いいモノ調査隊
【祝 ウルトラマン50周年】テレビで見ていたあの姿が復活

きたぞ我らのウルトラマン! 限りなく本物に近いフィギュア誕生

2016年は、日本特撮劇の至宝「ウルトラマン」のTV放映50周年に当たる年なのです。昭和30年代から40年代生まれの世代にとっては国民的ヒーローだったのではないでしょうか? その50周年をお祝いしてNHKで特番が組まれたり、イベントが行われたりしておりましたが、ホビー界でも50周年を記念したスペシャルなフィギュアが発売されました。バンダイより発売の「S.H.フィギュアーツ ウルトラマン」です。

2016年を代表する傑作フィギュアの予感です

2016年を代表する傑作フィギュアの予感です

ウルトラマンのフィギュアといえば、先日このいいモノ調査隊でもご紹介させていただいたバンダイの「ULTRA-ACT」シリーズがあったのですが、このたびブランドを変えて「S.H.フィギュアーツ」シリーズより展開することになりました。コンセプトとしては、「劇中そのままのフォルム、洗練された可動をその手に!」とのことなのですが、どのような仕上がりになったのかさっそく見ていきましょう。ちなみに今回紹介するのは「ウルトラマン」単体の商品ですが、ジオラマなどがセットになった「50th Anniversary Edition」も発売されております。

全身フル可動のフィギュアです。色合い、顔の造形がすばらしい!

全身フル可動のフィギュアです。色合い、顔の造形がすばらしい!

横顔からうしろ姿まで、テレビで見ていたあのウルトラマンを堪能できます

横顔からうしろ姿まで、テレビで見ていたあのウルトラマンを堪能できます

全長約15cmのフル可動フィギュアです。特筆すべきはマスク! テレビで見たまんまのウルトラマンのフェイスですよね。あの左右非対称のアンバランス感までみごとに再現しています。これまで色々なウルトラマンのおもちゃを見てきましたが、ここまでリアルなマスクは筆者も初めてですよ!

さらに目を見張るべきは全身の可動です。最新技術を盛り込まれた本体はスムーズに可動し、さまざまなアクションポーズをとることが可能になっています。交換用の手首が左右各2種類付属しており、あの必殺技のポーズもきれいにとれますよ。今回は同日に発売された「魂OPTION」の「ACT BUILDING」も一緒に使って撮影しました。ビルとの対比により、さらにウルトラマンの世界観を楽しめること請け合いです。

ウルトラマン登場シーンを再現!

ウルトラマン登場シーンを再現!

街に降り立つウルトラマン! ビルの合間からその姿を目撃!

街に降り立つウルトラマン! ビルの合間からその姿を目撃!

ウルトラマン独特の腰を少し落としたポーズも再現可能!

ウルトラマン独特の腰を少し落としたポーズも再現可能!

とにかく本体が気持ちいいほど可動します。おなかの上部分と下部分両方に可動部位があるので、腰を落とした構えで、上半身はちょっと前のめり。みたいな人間らしいポーズがとれます。肩はスイング可動し、胸部がちょっと湾曲しているので、腕をきれいに前で交差させることができ、スペシウム光線発射ポーズも完璧にできます。足は小さく見えますが、つま先部分も動くのでしっかり接地して自立も問題ありません。彩色はメタリックな塗装をつや消し仕様にしてあり、独特のシルバー感が出ています。

怪獣を前に戦闘態勢のウルトラマン!

怪獣を前に戦闘態勢のウルトラマン!

「ダーっ!」と叫びながら突進! 走るさまは人間ぽいポーズがとれますよ

「ダーっ!」と叫びながら突進! 走る様は人間ぽいポーズがとれますよ

怪獣になぎ倒されるウルトラマン! お約束ですね!

怪獣になぎ倒されるウルトラマン! お約束ですね!

ウルトラマン単体でもなかなか楽しめますが、やはりビルなどのジオラマがあると俄然楽しくなりますね。同シリーズで今後も「バルタン星人」、「ゼットン」、「ゾフィー」が発売予定となっているので、揃えてアクションをさせるのが楽しみです。さて写真ではピンチのウルトラマンですが、彼にはあの必殺技がありますので、もちろん無問題! では、見せ場の必殺、スペシウム光線をご覧いただきましょう。

専用の交換手首でキメのこのポーズ

専用の交換手首でキメのこのポーズ

スペシウム光線発射! 専用エフェクト付きの手首で再現できます

スペシウム光線発射! 専用エフェクト付きの手首で再現できます

そのほかのオプションとして、交換用の赤いカラータイマーが付属しています。やっぱりピンチのシーンにはこの赤いカラータイマーがないとダメですよね。さらにリバウンド光線を再現できるPETシートと専用のスタンド付き。劇中で1回しか使わなかったリバウンド光線を付属させるところがおもしろいですね。

赤いカラータイマーでピンチ感増幅! リバウンド光線は薄いシートで再現

赤いカラータイマーでピンチ感増幅! リバウンド光線は薄いシートで再現

今までさまざまなウルトラマンのフィギュアが発売されてきましたが、今回の「S.H版」を見て感じたことがあります。従来は超人であるウルトラマンを人間のようにおもちゃ化していたのに対して、今回の「S.H版」は特撮であるウルトラマンのアクタースーツを劇中そのままに再現しているということです。やはり特撮ですから、ウルトラマンを演じているアクターがいて、そのアクターの着ているスーツこそが、我らが見てきたウルトラマンの姿だったわけです。その劇中ウルトラマンのプロポーションを見事に再現したからこそ、あのテレビで見た雄姿と重なり、ノスタルジックな思いと感激を味わえると思いますよ!

マッシー

マッシー

「月刊PCエンジン」誌で編集ライターデビュー。「64DREAM」誌デスクを経て前職はXbox 広報のゲーム漬け人生。猫とガンプラとaqoursが存在理由のホビー担当。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る