いいモノ調査隊
【革命的】セロハンテープの「つまみ」を自動生成してくれるテープカッターを発見!

はがしやすい「つまみ」を自動生成する革命的テープカッター

セロハンテープは、ちょっとした小物を貼り付けたり封をしたりする時に便利な文具。しかし、あまりにもキレイに貼れてしまうため、逆にはがしたい時はひと苦労。テープの端を折り返して、いわゆる“つまみ”を作るという方法もありますが、毎回となると結構な手間隙がかかります。個人ではそれほど端が折れたテープを使う機会はないかもしれませんが、商品を包装する際にテープを使う店舗などでは切実な問題。そこで、誰でも簡単に“つまみ”が作れるテープカッターなるものをご紹介いたしましょう。

同様のコンセプトの商品は各社から販売されていますが、筆者が購入したのはコクヨS&Tのもの

同様のコンセプトの商品は各社から販売されていますが、筆者が購入したのはコクヨS&Tのもの

筆者が購入したのは「端が折れるテープカッター < TUMAM de HAL >(つまんではる)」、そのものズバリの商品名が気に入りました。特長は、テープをカットする際にカッター部分の可動レバーが前後に動き、約15mmの“つまみ”を自動的に作ってくれること。“つまみ”部分をつまんで引っ張ってカットすれば、次々と新しい“つまみ”ができる仕組みになっています。

本体カラーは白のみで、重量は1.2kgと安定感もバッチリ。なお、テープは別売です

本体カラーは白のみで、重量は1.2kgと安定感もバッチリ。なお、テープは別売です

“つまみ”は常にできた状態になっています

“つまみ”は常にできた状態になっています

まずは“つまみ”部分をつまんで引っ張ります。そして可動レバー(黒い部分)にテープを貼り付けます

まずは“つまみ”部分をつまんで引っ張ります。そして可動レバー(黒い部分)にテープを貼り付けます

可動レバーに貼り付けながら刃のほうへ引っ張るのがポイント

可動レバーに貼り付けながら刃のほうへ引っ張るのがポイント

テープをカットすると可動レバーは元の位置に戻り、自動的に新しい“つまみ”ができあがります

テープをカットすると可動レバーは元の位置に戻り、自動的に新しい“つまみ”ができあがります

“つまみ”ができる様子をムービーで撮影してみました

使い方はとても簡単。通常のテープカッターと違って、“つまみ”部分を引っ張るのでテープに指紋や指の汚れが付かないのもいいですね。使う人にも、テープが貼られたものを受け取る人にも優しい、いいモノだと感じ入った筆者でした。

わたる

わたる

主に東京の湾岸エリアに生息しているが、中国、タイ、インドネシアなどでの発見情報もあり、その実態は定かではない。仲間うちでは「おっちゃん」と呼ばれることも。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る