レビュー
ストレーナーを替えてジュースもスムージーもヨナナス風フローズンデザートも作れる!

1台3役の実力を検証! クビンスのサイレントジューサーを使ってみた

いろいろ作ってみた!

おいしいジュースを早く搾れることは前のページで確認できた。ここからは、ジューサーとしての機能以外の実力を見ていこう。今回は、豆腐セットを使用した「豆腐」、スムージー用ストレーナーを使用した「グリーンスムージー」、フローズンデザート用ストレーナーを使用した「バナナのヨナナス風フローズンデザート」を作ってみた。

豆腐

たっぷりの水に8時間ほど浸した大豆を、水と一緒に少しずつジューサーにかけていく

たっぷりの水に8時間ほど浸した大豆を、水と一緒に少しずつジューサーにかけていく

豆乳とおからがそれぞれ出てくる

豆乳とおからがそれぞれ出てくる

豆乳は大きなボウル1杯できてしまったが、ザルで漉すと、付属の豆腐セット1回分にちょうどよいくらいの分量になった

レシピによると、豆乳を鍋で温めた後、にがりを混ぜると少しずつ固まってくる……はずだが、レシピ通りの分量(5ml)では固まらなかったため、にがりを少しずつ足していき、最終的にレシピのおよそ5倍ほどの量のにがりを入れたところでようやく固まり出した

薄い布を敷いた豆腐型に、固まり始めた豆乳を入れる

薄い布を敷いた豆腐型に、固まり始めた豆乳を入れる

押し込み板で10〜15分ほど重石をしておくと豆腐ができるようだ。意外と早い!

押し込み板で10〜15分ほど重石をしておくと豆腐ができるようだ。意外と早い!

作業の都合上、半日ほど冷蔵庫に入れておいた状態

作業の都合上、半日ほど冷蔵庫に入れておいた状態

しっかり固まっていて、型から外しても崩れる気配もなく、ずっしりとした堂々たる豆腐の完成

しっかり固まっていて、型から外しても崩れる気配もなく、ずっしりとした堂々たる豆腐の完成

シンプルに冷奴にして食べてみたところ、ゴマ豆腐並みに濃厚な味わい。豆腐や豆乳が好きな人にはたまらない特濃豆腐だった

おからはハンバーグのタネに混ぜておからハンバーグに。ヘルシーさに加え、大豆をムダなく食べ切った達成感でよりおいしく感じる

おからはハンバーグのタネに混ぜておからハンバーグに。ヘルシーさに加え、大豆をムダなく食べ切った達成感でよりおいしく感じる

スムージー

材料は小松菜、バナナ、パイナップル、豆乳。付属のレシピブックによると、細かくカットした野菜とフルーツを豆乳と一緒にスプーンで少しずつ投入口から入れるということだが……

投入するとすぐにスムージーらしきものが出てくるものの、材料をバランスよく投入できないためか、できあがった時点ですでに分離してしまった

さらに、使用後のストレーナーには、材料の繊維がたっぷり残っている。スムージーに関しては、手間がかかるわりにイマイチ? 使い方が悪かったのか?

スムージーに再挑戦

1度目のスムージーのできに納得できず、再チャレンジ。「JSG-120」を販売しているサイトで見つけた別の方法を試してみた。材料はジュースを搾る時と同様の大きさにカットしておく

抽出口にはスマートキャップを装着。ふたを閉め、中身をドラム内にためておけるようにしておく

抽出口にはスマートキャップを装着。ふたを閉め、中身をドラム内にためておけるようにしておく

小松菜、バナナ、パイナップル、豆乳の順に投入する

小松菜、バナナ、パイナップル、豆乳の順に投入する

スマートキャップで抽出口を閉めているので、ドラム内で中身が混ざり合っている。これなら分離することはなさそう

先に入れた小松菜が抽出口にたまりムラができているので、気をつけながら本体ごと傾けるなどして、中身を混ぜておく

すべて材料を投入した段階でスマートキャップを開け、一気にスムージーを注ぐ

すべて材料を投入した段階でスマートキャップを開け、一気にスムージーを注ぐ

1回目に比べてムラもなくスムージーらしい見た目だが、繊維ごとスムージーになった感はなく、バナナのおかげでとろみはあるものの、ジュースとあまり変わらない飲み心地

スクリューには、やはりバナナの果肉や小松菜の繊維がたっぷり残っている。野菜や果物の繊維も丸ごと摂れるのがスムージーの魅力と心得る筆者は、これをスムージーと呼んでよいものか悩んだ……。残念ながら、“繊維もまるごと飲む”というタイプのスムージーを作るのには不向きなようだ

バナナのヨナナス風フローズンデザート

用意するのは投入口に入れやすい大きさにカットして凍らせたバナナのみ

用意するのは投入口に入れやすい大きさにカットして凍らせたバナナのみ

運転を開始した本体にバナナを投入すると、またたく間にヨナナス風フローズンデザートが出てくる

運転を開始した本体にバナナを投入すると、またたく間にヨナナス風フローズンデザートが出てくる

味や食感も「ヨナナスメーカー」で作るものとほぼ変わらない。「ヨナナスメーカー」と違って、完全に凍ったバナナでもOKなので、お手軽さはこちらのほうが上。ヨナナス特有のクリーミーな食感を味わいたければ、少し溶かしてから混ぜて食べるとよいだろう

まとめ

今回、ジュース用、スムージー用、フローズンデザート用のストレーナーをすべて使用してみたが、「ジュースとヨナナス風フローズンデザートのできばえは◎! スムージーのできばえは△」というのが率直な感想。“用途の切り替えが面倒なのでは”という懸念に関しては、ストレーナーを取り替えるだけと手軽だったので“ジューサーとヨナナスメーカーどちらも欲しい”という方は、購入を検討してOK。というより、まさにビンゴな製品だろう。だが残念ながら、繊維もまるごと摂れるスムージーが飲みたいという需要までは、「JSG-120」1台でまかなうのは厳しそうだ。

筆者としては、スムージーのできばえは期待通りとはいかなかったものの、1台分のスペースで、ジューサーとヨナナスメーカーの働きをしっかりこなしてくれるのだから十分ありがたい。メインのジューサーとしての機能も申し分ないため、「ほかの機能はあくまでもおまけ」と考えることができれば、日々便利に活用できそうだ。

大泉瑠梨(編集部)

大泉瑠梨(編集部)

美容・健康家電を中心に新製品レポートやレビュー記事を担当。時には体を張って製品の実力をチェックします。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る