いいモノ調査隊
カレー×八丁味噌。いったいどんな味?

愛知県“愛”に満ち溢れた、絶品カレーをご紹介!

いいモノ調査隊員の間でも密かなブーム(?)の兆しがある“ご当地カレー”。幼少時代、名古屋の文化圏で育った筆者が紹介したいのはこちらの商品です。

あいちの牛すじどてカレー

愛知県の地図がデザインされたシンボリックなパッケージ。ここに地元の味覚が詰め込まれています

こちらは、愛知県稲沢市に本拠を置く、食品メーカー“オリエンタル”の商品です。“オリエンタル”はカレー粉のメーカーとして、名古屋をはじめとする東海地方であまりにも有名です。実は1945年に日本で初めての家庭用の即席カレールウを発売した老舗メーカーなのです。

そのオリエンタルの商品ラインアップのなかでも“名古屋の味”シリーズとして販売されているのがこちらの商品。愛知県の郷土料理である“牛すじどて煮”を、名古屋の代名詞である“八丁味噌”仕立てにしたレトルトカレー。もちろん八丁味噌も名古屋の老舗味噌メーカーの“カクキュー”のものを使用。さらに、愛知県が日本一の生産量を誇る“青じそ” も隠し味となっており、その名のとおり“愛知”の味覚が存分に詰まったコラボレーション商品です。

……と、ここまで愛知=名古屋をヨイショしまくった筆者ですが、実は食べるのは初めて。ここからは実食レポートになります。

レトルトパウチごと中身を温めて、白いご飯の上へ

レトルトパウチごと中身を温めて、白いご飯の上へ

香りは一般的なレトルトカレーです。辛さは中辛。スパイスが結構効いています。カレールウをひと口含むと、確かに八丁味噌のマイルドさ。ピリリとした辛さの中にもほんのり味噌の甘みが口に広がります。

また、牛すじはトロトロの舌触り。口の中で溶ける感じです。青じそは隠し味程度という感じ。スパイスの1つとして味や香りは溶け込んでいる感じです。あえて言うなら、牛筋と八丁味噌の独特な風味を引き締めて全体をバランスよくしている気がします。

八丁味噌ベースのカレーライス。意外な組み合わせに思うかもしれませんが、なかなか味わいのある逸品です。

えみぞう

えみぞう

日々のムダをとにかく省くことに執念を燃やす母ライター。好きな言葉は「時短・節約・自作」。なのに非生産的な活動にも必死になることも多々。意外にアウトドア、国際派。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る