特別企画
リキュールや焼酎ではないのです

これは初耳!? “日本酒”で漬ける、自家製梅酒づくりにチャレンジしてみた!

初夏を迎えた今、旬の青梅。自宅で梅ジャムや梅酒を作りたくなる季節です。
梅酒が大好きな筆者は、今年、梅酒づくりにチャレンジしてみたいと思ったのですが、「日本酒で梅酒を漬けると焼酎やホワイトリカーよりも、味がよりまろやかになっておいしいらしい」と聞いて、がぜん興味が湧いてきました!

日本酒の梅酒……おいしそう!(写真はイメージです)

日本酒の梅酒……おいしそう!(写真はイメージです)

梅酒といえば、本来はホワイトリカーや焼酎で漬けるのが一般的。
それを日本酒で漬けるとどんな味になるのでしょうか?

材料は実にシンプル!

用意した材料はこちらです。

梅と容器と砂糖とお酒です

梅と容器と砂糖とお酒です

まずは梅酒を漬けるためのコンテナ。しっかりと密閉できるものがマスト。
瓶タイプのものもありますが、これはプラスチック製なので本体が軽いのもポイントです。

容量は3Lを選びました

容量は3Lを選びました

そして青梅です。5月〜6月のシーズンであれば比較的入手しやすいですが、シーズンオフは冷凍されているものや、このように甘露煮になっているものを探す必要があります。今回材料を手配したのは1月だったため、ひすい梅の甘露煮タイプを入手しました。

梅がなければ始まらない

梅がなければ始まらない

そして、日本酒です。今回の梅酒づくりで、最も注意しなければいけないのが日本酒!
なんでもいいわけではなく、必ず20度以上のアルコール度数があるものを選ばなければいけません

一般的な日本酒は15度前後のものが多いのですが、20度以下のアルコールを使って家庭で果実酒を漬けると酒税法違反(!)となってしまうため、必ず20度以上のものを選びましょう。

梅酒用の清酒「梅ちゃん」

梅酒用の清酒「梅ちゃん」

アルコール度数20度です!

アルコール度数20度です!

ちなみに、そのまま飲んでみるとかなりキツイ!
喉にカッとくる強さがあり、そのまま楽しむには厳しい味です……。

最後に氷砂糖です。日本酒1.8L、梅1sに対し、砂糖は300〜800gが目安とのことで、今回は500gで漬けることにしました! 焼酎などで漬ける梅酒に比べ、日本酒には糖分が含まれているため、お砂糖控えめでいいそうですが、お好みで調整してくださいね。

分量はお好みでどうぞ

分量はお好みでどうぞ

梅酒づくり開始!

それでは梅酒を漬けていきましょう!
ですが、梅酒が飲めるようになるまでには最低でも3か月かかります。

まずは、漬けるコンテナを消毒します。煮沸消毒が理想ですが、大きな瓶では難しいため、アルコール消毒をしてキッチンペーパーで拭きとる方法でもOK。なお、吹き付けたアルコールは完全に拭き取りましょう。

今回は除菌スプレーを使いました

今回は除菌スプレーを使いました

次に、梅と氷砂糖を交互に入れていきます

次に、梅と氷砂糖を交互に入れていきます

梅と氷砂糖をすべて入れたら、日本酒をゆっくりと注いでいきます。

梅と氷砂糖をすべて入れたら、日本酒をゆっくりと注いでいきます。

日本酒を注ぎ終えたら、フタをしっかりと閉めて完成です!
できるだけ涼しく、直射日光の当たらない場所で3か月以上保管しましょう。

2日後には氷砂糖が完全に沈んでいました。砂糖が見えている間は2〜3日に1回はゆっくりと瓶を回し、中身を混ぜます

2日後には氷砂糖が完全に沈んでいました。砂糖が見えている間は2〜3日に1回はゆっくりと瓶を回し、中身を混ぜます

3か月経過……味は?

その後の経過を見ていきましょう!
見た目は変わってくるのでしょうか?

1か月後

1か月後

漬けて1か月後にはこんな感じです。氷砂糖は完全に溶け、お酒の色が濃くなりました。

2か月後

2か月後

2か月後にはさらに色が濃くなり、梅が漬かってきているのがわかります。

3か月後

3か月後

3か月後は少し琥珀色に変化し、梅もいい感じにしんなりと漬かってきました!

3か月経過したら飲めるようになります。さっそく飲んでみましょう!

3か月経過したら飲めるようになります。さっそく飲んでみましょう!

おお、おいしい!

おお、おいしい!

お酒の強さはなくなり、まろやかになって甘さがしっかり全体に染みわたっています! 市販のものよりも梅の味がダイレクトに感じられ、さらに豊潤な甘味&旨味を感じることができました。また、時間が経つにつれ(漬かり具合が変わるにつれ)味がだんだんまろやかに変わるのも楽しめました。
ロックでも飲みやすく、ぐいぐいと飲めてしまいます。

暑くなるこれからの季節には、ソーダ割りもおいしく飲めそうですよね!

さらに1年以上漬けることで、よりまろやかな味に変化していくそうで、ゆっくりとその味わいの変化を楽しめるのもおもしろい!

少しずつ味わいの変化を楽しみながら、じっくりと「育てる梅酒」、今年はぜひチャレンジしてみませんか? 飲めるのは、ちょっと先になってしまいますが……。

松本果歩

松本果歩

恋愛・就職・食レポ記事を数多く執筆し、社長インタビューから芸能取材までジャンル問わず興味の赴くままに執筆するフリーランスライター。Twitter:@KA_HO_MA

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る