PDA博物館
リナザウとは何だったのか?

私がLinuxザウルスを選んだ理由。“リナザウ”SLシリーズを愛用したヘビーユーザーに聞く


モバイル黎明期に誕生した「PDA」をふりかえり、未来へのヒントにつなげる本連載。PDAとは、「Personal Digital Assistant(あるいはPersonal Data Assistant)」の略称。主に、スケジュールやToDo、住所録、メモなどのPIM(Personal Information Manager=個人情報を管理するソフトウェア)を携帯するために使われていた、モバイル端末のことを示す。

1980年代から1990年代に流行した電子手帳も、PIMを管理する目的で作られた。文字通り、「電子」の「手帳」として、ビジネスマンが予定や住所録を管理するのに使っていたものだ。このとき、シャープから発売され、その後PDAに進化したのが「ザウルス」である。

ザウルスには3シリーズあり、ひとつは1993年に発売された8ビットCPUとモノクロ液晶のPIシリーズ「液晶ペンコム」。その後、1996年に発売されたのは、32ビットRISC CPUとカラー液晶の「MIシリーズ」(俗称、カラーザウルス)だ。

そして2002年に発売されたのが、OSにLinuxを採用した「SLシリーズ」(俗称、リナザウ)。PIシリーズやMIシリーズとソフト面での互換性がなく、一線を画したモデルとして話題になった。

今回、連載に登場するのは、SLシリーズを愛用し、「ハッキングLinuxザウルス」(ソフトバンククリエイティブ刊。初版2004年)の共著者でもある、塚本牧生氏。塚本氏によれば、「PIMを管理するためのPDAは必要なかった」という。当時、塚本氏がPDAに求めていたものについて、話をうかがった。(※聞き手=PDA博物館初代館長 マイカ・井上真花)

PIMを管理するための端末は必要ではなかった

塚本牧生氏。リナザウのヘビーユーザーで、共著に「ハッキングLinuxザウルス」(ソフトバンククリエイティブ刊)がある。Web技術が専門で、「WalWiki」の開発者でもあった

塚本氏が使っていたPDAの数々。上段は左から「CASSIOPEIA E-700」(カシオ)と「SL-C1000」(シャープ)、下段は左から「GENIO e550G」(東芝)と「SL-A300」(シャープ)

――塚本さんがリナザウを選ばれた理由は?

はじめは、Linuxが使えるPDAが欲しかったんです。

当時、PDAといえばPIMを単体で管理するものでしたが、私の使い方は、それとはちょっと違っていました。PIM、たとえば住所録のようなものは、PC側でメンテナンスし、そのデータをPDAに転送して、外出時にはそれをPDAでブラウズするという使い方が好ましい。つまり、PCとの同期が必須なんです。だから、“単体完結”を前提にした“電子手帳的なPIM思想”ではなく、あくまでPIMシステムのビューワ部分を分担するネットワーク端末が欲しいと思いました。

さらに、ユーザー側で自由にカスタマイズできる仕組みであってほしい。たとえば、私が自宅で住所録を必要とするのは、年賀状を印刷するとき。できれば、「筆まめ」のような住所録管理ソフトでも、PDAでも使える汎用性の高い住所データであってほしいのですが、2000年に買った「CASSIOPEIA E-700」(カシオ)の同期ソフトが対応しているのは「Outlook」のみ。それだと、PCと同期して双方で快適に使うことはできず、私にとっては十分ではありません。だから、自由に使えるOS――たとえば、Linux OSのPDAがあればいいなあと。

塚本氏の共著作「ハッキングLinuxザウルス」(ソフトバンククリエイティブ刊。初版2004年)

塚本氏の共著作「ハッキングLinuxザウルス」(ソフトバンククリエイティブ刊。初版2004年)

「iPAQ」(コンパック製のPDA)にLinuxがインストールできる」という話を聞いたときは魅力を感じましたが、調べてみると、自力でLinuxをインストールしなければならない。それはちょっと違うかなと思っていたら、LinuxがプリインストールされているPDAが現れたんです。それが、2002年に発売された「SL-A300」(シャープ)、いわゆる「リナザウ」です。リナザウはターミナルを搭載していて、コマンドラインで操作できました。さらにroot化されたAndroidと同じようなもので、全権ユーザーとして使える自由度が魅力でした。

2002年に発売された、リナザウ初代機のSL-A300。このあと、SL-B500、SL-C700と続く

2002年に発売された、リナザウ初代機のSL-A300。このあと、SL-B500、SL-C700と続く

欲しかったのは“通勤電車の中でログが読める端末”

リナザウの最大の用途は、ログビューワでした。

以前から「INCM」という掲示板自動巡回ソフトを使っていて、自分専用のプラグインも作っていました。これを使えば、好きな掲示板やニュースサイトを自動巡回し、ログを取得できる。当時は、そのログをPC上で読んでいたのですが、当時、通勤時間が片道1時間半だったので“通勤時間を使って取得したログを読みたい”と思うようになりました。

