レビュー
カフェ顔負けのカプチーノ&ラテ・マキアートを自宅でも!

ネスプレッソ「ラティシマ・ワン」なら、ボタンひとつで本格ミルクメニューが楽しめる

このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅でカプチーノやラテ・マキアートを作りたいと思っても、わざわざミルクフォーマーを使ってフォームドミルクを作るのは少々ハードルが高い。それゆえ仕方なく、ミルクメニューはカフェで飲むものと諦めていた人も多いのではないだろか。でも、もう大丈夫。ネスプレッソのコーヒーメーカー「ラティシマ ・ワン」を使えば、ふわふわのミルクが見た目にも美しい、カフェさながらの本格的なミルクメニューをボタンひとつで作ることができるのだ。

ミルクの泡立てからコーヒーの抽出までをボタンひとつで

ポンッとボタンを押すだけで、アロマが香る本格的なコーヒーが楽しめるカプセル式のコーヒーメーカー「ネスプレッソ」。1986年のブランド誕生以来、その手軽さやおいしさで世界中のコーヒーファンから支持されている、言わずと知れたコーヒーメーカーの“鉄板”ブランドだ。そんなネスプレッソのコーヒーメーカー「ラティシマ ・ワン」は、カップにあらかじめ注いだ牛乳を別体のミルクフォーマーで泡立てるのでなく、牛乳の泡立てからコーヒーの抽出までを、ボタンひとつで完結できるのが最大の特徴だ。

本体サイズは約265(幅)×325(奥行き)×155(高さ)mmで、重さは約4.3kg。エスプレッソが抽出できるコーヒーメーカーとしては小ぶりな部類に入り、キッチンやダイニングにスッキリと設置できるのがうれしい。なお、本体カラーは写真の「モカブラウン」のほか、温かみのある「シルキーホワイト」も用意されている

コーヒー豆を封入したアルミニウムカプセル、通称「グラン・クリュ」。世界中から厳選したコーヒー豆をアルミニウムカプセルに封入することで、豆の酸化を防ぎ、挽きたての芳醇なアロマや味わいを家庭でも楽しめるようにしている。定番だけでも常時24種類を用意するなど、味わいやアロマのバリエーションが豊富なのもネスプレッソの魅力だ

まずは、シンプルにブラックコーヒーを淹れてみることにしよう。水タンクに水を入れ、本体背面にセット。最大容量は約1.0Lとなっており、家族みんなで飲む場合や、来客用に4〜5杯を連続して淹れる場合でも水を補充しなくて済む

天面のレバーを持ち上げてカプセルを投入すれば準備完了。驚くほど手軽だ

天面のレバーを持ち上げてカプセルを投入すれば準備完了。驚くほど手軽だ

ネスプレッソのカプセルには、標準抽出量が約40mlの「エスプレッソ」と、約110mlの「ルンゴ」の2サイズがあり、天面の操作ボタンは下から「エスプレッソ」、「ルンゴ」、「ミルクメニュー」となる。さっそく、真ん中の「ルンゴ」ボタンを押して抽出スタート!

抽出圧力は19気圧。プロフェッショナル向けレベルの高圧力により、深い味わいと芳醇なアロマ、そして、なめらかなクレマを持つ“至福の1杯”を抽出してくれた

こんなに手軽で、こんなにおいしい!

さてさて、ここからはミルクメニューにチャレンジしてみよう。目盛りに合わせてミルクタンクに牛乳を注ぎ、本体にセットしたら、「ミルクメニュー」ボタンをワンプッシュ。以上、終了である。ミルクフォーマーを別途用意する必要もなければ、「このくらいかな?」と最適な泡立ちを見極めるのに四苦八苦する心配もないのだ。また、ミルクタンクに牛乳を入れると、入れた分だけフォームドミルクが出てくるシステムが採用されているため、牛乳をムダなく使い切れるのもうれしいところ。もうとにかく、すべてがオートマチックでまったく手間がかからないというわけだ。

ミルクタンクのフタを開け、目盛りを見ながら牛乳を注ぐ。カプチーノは1杯当たり約45ml、ラテ・マキアートは約125mlの牛乳を使用する

ミルクタンクを本体にセット

ミルクタンクを本体にセット

ミルクノズルをカップに向ければ準備完了

ミルクノズルをカップに向ければ準備完了

あとは「ミルクメニュー」ボタンを押すだけで抽出が開始される

あとは「ミルクメニュー」ボタンを押すだけで抽出が開始される

カプチーノ

まずはカプチーノを淹れてみた。初めにミルクの泡立てが行われ、できあがったフォームドミルクがカップに注がれる。そしてまもなく、コーヒーの抽出がスタート。

フォームドミルクとコーヒーが混ざり合った褐色の色合いがなんとも美しく、思わず唾をゴクリ

フォームドミルクとコーヒーが混ざり合った褐色の色合いがなんとも美しく、思わず唾をゴクリ

ラテ・マキアート

ラテ・マキアートも手順は同様で、ミルクタンクに入れる牛乳の量だけ変えればいい。

入れた分だけフォームドミルクが作られる仕組みだ

入れた分だけフォームドミルクが作られる仕組みだ

さっそくテイスティングしてみたが、フォームドミルクの仕上がりはまさにふわふわで、舌触りも実になめらか。ミルクメニューにアレンジしても、「グラン・クリュ」本来の豊かなアロマや奥深い味わいは失われておらず、甘さの奥に、しっかりとした苦みとコクが感じられる。

これだけ手軽に、これだけ本格的なミルクメニューが楽しめるのは本当に素晴らしい。写真はカプチーノ

これだけ手軽に、これだけ本格的なミルクメニューが楽しめるのは本当に素晴らしい。写真はカプチーノ

本格派のミルクメニューがグッと身近な存在に

コーヒー初心者にとってカプチーノやラテ・マキアートなどのミルクメニューは、挑戦したくてもなかなか手が出せない、言わば「高嶺の花」とも言える存在だったのではないだろうか。ミルクフォーマーを使いこなすにはそれなりに技術と慣れが必要だし、そもそも、ゆっくり、のんびりミルクメニュー作りを楽しんでいられるほど時間に余裕もないというケースが多いのである。

そんな憧れのミルクメニューを、グッと身近なものにしてくれるのが「ラティシマ・ワン」だ。あれこれ考える必要はなく、水とカプセルと牛乳をセットして、ボタンをワンプッシュするだけで本格的なカプチーノやラテ・マキアートが作れてしまうのだから、コーヒーの楽しみ方の幅がグンと広がるのは間違いない。ちなみに、「ラティシマ・ワン」(モカブラウン)の価格は26,679円(2018年6月13日時点の価格.com最安価格)。ミルクタンクが一体となった家庭用のコーヒーメーカーはほかにもあるが、その大半が10万円を越えるハイ・アマチュア向けのモデルであり、この手頃な価格でフォームドミルクが作れるというのはちょっとした事件と言っても過言ではない。これからは「ラティシマ・ワン」を使って、もっと手軽に、もっとおいしくミルクメニューを楽しめそうである。

毛利真大

毛利真大

編プロでの広告制作、雑誌編集を経てフリーライター/エディターに。家電をはじめ、自動車、ファッション、ビジネス関連など幅広い分野で活動。86年、秋田県出身。「大曲の花火」とグミをこよなく愛する。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
ページトップへ戻る