ放映当時のちょっと野暮(やぼ)ったいデザインを再現しながら、最新技術を用いた可動フィギュアとして人気のシリーズです。残念ながらゾックは商品化されていないのですが、これまでに発売された3体をご紹介しようというのが今回の記事です!

ずんぐりむっくりなスタイルが印象的! 赤鼻のアッガイ

まずは最新作アッガイから見ていきましょう。ジオン軍の特殊作戦を支えた、量産型水陸両用機です。なんでしょうこのデザイン。ジオン軍の開発者は、「よーし地球攻めるならこんな姿なら受けそう!」とか思ってデザインしたんでしょうか? と思いたくなる不思議なMSです。最初にTVで見たときは子供ながらに複雑な気持ちでした。でもTV版だと地味に活躍するんですよね。パイロットが赤鼻と呼ばれていたおっさんだったのも記憶に残っています。

ご覧ください。このずんぐりむっくりメカ! 腕短っ!

ご覧ください。このずんぐりむっくりメカ! 腕短っ!

そしてこのシリーズ特有のたくさんのオプションとエフェクトパーツ付き!

そしてこのシリーズ特有のたくさんのオプションとエフェクトパーツ付き!

キットは全身フル稼働で全長は約13cm。横幅があるので、そんなに小ささは感じません。交換用爪付手首をはじめ、頭部バルカンやメガ粒子砲、ミサイルランチャー発射エフェクトなどが付属しておりプレイバリューも豊富です。しかも、劇中のあのシーンが再現できるプレートが2つ付いています。

マットな色合いです。このアッガイを見ているとブラウニーとかチョコ菓子が食べたくなるんですよね

マットな色合いです。このアッガイを見ているとブラウニーとかチョコ菓子が食べたくなるんですよね

短くても手足は自由に可動。特に脚は大きく開きます

短くても手足は自由に可動。特に脚は大きく開きます

頭部バルカン砲やロケットランチャー発射エフェクトなどが付属。クリアイエローで鮮やかです。

シリーズ初! キャラクターのプレートで劇中を再現

さらにこのシリーズ初というべき付属パーツとして、キャラクターのプレートが2つ付いています。劇中で見たコックピットハッチから昇降用タラップで下りてくるパイロットの赤鼻と、アッガイの頭の上を通り抜けるカツ、レツ、キッカのプレート付き。小さくてちょっと微妙ではありますが、あのシーンを再現できるようになっておりますよ!

アッガイはリフトで搭乗するんですよね。赤鼻のおっさんもちゃんと描かれています

アッガイはリフトで搭乗するんですよね。赤鼻のおっさんもちゃんと描かれています

そして暗闇の中おそるおそる通り抜けるカツ、レツ、キッカが! 印象的なシーンです

そして暗闇の中おそるおそる通り抜けるカツ、レツ、キッカが! 印象的なシーンです

腕を伸ばして逃げるシーンも再現可能。この後ガンダムにやられるのですが…

腕を伸ばして逃げるシーンも再現可能。この後ガンダムにやられるのですが…

今この時代に商品化できる勇気! 初代水陸両用MSゴッグ

そしてアッガイ発売より数か月前、水陸両用MSゴッグも商品化されました。ゴッグは、ジオン公国軍が初めて量産に成功した水陸両用機です。型番からも推測できますが、歴史的な並びでは、ゴッグ(MSM-03)→アッガイ(MSM-04)→ズゴック(MSM-07)となります。

アッガイはベアッガイみたいな姉妹商品が出ており、人気もあるのですが、この武骨でいかにも悪役っぽいゴッグを発売してしまうところもこのシリーズの魅力! そしてそれを買ってしまう大人たちの興味を引くようなマニアックな付属品も盛りだくさんです。

大きく茶色いゴッグ。ずんぐりむっくりメカ感がさらに増しています

大きく茶色いゴッグ。ずんぐりむっくりメカ感がさらに増しています

そして付属品も盛りだくさん! TVで一度しか見たことのないメカまで付属してます

そして付属品も盛りだくさん! TVで一度しか見たことのないメカまで付属してます

全長は約12.5cmなのでアッガイよりちょっとだけ小さいのですが、横幅があり、手足も大きいので、アッガイより大きく感じます。そしてこの手足がかなり柔軟に動きます。腰の反らしとひねりもあるので、大きなアクションポーズが取れるのも魅力です。何といっても、ガンダムの武器として使える大型のガンダムハンマーが付属しており、劇中のシーン再現はもちろん、ガンダムのエフェクトパーツとしてもいろいろと遊べますよ。

大きな腕と3種類の交換手首でいろんなポーズが付けられます

大きな腕と3種類の交換手首でいろんなポーズが付けられます

迫力のメガ粒子砲発射エフェクト。これはなかなかおもしろいですよ

迫力のメガ粒子砲発射エフェクト。これはなかなかおもしろいですよ

TV版で見た水中潜航シーンを再現できるように折りたたみ腕パーツも付属

TV版で見た水中潜航シーンを再現できるように折りたたみ腕パーツも付属

このシリーズの好きなところは、豊富なエフェクトパーツがほかの機体にも流用できるというところ。バーニアエフェクトはほぼすべてのMSに取り付けられます。また、ほかの機体用のパーツも付属しており、揃えていくことで劇中のシーンをどんどん再現できるようになっているところもおもしろいです。

TV版でしか見ない大型のガンダムハンマーが付属。これをガンダムに持たせて劇中のシーンを再現します。ハンマーを受け止められるような小さいパーツも付いているところが親切!

