レビュー

10分漬けるだけで燻製が作れる!? 魔法の液体「燻製の素」がスゴかった

おいしいけど面倒くさい燻製(くんせい)

酒のつまみとしてサイコーな燻製料理

酒のつまみとしてサイコーな燻製料理

ここ数年、外に飲みに行くのがはばかられる世の中でしたね。そこで、家飲みのクオリティを上げようと、燻製料理を自作するために燻製鍋まで買ったんですが……。

あんまり使ってないですね

あんまり使ってないですね

確かに、自分で燻製した料理の味はサイコーですが、いろいろと面倒くさいことも多くて……。

燻製用のチップを用意して

燻製用のチップを用意して

食材を乾燥させて

食材を乾燥させて

燻製して……

燻製して……

後片付けも面倒です

後片付けも面倒です

こういう面倒なことは一切ナシに、調理器具も、チップも、火も、煙も不要で燻製料理が作れる調味料を見つけました。

漬けるだけでOKの「燻製の素」

永谷園の「業務用燻製の素」600g。名前がそのままズバリですね

永谷園の「業務用燻製の素」600g。名前がそのままズバリですね

なんと、食材をこの液に漬けるだけで、簡単に燻製(っぽい)料理が完成するようです。

原材料は以下のとおり。
砂糖(国内製造)、醤油、食塩/くん液、調味料(アミノ酸等)、酒精、カラメル色素、(一部に小麦・大豆を含む)

要は、燻製の香りが付いた漬け汁ということなんでしょうね。

フタを開けただけで、ものすごい燻製臭が!

フタを開けただけで、ものすごい燻製臭が!

これは期待できるかも!?

使い方は、薄めて10分間漬けるだけ

「燻製の素」に漬けるため、こんな食材を用意しました

「燻製の素」に漬けるため、こんな食材を用意しました

ちくわ、ミックスナッツ、味付け卵、ゆで卵、チーズ、サーモン。

まあ、燻製の材料としては定番ですね。

卵は通常、味付け卵にしてから燻製しますが、「燻製の素」自体にも砂糖や醤油の味が付いているので、味が濃くなり過ぎるかも?と思い、普通のゆで卵も用意しました。

作り方は簡単!

「燻製の素」を水で1:1に割って

「燻製の素」を水で1:1に割って

食材を入れたビニール袋に投入!

食材を入れたビニール袋に投入!

生ものは別の袋にしたほうがいいということなんで、いくつかに小分けしました

生ものは別の袋にしたほうがいいということなんで、いくつかに小分けしました

あとは10分程度漬けるだけ!

完成!

完成!

「燻製の素」から取り出した食材を軽く拭き取っただけですが、予想以上に燻製っぽい見た目&香り!

本物の燻製と食べ比べてみた

同じ食材で本物の燻製料理も作ってみたので、食べ比べていきます。

燻製したものと比べるとこんな感じ

燻製したものと比べるとこんな感じ

見た目にはそんなに違いがありませんね。

まずは味付け卵&ゆで卵をチェック

まずは味付け卵&ゆで卵をチェック

「燻製の素」のほうは、予想どおり砂糖や醤油の味が付くため、味付けナシのゆで卵でちょうどいいくらいの味になりました。「燻製の素」に漬けた味付け卵は、若干味が濃い! けど、これはこれでおいしい。

次に本当に燻製したほう。味付け卵は、さすがのおいしさです。ただ、味付けナシのゆで卵だと、やはり物足りないですね。

ガツンと来るスモーキーさでは、本当に燻製した味付け卵に軍配が上がるものの、「燻製の素」ゆで卵も、作る手間を考えたら十分アリです!

続いては、ちくわ

続いては、ちくわ

意外とダメだったのがちくわ。

練り物と燻製の相性はよく、本当に燻製したちくわはバッチリおいしいのに、「燻製の素」に漬けたほうは味が強過ぎました……。

食材自体に味が付いているものは、漬け時間を短めにしたほうがいいかもしれません。

チーズ

チーズ

「燻製の素」のチーズはスゴい!

元々、燻製チーズ自体が間違いのない味ですが、「燻製の素」に漬けると、燻香に加え、味もバッチリ染み込んで、また別のおいしい食品に!

これは、普通の燻製よりも好みかも!?

サーモン

サーモン

燻製鍋で作れる「熱燻」では、サーモンなどの生ものは熱が通ってしまうため、どうしてもスモークサーモンとは別物ができあがってしまいます。

いっぽう、「燻製の素」に漬けたサーモンは当然、熱が加わらないので、予想以上にスモークサーモンっぽく仕上がりました!

サーモンを熱燻するくらいなら、「燻製の素」のほうが断然イイ!

ミックスナッツ

ミックスナッツ

ナッツの香ばしさに燻製の香りが加わった燻製ミックスナッツは、やはりおつまみにバッチリ! しかし「燻製の素」に漬けたほうは……。

予想はしていましたが、液体に漬けたせいで香ばしさも食感もひどいことに……。これはダメだな。

チーズとサーモンがウマかった!

本当に燻製した食材と比べてしまうと、どうしても“燻製風”という感じはぬぐえません。それでも、チーズとサーモンあたりは「燻製したものよりいいかも!?」と思えるくらいのおいしさでした。火を通したくないものを燻製風の味にするには最適だと思います。

チーズとサーモンはこれからも普通に作ると思う!

チーズとサーモンはこれからも普通に作ると思う!

手軽に燻製気分を楽しめるのはもちろん、漬け汁の味で、食材もレベルアップしてしまう(しないものもあるけど)「燻製の素」。

普通に味付け用の漬け汁としても、いろいろと活用できそうです!

北村ヂン

北村ヂン

藤子・F・不二雄先生に憧れすぎているライター&イラストレーター。「デイリーポータルZ」「サイゾー」「エキサイトレビュー」他で連載中。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る