レビュー
「ティラミススター」と「HERO’s」はどれだけ似ているのか、徹底比較!

話題の「瓶入りティラミス」今さらながら味とデザインを比べてみた!

ニュースに詳しい人なら、「瓶入りティラミス」といえば「アレのことね」と想像できるでしょう。この騒動をざっくりと紹介すると、ティラミスブランド「HERO’s」の商品が、既存の超人気ティラミス「The Tiramisu Hero」(ティラミスヒーロー)と似ていて、さらには屋号やロゴまで商標登録してしまった(既存の「The Tiramisu Hero」側からは未登録だったため、日本では「ティラミススター」に改名)ことが発端です。

下が元祖「ティラミスヒーロー」(現「ティラミススター」)。上が後発の「HERO’s」

下が元祖「ティラミスヒーロー」(現「ティラミススター」)。上が後発の「HERO’s」

左が元祖「ティラミスヒーロー」(現「ティラミススター」で、右が後発の「HERO’s」

左が元祖「ティラミスヒーロー」(現「ティラミススター」で、右が後発の「HERO’s」

結果、「HERO’s」はネットを中心に世間から大ブーイングを浴びることになったわけですが、その問題についてはさておき。本稿では客観的な視点で、どこがどう似ているのかを比較し紹介していきたいと思います。

酷似しているが異なる部分もあった

そもそも、元祖「ティラミスヒーロー」はシンガポール発のティラミス店で、日本に常設店舗はありません。催事などで限定出店されることはありますが、基本的にはネット販売のみ。ということでまずはこちらをお取り寄せ。ただ、元祖「ティラミスヒーロー」は数年前から入手困難で知られる超人気スイーツ。現「ティラミススター」の公式サイトを見ると、そこには「SOLD OUT」の記載が……。あきらめかけたのですが、よく見ると次回販売日のお知らせを発見。ということで後日運よく購入でき、約1か月待って届きました。

定番味(フレーバーはチョコやいちごなど数種あり)の「ママヒーロー」6個入り(税込4,406円)を購入。段ボールの中身はこんな感じ。冷凍状態で届き、賞味期限は冷凍保存で約1か月でした

いっぽうの「HERO’s」は、現状では2019年1月20日にオープンした表参道店での販売のみ。「ティラミススター」の到着に合わせて、こちらは直接店舗に行って購入することに。しかし、ここで大きな問題が! 「HERO’s」も全8種のフレーバーがラインアップされているのですが、なんと定番であるはずのプレーン味「TOTTI ティラミス」は販売休止中とのこと。

「HERO’s」表参道店。深くは聞けませんでしたが、しばらく「プレーン」のティラミスは販売しないとのことでした

結果的に、真っ向からのガチ比較はできないことになってしまいました。とはいえ、ここまできたなら……との思いで、別のフレーバーでできる限りの比較をすることに。

本当はこの「プレーン」同士を比較したかった……

本当はこの「プレーン」同士を比較したかった……

左から、「SWITCH プリン」「LENA チョコ」「ROMEO メープル」「LEO キャラメル」。「HERO’s」のベースはすべてティラミスです。4個3,240円(税込)か、8個6,480円(税込)のセット売りのみとなり、味の組み合わせは自由に選べました

役者がそろったところでチェック開始。「HERO’s」は「ROMEO メープル」を比較対象に。各商品にはヒーローのキャラクター設定があり、メープルは「ROMEO」という名前のヒーローです。

ということで、まずはデザイン面から。

左が元祖「ティラミスヒーロー」の「ママヒーロー」で、右が「HERO’s」の「ROMEO メープル」。瓶のサイズや背景が透明のステッカーはそっくりです

ちなみに、実は筆者は数年前に「ママヒーロー」を食べたことがあり、当時からあまりにも希少だったため写真に収めていました。それがこちら。

元祖「ティラミスヒーロー」が「2012年にシンガポールで作ったオリジナルのブランドロゴがコピーされ只今日本で使用できなくなってしまいました」とTweetしていましたが、もともとはこのようなデザインだったのです

