いいモノ調査隊
少ないスペースを有効活用

サッシや引き戸のミゾを利用して、洗濯物をラクラク部屋干し♪

最近は、洗濯物を部屋干しされる方が増えているようですね。「花粉やPM2.5が気になる」、「外に下着を干したくない」と考える方も多いと思います。また、筆者のように「部屋干しすることで多少は空気の乾燥を防げるのでは」、という方もいらっしゃるかも。

レールde部屋干し

筆者が愛用している「レールde部屋干し」。少量の洗濯物の時はこれが活躍します

部屋干し用の物干しはいくつか用意しているのですが、よく使っているのが「レールde部屋干し」。株式会社アイワの室内用物干しで、サッシ窓や引き戸などのレールの間に差し込むだけで、簡単に取り付け、取り外しができます。筆者の場合、バスタオルやセーターなどは大型の物干しを使いますが、シャツや下着などでは「レールde部屋干し」を使います。

筆者が使っているのは、ハンガーを6本かけられるロングタイプ(通常タイプは5本)

筆者が使っているのは、ハンガーを6本かけられるロングタイプ(通常タイプは5本)

取り付ける時は、金具をレールの隙間に差し込みます

取り付ける時は、金具をレールの隙間に差し込みます

窓枠にズレ止めを引っ掛けて固定します

窓枠にズレ止めを引っ掛けて固定します

耐荷重は3kgなので、シャツ程度ならまったく問題ありません

耐荷重は3kgなので、シャツ程度ならまったく問題ありません

筆者宅のサッシは半分が固定されており、窓が一枚しか稼動しませんが、問題なく設置できました。サッシだけでなく引き戸にも取り付けられるので、いろんな部屋で活躍してくれますよ。

わたる

わたる

主に東京の湾岸エリアに生息しているが、中国、タイ、インドネシアなどでの発見情報もあり、その実態は定かではない。仲間うちでは「おっちゃん」と呼ばれることも。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る