TV版でしか見ない大型のガンダムハンマーが付属。これをガンダムに持たせて劇中のシーンを再現します。ハンマーを受け止められるような小さいパーツも付いているところが親切!

そしてビームジャベリンをモノアイに突きつけられてやられちゃうシーンも再現できるエフェクト付き!

そしてビームジャベリンをモノアイに突きつけられてやられちゃうシーンも再現できるエフェクト付き!

大人気の量産型ズゴックは、エフェクトで名シーンを再現可能!

最後は量産型ズゴックです。ゴッグやアッガイより後に量産化されたMSで、後に水陸両用機の主力となる機体です。ズゴックは水泳部の中でも高い人気を誇ります。1年ほど前に赤いシャア専用ズゴックは紹介させてもらっていたのですが、今年の初夏に青色の量産型ズゴックも発売されました。基本はシャア専用ズゴックと同じ造形なのですが、色彩だけでなく、付属のエフェクトパーツを増やしてプレイバリューを高めています。またそのパーツはシャア専用ズゴックにも流用できます。

ずんぐりむっくりメカミドルサイズといったところでしょうか。青いズゴックです

ずんぐりむっくりメカミドルサイズといったところでしょうか。青いズゴックです

武器エフェクトが盛りだくさん。やられるシーンを演出するエフェクトも付いています

武器エフェクトが盛りだくさん。やられるシーンを演出するエフェクトも付いています

可動に関しては、すでに発売されているシャア専用ズゴックとまったく同じです。手足が柔軟に動くので、TVアニメと同じ動きを忠実に再現できるところがおもしろいです。全長は約13cmとアッガイと同じ。脚がかなりがに股っぽくなっているのと腕が長い分だけアッガイよりも大きく見えますね。

腕の動きが特に優秀です。脚も大きく開いて安定感のあるポーズができます

腕の動きが特に優秀です。脚も大きく開いて安定感のあるポーズができます

ミサイル発射エフェクトは6個付き! しかも長、中、短の3パターン付きという豪華さ

ミサイル発射エフェクトは6個付き! しかも長、中、短の3パターン付きという豪華さ

メガ粒子砲発射エフェクトはシャア専用ズゴックと同じモノですね

メガ粒子砲発射エフェクトはシャア専用ズゴックと同じモノですね

そして初登場の際にガンキャノンを圧倒したあのシーンを再現できるように、胸のダクトの排気エフェクトが付いています

でも最後はガンダムに真っ二つにされてしまう用の斬撃エフェクトがとてもいい感じです

でも最後はガンダムに真っ二つにされてしまう用の斬撃エフェクトがとてもいい感じです

ファースト世代にはたまらないシリーズです!

劇場版のガンダムしか見たことのないという方もいらっしゃると思いますが、残念ながら劇場版ではこの水陸両用MSってあんまり活躍しないんですよね。シャア専用ズゴックくらいは目立ちますが…。でもTV版だとそこそこ活躍して派手にやられていくシーンがあってかなり印象に残る機体なのですよ。何より、この丸みのあるフォルムがかわいくないですか?

初代ガンダムファンにはたまりません!

初代ガンダムファンにはたまりません!

その中でもアッガイの勇姿は水陸両用MSの花形スターの証(あか)しです!

その中でもアッガイの勇姿は水陸両用MSの花形スターの証(あか)しです!

なかなかにマニアックな機体を発売してくれるところに、このシリーズの醍醐味(だいごみ)を感じます。次の一般販売される新製品は量産型ゲルググと、宇宙に戻っていく予定。いよいよシリーズ集大成という感じも見えますが、ぜひここはまだ発売されていない水陸両用MSゾックも発売してジオン水泳部を充実させていただきたいところです。魂ウェブ専用商品としては、水中仕様のザクなんかも発売されているので期待したいと思います!

ゴッグ、アッガイ、ズゴックが好きな皆さんはもちろん、ファーストガンダム世代の方ならきっと楽しめますよ!

マッシー

マッシー

「月刊PCエンジン」誌で編集ライターデビュー。「64DREAM」誌デスクを経て前職はXbox 広報のゲーム漬け人生。猫とガンプラとaqoursが存在理由のホビー担当。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
いいモノ調査隊最新記事
いいモノ調査隊記事一覧
2017.12.7 更新
ページトップへ戻る