「ティラミススター」はフタの上から茶色い紙でパッケージングされており、現在のフタにはステッカーはなし。「HERO’s」は紙のパッケージがなく、フタにはステッカーが貼ってあります

裏面を見ると、「HERO’s」は各瓶に成分などを表示したラベルが。「ティラミススター」は段ボールの内側にそのラベルが貼ってありました

ここで気になったのが、「瓶はまったく同じものが採用されているのか?」という疑問。こちらは瓶の底面を調べることで明らかになりました!

瓶の底面をよく見ると、「HERO’s」には突起が。ちなみに、裏面から見るとビスキュイ(スポンジ生地のようなもの)の詰め方に違いがあるように見えます

瓶は同じではありませんでした。よく見ると「HERO’s」の底面の縁には間隔を置いたわずかな突起があり、「ティラミススター」はツルツル。次は重さを計ってみることに。

「ティラミススター」は270g

「ティラミススター」は270g

「HERO’s」は268g

「HERO’s」は268g

違いはわずか2g。これは誤差と言えるレベルでしょう。同じ商品でも、フレーバーなどによって個々に違いはあると思いますが、ほぼ同じ量になっているはずです。

それでは、いよいよ開封!

「ママヒーロー」は甘さ控えめ&なめらかで、「ROMEO」は重厚しっかり

先述したように、「ティラミススター」の「ママヒーロー」はプレーンのティラミス、「HERO’s」の「ROMEO」はメープル味のティラミス。フレーバーが異なるので味は比較できないのですが、両製品の特徴を紹介する形でレポートしていきたいと思います。

「ティラミススター」の「ママヒーロー」(左)には、ココアパウダーがまぶされています

「ティラミススター」の「ママヒーロー」(左)には、ココアパウダーがまぶされています

横からのショット。クリームの入り方はこんな感じ

横からのショット。クリームの入り方はこんな感じ

「ママヒーロー」のクリーム部分から試食

「ママヒーロー」のクリーム部分から試食

「ママヒーロー」からレビュー。マスカルポーネチーズによるティラミスのクリーム部分は、甘さも酸味も控えめな印象。しっとりしていて口どけもなめらか。少量ながらチョコチップのようなものが入っていて、カリッとしたアクセントを演出しています。

「HERO’s」の「ROMEO」は、確かにメープル由来の甘い香りがふんわり

「HERO’s」の「ROMEO」は、確かにメープル由来の甘い香りがふんわり

「ROMEO」のクリームのテクスチャーは、ややぎっしり硬めに感じました。味わいも、こちらはしっかりとした甘さがあり、あえて「ママヒーロー」と比較すると、より濃厚なテイストだと思います。

「ママヒーロー」にはリキュールやコーヒーが入っていました。「ROMEO」にはメープルのほかにカスタードクリームなどが使われていますが酒やコーヒーはなし。それが味わいや濃厚さの違いに関係しているのかもしれません

クリームの下にはビスキュイ。これはそれぞれ、形が異なります

クリームの下にはビスキュイ。これはそれぞれ、形が異なります

ビスキュイは、「ママヒーロー」が正方形の生地を敷き詰めているのに対し、「ROMEO」はサイコロ状にカットして詰めているようです。そして前者はコーヒーで、後者はメープルシロップで浸している模様。なので、「ママヒーロー」はほんのり苦く、「ROMEO」はほんのり甘い味わいになっています。今回は見栄えを優先して食べましたが、クリームとビスキュイを瓶内で混ぜて食べると、よりおいしくなるかもしれません。

比較レポートは、以上です。

中山秀明

中山秀明

食の分野に詳しいライター兼フードアナリスト。雑誌とウェブメディアを中心に編集と撮影を伴う取材執筆を行うほか、TVや大手企業サイトのコメンテーターなど幅広く活動中。

関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る