いいモノ調査隊
自分で育てたキノコで「菌活」生活スタート!

水だけでぽこぽこ育つ、しいたけ栽培キットが超楽しい!

就活、婚活、朝活、妊活…など、最近「○活」が流行っています。そんな中、最近の注目「○活」が「菌活」。「菌活」とは、身体にいい働きをする菌を食生活に積極的に取り入れることをいいます。さて、身近な「菌」食材といえば、きのこ。どのスーパーでも手軽に買える食材ですが、自分で栽培したきのこを収穫して食べるというのはいかがでしょうか?

家で簡単にしいたけ栽培できる、「もりのしいたけ農園 しいたけ栽培キット」

家で簡単にしいたけ栽培できる、「もりのしいたけ農園 しいたけ栽培キット」

しいたけ菌が埋め込まれた栽培ブロック、ビニール袋、栽培説明書が入っています。栽培ブロックは、「国産広葉樹を粉砕したおが粉、穀物を主原料とした栄養、水、そしてしいたけ菌だけでできていて、有害なものは一切使用していないので、安心して栽培できます」と栽培説明書に書いてあります。

さて、栽培説明書に沿ってさっそく始めてみましょう。袋を開けて、栽培ブロックに水道水をかけて表面を濡らします。

なんだかシュールな絵ですね

なんだかシュールな絵ですね

次は間引き。すでに芽を出しているしいたけを間引きます。しいたけの芽は指でつまむと、ポロッと取れます。一般に、間引けば間引くほど、成長したしいたけ1つずつが大きくなりますが、間引かなくて、そのまま栽培をスタートさせても大丈夫。

次に、栽培ブロックを付属のビニール袋の中に入れ、ビニール袋の上部をクルクルッと巻いて、ピンチで留めます。そして、後はしいたけの芽が出てくるのを待ちます。

袋に入れて、軽く密封します

袋に入れて、軽く密封します

栽培ブロックの表面が乾くと、芽が出ないことがあるので、時々霧吹きで水を吹きかけてあげます。お手入れはこれだけでOK。室温が高いと、しいたけの栽培には向きません。日中は20〜23℃。夜間は18℃以下が適温です。今回は、まだしいたけ栽培には暑い気候だったので、冷蔵庫の中で育てます。

冷蔵庫を開けたら、しいたけがドーン!

冷蔵庫を開けたら、しいたけがドーン!

1週間後。しいたけの芽がぷっくりしてきています

1週間後。しいたけの芽がぷっくりしてきています

2週間後、傘ができて、しいたけっぽくなってきました!

2週間後、傘ができて、しいたけっぽくなってきました!

20日経ちました。傘が開きはじめたら、収穫時です

20日経ちました。傘が開きはじめたら、収穫時です

傘をもっと大きくしようと欲張らずに、傘の縁に巻き込みがあるうちに、ハサミを使ってできるだけ根元からカットします。収穫が遅れると、傘のヒダから胞子が飛んで腐ってしまうとのこと。この時、ハサミで栽培ブロックを傷つけないように注意しましょう。

上はまだ収穫には早いしいたけ。下のようになったら収穫時

上はまだ収穫には早いしいたけ。下のようになったら収穫時

今回は、全部で33個も収穫できました。でもまだ残っています。採れたての新鮮なしいたけをこんなに食べられるなんて、すごくないですか? 毎日成長していく姿を見るのも楽しいです。

33個も収穫できました!

33個も収穫できました!

このしいたけ栽培キットのうれしい点は、同じ栽培ブロックで2〜3回収穫できること。収穫し終わった栽培ブロックは、水をたっぷりかけてからビニール袋に入れて、約2週間休ませます。その間、ブロックの表面が乾いていれば霧吹きで水をやり、2日に一回は袋を下まで下げて酸素の入れ替えを行いましょう。

2週間後、栽培ブロックがスッポリ入る容器に入れて、水に浸けます。浮いてくるようでしたら、重しをして12時間以上放置します。

この浸水作業が終われば、またビニール袋に戻して、栽培ブロックの表面が乾かないように霧吹きで水をあげればOK。1回目と同じように芽が出て、傘が開き収穫できます。ぜひトライしてみてください。



(回遊舎/村越克子)
回遊舎

回遊舎

暮らしの中のかゆ〜い所に手が届く。そんな調査結果をお届けしていきます☆

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
生鮮食品・加工品のその他のカテゴリー
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る