リナザウにはログビューワはありませんでしたが、OSがLinuxだから工夫次第でどうにでもなる。そこで、PCで取得したログをリナザウに転送し、リナザウのメーラーで、そのログを読み込んでみてはどうかと。メーラーなら、未読管理も可能です。実際やってみたところ、満員電車でも片手で使えて、おおよそ1日あたり1000件のコンテンツを読めるようになりました。まさに、情報を“読む”のではなく、シャワーのように“浴びる”感覚。これが快感でした。

「リナザウを縦に持ち、カーソルキーで送りながら読むと快適なんです」(塚本氏)

「リナザウを縦に持ち、カーソルキーで送りながら読むと快適なんです」(塚本氏)

必要な情報を自分で工夫して、自動取得できるようにするのも楽しかった。たとえば、「cron」というタイマーのような仕組みで、決めた時刻に天気予報情報を取得し、その情報をスケジューラに登録する、というような作業を自動でやらせてみたりしました。かゆいところを自分でかける感覚で、求めていることを、自分にあった形に整えていける。私が求めていたのは、こういうことだったんです。

フルブラウザ搭載であることも重要

もうひとつこだわったのが、フルブラウザ搭載であること。当時は「iモード」が全盛でしたが、iモードのネットブラウザは、私にとっては不十分。ネットワーク端末として十分な機能を備えるには、フルブラウザでなければいけません。リナザウ登場前に、iモードではなく、CASSIOPEIA E-700やGENIO e550Gを使っていたのは、その2機種がフルブラウザを搭載していたからです。

当時、塚本氏が使用していた、CASSIOPEIA E-700とGENIO e550G

当時、塚本氏が使用していた、CASSIOPEIA E-700とGENIO e550G

もちろん、リナザウもフルブラウザを搭載しています。だから、ブラウザを使ってやりたいことは、ほとんどできた。私は常に軸足がWebにあり、Webを工夫することで、ある程度好きなようにカスタマイズできる。あとは、ただその情報をきちんとブラウズできる端末があればいい。そう考えていたので、リナザウは非常に適していました。

そういった意味では、私が求めていたのはPDAというより、現在の「iPhone」に近いものだったのだと思います。

これからのモバイル端末に求めるもの

――今は、何を使われているのですか?

現在は、iPhoneを使っています。GmailやGoogleカレンダーがあるので、PIMデータをクラウドに預けやすくなりましたね。クラウドにあるデータをマスターデータとして、データメンテナンスを担当するPC、データの閲覧や簡易メンテナンスを担当するiPhone、というようなスタイルが定着しています。

「現在はiPhoneを使っていて、情報端末としてはこれで十分だと感じています」(塚本氏)

「現在はiPhoneを使っていて、情報端末としてはこれで十分だと感じています」(塚本氏)

――今後、どのようにモバイルが進化してほしいと思われますか?

Web 2.0と呼ばれる時代に入って、RSSやSNSなどが進化したことと、スマートフォンがインターネット端末として十分な機能を備えたことで、私がやりたかったことは、ほとんどレディ・メイド(=既製品)で満足できるようになりました。いつでもどこでも情報を取得するためのモバイル端末としては、現在の進化に満足しています。

ただ、暮らしや生活をサポートする端末としては、まだまだできることがある。情報があふれるこの時代、すべての情報を記憶するのは無理があります。たとえば、人。ひとりの人間が把握できる個人情報の量は、限界があります。

しかし、SNSが進化した現在、その量を超える人とのつながりが広がってきています。たとえば、Facebookで300人以上の友だちがいるユーザーはめずらしくありませんが、はたして、その300人と会ったときに、全員の名前や顔、職業、これまでの交友履歴をすぐに思い浮かべられる人が、どれだけいるでしょうか?

これからは、いつでもすぐにインターネットで検索できて、必要な情報が提供される環境がなければ、やっていけなくなる。そういったことができるウェアラブル端末、あるいはそれ以上に環境に溶け込む、“何か”が必要になるでしょう。

今回、リナザウの話からモバイルの未来まで、塚本氏に幅広く語っていただいた

今回、リナザウの話からモバイルの未来まで、塚本氏に幅広く語っていただいた

取材を終えて(井上真花)

塚本さんのお話をうかがっていて思い出したのは、「HP200LX」(HP)を使っていたころのこと。HP200LXはDOS/C端末だったので、「VZ Editor」というテキストエディタが使えました。これにマクロを組み合わせ、キー一発で、「パソコン通信の自動巡回→ログ保存→ログカット→ビューワ起動」までやれるように工夫していたことを思い出します。しかも、電車の中で読むときは、縦で片手持ち、カーソルキーで送っていたっけ。当時、端末は違えど、みんな似たようなことをしていたんですね。現在は、スマートフォンでほとんどのことができて、私も大満足ですが、PDAを相手に奮闘していたあのころが時々、なつかしくなります。

オフィスマイカ

オフィスマイカ

編集プロダクション。「美味しいもの」と「小さいもの」が大好物。 好奇心の赴くまま、良いモノを求めてどこまでも!(ただし、国内限定)

関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る