レビュー
水に入れるだけで誕生するってホント?

懐かしの「シーモンキー」飼育キットが復活! 謎の生物を育ててみた

あの「シーモンキー」が復活!?

昭和の時代にCMなどで話題になっていた謎の生物「シーモンキー」を覚えていますか?

生物なのにおもちゃ屋さんで売っていて、水に卵を入れるだけで生まれてきて飼えるという謎すぎる生き物! 「シーモンキー」というキャッチーな名前も、子供の心をわしづかみにしていました。

ホントにこんな感じの生物が生まれると思ってましたよね!?

ホントにこんな感じの生物が生まれると思ってましたよね!?

ボクの家では「おもしろ半分に生き物を飼うな!」ということで、当時は買ってもらえなかったんですが、そんな「シーモンキー」が最近、新たに発売されて、また話題になっているんだとか。大人になった今、育ててみたい!

というわけで買ってきました

というわけで買ってきました

ネット通販で買ったら、普通にダンボール箱に入って送られてきたんだけど……生き物の売り方じゃないよ!

中身はこんな感じ。ますます謎!

中身はこんな感じ。ますます謎!

セットは、水槽と3種類の謎の粉で構成されています。

謎の粉その1「浄水粉」

謎の粉その1「浄水粉」

家庭の水道水を、シーモンキーが住むのに適した水質に変えてくれる粉だそうです。

謎の粉その2「タマゴ」

謎の粉その2「タマゴ」

そのものズバリ、シーモンキーの卵ですな。

謎の粉その3「エサ」

謎の粉その3「エサ」

エサまでついているので、あとは水だけ用意すれば飼育をスタートできるのです。


「シーモンキー」を育ててみよう! ホントに生まれるの?

……というわけで、水槽に水を入れて

……というわけで、水槽に水を入れて

「浄水粉」を投入

「浄水粉」を投入

1分程度かき混ぜて、そのまま24時間以上放置します

1分程度かき混ぜて、そのまま24時間以上放置します

これで水が浄化されているんだと思いますが……。

24時間たったら、続いて「タマゴ」を投入

24時間たったら、続いて「タマゴ」を投入

ちょっとこぼしちゃったんですが、コレが卵!? ……いろいろと謎めいています

ちょっとこぼしちゃったんですが、コレが卵!? ……いろいろと謎めいています

これをよくかき混ぜて(卵の粉を入れると急に水が黄色くなりました)

これをよくかき混ぜて(卵の粉を入れると急に水が黄色くなりました)

数時間放置するとシーモンキー誕生!

数時間放置するとシーモンキー誕生!

シーモンキーの卵は、長期間乾燥していても大丈夫な「乾燥耐久卵」なんだそうですが、それにしても水に入れて数時間で誕生してしまうなんて、なんちゅうインスタントな生物!

……実はこれにはトリックがあるんですが、説明するのは野暮なので、興味がある人はググッてください。

しかし……コレ、生まれてるのか?

しかし……コレ、生まれてるのか?

うーん……

うーん……

タマゴを入れてから数時間後、水の中を何かが動いている様子はあるものの、コレがシーモンキーなのか、水に混入したゴミなのかわからないくらい小さい!

とりあえず、このまま育てていきましょう。

……といっても、あんまりやることはないんですよね。

1日に1回、かき混ぜて酸素を水に溶け込ませてやるくらい

1日に1回、かき混ぜて酸素を水に溶け込ませてやるくらい

「タマゴ」の粉の中にエサも含まれているため、最初の7〜10日間はエサをあげなくていいし(逆にエサが多すぎると水質が悪くなってシーモンキーが死んでしまうそう)、その後も、7〜10日に1度くらいエサをちょびっと入れてやるだけでオッケー。

まったく手のかからない生物です。


グングン成長して目に見えるように! 泳ぐ姿がカワイイ

というわけで日々、かき混ぜていたんですが……

というわけで日々、かき混ぜていたんですが……

ううーん……

ううーん……

いくら手がかからないとはいえ、目に見えないと飼ってる楽しみもないですよね。

しかし、10日くらいたつと……。

おおっ、肉眼でもかなり見えるように!

おおっ、肉眼でもかなり見えるように!

体長1cmくらいにはなってるんじゃないでしょうか?

ピョロピョロと水の中を泳ぐ姿がカワイイ! いつまでも眺めていられます

ピョロピョロと水の中を泳ぐ姿がカワイイ! いつまでも眺めていられます

見えますか?

見えますか?

動画を撮ってみました

カワイイですねえ。子供の頃に買ってもらえなくて諦めていましたが、まさか令和になってまた発売されるとは思ってもいませんでした。ずっと気になっていたシーモンキーをこの目で見られてうれしいです。ちなみにシーモンキーとは、アルテミアやブラインシュリンプと呼ばれるエビやカニの仲間。数億年前から変わらずこの姿なんだとか。

このあとは、7〜10日ごとにエサをあげつつ、水が蒸発したら足す、などの方法でお世話していきます。たしかにこれなら子供でも育てられそうですね。うまく育てると約2cmの大きさになることもあり、交配もして1〜2年ほどは生き続けるんだとか!

気の長い話ですが、熱帯魚みたいに手間もかからないし、「面倒くさいことはしたくないけど、ペットを飼って癒されたい」という人にはピッタリなんじゃないでしょうか!? ボクも大切に育てていきます!

北村ヂン

北村ヂン

藤子・F・不二雄先生に憧れすぎているライター&イラストレーター。「デイリーポータルZ」「サイゾー」「エキサイトレビュー」他で連載中。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る