レビュー
子どもといっしょに楽しく「結晶」「天体望遠鏡」を作ってみませんか?

まだ間に合う! 夏休みの自由研究・工作に使えるキットを試してみました!

夏休みも残りあとわずか! 子どもにとっての夏休みは、海や川に遊びに行ったり、キャンプをしたり、プールに行ったり、家族と旅行したり、田舎に行ったり、都会へ出かけてみたり、お祭りに行ったり、映画を見に行ったり、友達とお泊り会をしたりと、ほんとにもう忙しすぎますよね。その半面、子どもには、夏休みが終わるまでに取り組まないといけない宿題もあります。その中でも、特に「自由研究・工作」は、テーマ選びやレポートの提出などで工夫が必要で、時間がかかる課題ですね。夏休みの最後のほうギリギリで何とかするというわけにはいきません。

もし、お盆のこの時期に、まだ自由研究・工作に取り組んでいないというのであれば、そろそろ始めないと休み中に間に合わないかもしれませんね。そこで今回、残り2週間程度で取り組めて、夏休みの自由研究に使えそうな研究・工作キットを探してみました。その中から2つを厳選してご紹介します! 1つは、さまざまな結晶を作れる「クリスタルの科学」で、もう1つは、組み立てを体験できる「手作り天体望遠鏡」です。筆者も、これらのキットを実際に試して、10年ぶりに夏休みの自由研究をしてみましたよ!

お盆をすぎても、まだ自由研究のテーマが決まっていないお子さんがいたら、いっしょに取り組んでみてはいかがでしょうか。いい点数が取れるかどうかは取り組み方次第だと思いますが、いずれも、親子でいっしょに楽しく取り組めるキットだと思います。

いろいろな結晶を作って観察できる「クリスタルの科学」

まずは、結晶作りを体験できる新日本通商の「クリスタルの科学」からご紹介します。価格は1,782円(税込)で、対象年齢は10歳以上となっています。

このキットは、塩の結晶、水晶型の結晶、大きな結晶、酢を使った結晶、ふわふわの結晶といった5種類の結晶を作ることができて、お得だと思います。実際に試してみて、実験のやり方もそれほど難しくないと感じました。ただ、それぞれの結晶で、作るのに必要な時間が異なっているので、5種類すべてを体験するのであれば、余裕を持って2週間程度の時間は見ておいたほうがよいと思います。

「クリスタルの科学」のパッケージはこんな感じです

「クリスタルの科学」のパッケージはこんな感じです

内容物。これで4種類の実験ができます

内容物。これで4種類の実験ができます

塩の結晶を作ります

塩の結晶は、付属のビーカーとひもを使って実験をします。ビーカーの中に濃い食塩水を入れて、その中に糸をたらして、2週間程度待ちます。その間に、塩の結晶が作られていく様子を観察できます。

塩の結晶を作る実験です。うまくできれば、糸にそってもっと大きくてもこもこした結晶がつくらしいのですが、ちょっと失敗してしまい、糸の先にしかできませんでした

できた結晶を見てみると、大小それぞれの四角形になっていることがわかります

できた結晶を見てみると、大小それぞれの四角形になっていることがわかります

水晶型の結晶を作ります

水晶型というのは角柱になっている結晶の形を意味するようです。キットに入っているクリスタルの素、細かくくだいてある石などを使って、簡単に作ることができます。できあがりもとてもキレイですよ!

キットに付属するクリスタルの素や石、容器などを使って実験をします

キットに付属するクリスタルの素や石、容器などを使って実験をします

説明書を読みながら、実験中!

説明書を読みながら、実験中!

こちらも、だいたい2週間くらいで、容器の中の液体がなくなって結晶ができあがります。水晶のような四角柱の形の結晶が下のほうにできました! 上のほうはなぜかフワフワの結晶ができていました

大きな結晶を作ります

これは、上の「水晶型の結晶」を、大きく作ってみましょうという実験です。結晶がいくつかできたら、そのなかからひとつ選んで細い糸で結び、溶液の中につるし入れておきます。

2週間くらいすると、大きく育って、写真のようになります。これも、おおきな四角柱の形になっています

2週間くらいすると、大きく育って、写真のようになります。これも、おおきな四角柱の形になっています

酢の結晶を作ります

ご家庭で使っている酢から、結晶を作ってみましょうという、ユニークな実験です。キットに入っている石灰石を酢に浸しておくことで、結晶が作られていきます。

赤く着色したお酢に石灰石を入れます。石灰石が少し酢から見えるように(完全に酢にひたらないように)します

はじめはこんな感じでなにもないようですが……

はじめはこんな感じでなにもないようですが……

2週間ほどで、だんだん上のほうに、ごつごつしたものが作られていきます。こういう形の結晶もあるんですね。もう1か月くらい放置してみたいです

ふわふわの結晶を作ります

このキットの中でも特にユニークなのが「ふわふわの結晶」作りです。ふわふわの結晶とはどんな形なんでしょうか!? クリスタルツリーの形をしたパーツを使って作っていきます。

木の形に切り抜かれたクリスタルツリーの用紙を組み立てて、溶液を流しいれます。こちらは数時間〜1日くらいで結晶になるので、目を離さないほうがいいです

組み立てて一晩明けたら、このような感じになっていました。色がついていてキレイですね

組み立てて一晩明けたら、このような感じになっていました。色がついていてキレイですね

付属のルーペで、結晶の形を観察できます。結晶に色がついているのは、用紙に着色がされているからです

付属のルーペで、結晶の形を観察できます。結晶に色がついているのは、用紙に着色がされているからです

クリスタルの科学では、以上の5つの実験ができます。学校に研究のレポートを提出することを考えると、いろいろな形の結晶についてテーマにするのがよいのではないでしょうか。

A3の紙に実験をまとめました。実験の方法と結果を絵にしたり、写真を撮って貼り付けると、わかりやすくまとまるのではないでしょうか

価格.comで「クリスタルの科学」を探す

関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る