レビュー
「じゃがりこ」がホクホクのじゃがいも料理に!?

ついに「じゃがりこアレンジ」が公式に!? 専用調理グッズが誕生

お菓子アレンジグッズの新星誕生!

「うまい棒」をスティック状に変える「おかしなうまい棒 スティックパーティー」や、「チュッパチャップス」をアイスキャンディーに変える「おかしなアイスキャンディー」などなど、ネット上でしばしば話題となるお菓子アレンジグッズ。

そんなお菓子アレンジ界に、ちょっと本格的な料理ができる新商品が登場しました。

「じゃがりこクッキング」!

「じゃがりこクッキング」!

名前の通り、人気のスナック「じゃがりこ」を使用したアレンジ料理を作れる商品です。元々じゃがりこはお湯を入れてポテトサラダにしたり、それにチーズを入れた「じゃがアリゴ」が話題になったりと、アレンジお菓子の代表的存在ではあります。それを公式が後押しする感じでしょうか。

中身はこんな感じ

中身はこんな感じ

おもちゃ感の強い見た目ですが、どのくらい本格的な料理を作ることができるんでしょうか?

さっそく、作ってみましょう。


「じゃがりこ」がやわらかくなるとこんなにおいしいなんて!

まずはお好きな味の「じゃがりこ」を用意して

まずはお好きな味の「じゃがりこ」を用意して

上の穴に突っ込んで

上の穴に突っ込んで

ハンドルをグルグル回すと……

ハンドルをグルグル回すと……

下の容器に、粉々になった「じゃがりこ」が!

下の容器に、粉々になった「じゃがりこ」が!

これが、すべての「じゃがりこクッキング」の基本となる「じゃがりっ粉」です。


こんな感じで、ごはんやおかゆにかけたり、おにぎりにまぶしたりと、そのまま「ふりかけ」的な用途で使ってもオッケー。

スナック特有のサクサク感と「じゃがりこ」の味が意外とお米にマッチしておいしい!
でも、もうちょっと手の込んだ料理(?)も作ってみたいですよね。


じゃがりっ粉を「マッシュじゃがりこ」に!

この「じゃがりっ粉」にお湯170ccを注いで

この「じゃがりっ粉」にお湯170ccを注いで

付属の「じゃがおスプーン」でぐにぐに混ぜ合わせると……

付属の「じゃがおスプーン」でぐにぐに混ぜ合わせると……

マッシュポテト状に

マッシュポテト状に

お湯と混ぜることで「じゃがりこ」のカリッとサクサク感はなくなり、ホクホクのマッシュポテトに。しっかりと味が付いているから、この状態で食べてもおいしいです。

で、このマッシュポテトを付属の型に入れて

で、このマッシュポテトを付属の型に入れて

ギューッと押し固めると

ギューッと押し固めると

たこ焼きっぽい、丸いポテトに

たこ焼きっぽい、丸いポテトに

細長い型に入れると

細長い型に入れると

スティック状のポテトに

スティック状のポテトに


さっきのマッシュポテトと同じ味のハズですが、押し固めることで食感が変わってコレがまたおいしい! お湯と混ぜているから温かいというのも推しポイント。

スナックをアレンジしたというよりは、普通にじゃがいも料理の感覚で食べられますね。


「焼く」とさらにウマイじゃがいも料理に

しかし「丸」のほうはともかく、細長いポテトは持とうとすると折れちゃうのが難点

しかし「丸」のほうはともかく、細長いポテトは持とうとすると折れちゃうのが難点

というわけで、ちょっと焼いてみたいと思います

というわけで、ちょっと焼いてみたいと思います

オーブンに入れ、200℃で15分ほど焼いてみたところ……

オーブンに入れ、200℃で15分ほど焼いてみたところ……

すんごくカリッとした!

すんごくカリッとした!

これなら指でつまんでも崩れません

これなら指でつまんでも崩れません

熱することで「じゃがりこ」を作るときに使った油が浮いてきて、表面が揚がったようになっています。

あ、おいしい!

あ、おいしい!

全体がホクホクの食感だった生(?)の状態より、表面がカリッ、中ホクホクの「焼きじゃがりこ」は、料理感がさらにアップ!

お酒のつまみにもよさそうです。


ちなみに、揚げたてのポテトを食べられる「カルビープラス」というお店には、揚げたての「じゃがりこ」っぽいメニュー「ポテりこ」というのがあります。

「焼きじゃがりこ」はコレに近いかなーと思いきや、結構違う。

「ポテりこ」は全体的にやわらかめですが、「焼きじゃがりこ」は表面のカリッと感が強調されています。どちらもおいしいです!

ついでに「丸」のほうも焼いてみました

ついでに「丸」のほうも焼いてみました

おっ、こっちはさらにおいしい!

おっ、こっちはさらにおいしい!

カリカリな表面とホクホクの中身のバランスが絶妙で、ファーストフードで売られていたら注文しちゃいそうなレベル!

ちなみに、残った「じゃがりこ」マッシュポテトに、マヨネーズを加えて混ぜ合わせると……

ちなみに、残った「じゃがりこ」マッシュポテトに、マヨネーズを加えて混ぜ合わせると……

ほぼ、ポテトサラダに!?

ほぼ、ポテトサラダに!?

1回揚げたポテトなので、ヘルシーかどうかは知りませんが、しっかりと味が付いているので、普通においしいポテトサラダになっています。


ビジュアルショックな料理も作れちゃう

さて今度は、公式サイトでオススメされていた「ハイパーじゃがアリゴ」なる、なんともすごそうな名前のレシピも試してみましょう。

まずは、例のごとく「じゃがりっ粉」を作って、小さじ1/4の塩を入れます

まずは、例のごとく「じゃがりっ粉」を作って、小さじ1/4の塩を入れます

そこへモッツァレラチーズ50gを投入

そこへモッツァレラチーズ50gを投入

さらにお湯160ccを注いで

さらにお湯160ccを注いで

スプーンでグリグリ混ぜ合わせると……

スプーンでグリグリ混ぜ合わせると……

みよーんと伸びる、謎の料理ができたー! ……何、コレ!?

みよーんと伸びる、謎の料理ができたー! ……何、コレ!?

味は……まあチーズですよね

味は……まあチーズですよね

モッツァレラチーズが自己主張しまくっていますが(「じゃがりこ」もチーズ味だし)、とりあえずビジュアルのインパクトは強力! 子供たちは喜びそうです。
ちなみに、このレシピの元になった「じゃがアリゴ」は、フランスの郷土料理「アリゴ」をじゃがりこで再現したもの。この「ハイパーじゃがアリゴ」はそのチーズ増し増しバージョンということでしょう。


じゃがりこ料理には無限の可能性がある!

もちろん「じゃがりこクッキング」がなくてもアレンジ料理は作れますが、硬〜いじゃがりこを砕くのは大変だし、じゃがりこの容器は耐熱ではないので、直接お湯を入れることもできません。「じゃがりこクッキング」があれば簡単&安全にじゃがりこ料理を楽しめるというワケです。

元がじゃがいもだけあって、「じゃがりっ粉」は、まだまだいろいろな料理へ活用できそう。パン粉代わりにしたり、チョコと混ぜたり、公式にもたくさんレシピが載っていますよ。これからいろいろなじゃがりこ料理を作っていこうと思います!

北村ヂン

北村ヂン

藤子・F・不二雄先生に憧れすぎているライター&イラストレーター。「デイリーポータルZ」「サイゾー」「エキサイトレビュー」他で連載中。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る