いいモノ調査隊
変わり種のエッグスタンドです

ゆでたまごを守る“騎士”!? 朝ご飯が楽しくなるおちゃめグッズ

食卓にあると便利なエッグスタンド

日本の食卓にはエッグスタンドを使う文化ってあまりないので、使っている人は少ないと思います。でも、半熟のゆでたまごはエッグスタンドに立てて食べると本当に食べやすくなるので、ぜひとも実践してほしいところです。
どうせエッグスタンドを導入するなら、何か楽しげなものがいいのではないかと思いましたところ、このエッグカップアーサーを発見いたしました。
なんとエッグスタンドに中世の騎士風な鎧(よろい)の装飾が施されており、さらに兜(かぶと)の蓋と剣に見立てたスプーンまで付いてきます。
ほかのエッグスタンドと何が違うのかっていうと、今言ったことがすべてなんですが、見た目におもしろいので、それだけで十分だと思います。

エッグカップアーサーです

エッグカップアーサーです

鎧部分と兜部分は取り外しができます。剣型のスプーンの3つの要素で成り立っています

鎧部分と兜部分は取り外しができます。剣型のスプーンの3つの要素で成り立っています

兜の蓋はしっかりと鎧にハマるようになっているので、逆さまにしても振っても外れる感じではありません。中のタマゴを厳重に守ってくれます。蓋を外してそのままエッグスタンドとしてタマゴを食べることができるので、先ほど言ったとおり、半熟のゆでたまごがおすすめです。
ただ、付属の剣型スプーンはプラスチック製であり、さらにちょっと厚みがあり、大きめなサイズになっているので、実際に食べるときは、薄めで小型のスプーンを使ったほうが食べやすいです。

実際にタマゴを入れてみました。とりあえず殻が付いたままのゆでたまごです

実際にタマゴを入れてみました。とりあえず殻が付いたままのゆでたまごです

兜を取り外し、タマゴの上部だけを割ってみました。メルヘンの世界から一気にホラーの世界になった気がしないでもないです

普通のゆでたまごの殻を全部むいて乗せてみました。剣型のスプーンも使ってみましたが、これは見た目用って感じです

1体でもそれなりに楽しいんですが、たくさんいたほうがもっと楽しくなる気がします。ずらっと並んでいると『不思議の国のアリス』のトランプ兵っぽいのに、中身はハンプティ・ダンプティみたいな感じで。
とにかく、エッグカップアーサーを購入したら、毎朝ゆでたまごを作りたくなること請け合いですよ。

岡安学

岡安学

ゲーム情報誌編集部を経て、フリーランス・ライターに。現在は、デジタル機器を中心にWebや雑誌、Mookなどで活躍中。近著に『INGRESSを一生遊ぶ!』(宝島社刊)。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る