いいモノ調査隊
【秋限定】ハロウィンの季節にピッタリなバウムクーヘンを注文してみた!

目にも口にも楽しい! まるでカボチャなバウムクーヘン

ハロウィンの季節にピッタリな、おもしろスイーツを発見したのでご紹介します! もう、その見た目がたまらずに、即注文してしまいました。

配送用のダンボールを開けると、こんな包みに入った状態でした

配送用のダンボールを開けると、こんな包みに入った状態でした

さらに包みを開けると、小ぶりな箱が

さらに包みを開けると、小ぶりな箱が

どーん! どう見てもカボチャです。でもこれ、バウムクーヘンなんです

どーん! どう見てもカボチャです。でもこれ、バウムクーヘンなんです

これを作っているのは、“ら・それいゆ”というお店。本当は、この前に発売されていた「スイカみたいなバウムクーヘン」がとても気になっていたんですが、残念ながら夏のシーズン限定販売とのことで、今のシーズンはこの「カボチャみたいなバウムクーヘン」が販売されているんです。そうそう、こちらも季節の商品だと思われますので、興味のある方は秋のうちにぜひお試しくださいませ。

大きさ比較用にカフェラッテを置いてみました。結構小ぶりな感じ

大きさ比較用にカフェラッテを置いてみました。結構小ぶりな感じ

ハロウィンといえばカボチャをくりぬいて作るジャック・オ・ランタンが有名ですが、あれを作るのはなかなか難易度が高そうですので、こんなカボチャ型バームクーヘンに目や口をつけて楽しんでもいいかもしれません。

切ると何層にも重ねられた生地の年輪が見えます

切ると何層にも重ねられた生地の年輪が見えます

カボチャを生地にも練り込んでいるんですかね、食べるとほんのり甘いカボチャの風味が感じられます。カボチャの中央にはカボチャのムースが詰められていて、これまたおいしい。バウムクーヘンの生地とはまた違う、やわらかい食感が楽しめました。そしてカボチャのヘタ部分はチョコレートでできていました。抹茶で色づけされているのかな? こちらはポリポリと食べられて、食感にいい変化がありますね。

筆者は写真の一切れを食べただけでお腹いっぱいになってしまったので、残りは知り合いのご家族におすそ分け。そちらでも、お母さんや娘さんたちにとても好評だったそうです。ちなみにこのバウムクーヘンの生地は、小麦粉ではなく国産の米粉が使用されているそうです。小麦粉に比べて低カロリーで、栄養価も高いんだそうな。もっちりとした食感や口溶けのよさなども、この米粉のおかげみたいですねっ。

商品の配送は、クール便で冷凍された状態で届きます。そのまま冷凍庫に入れて2週間くらいは賞味期限があるみたい。食べる時は、冷蔵庫へ移してゆっくり解凍させます。お店の説明では1〜3時間でOKとのことでした。ちなみにうちの冷蔵庫では3時間ほど置いた状態でムースやバウムクーヘンがまだ少し固いかなぁ? という印象。ふわふわ感を味わいたい場合は、解凍時間をもう少し多くとったほうがいいかもしれません。それから、解凍した後は冷蔵庫保存で3日以内に食べるように、とのことでした。

目にも口にも楽しいカボチャのバウムクーヘン、筆者も今度はお祝い事などの差し入れで持って行けたらいいなと思っています。あ、注文から到着までは少し時間がかかることがあるので、ハロウィンに間に合わせたい場合は場合は気をつけてくださいね!

かややん

かややん

1972年、神奈川県横須賀市生まれ。任天堂ハード系専門誌「NintendoDREAM」でいろいろやってます。好きな物は任天堂と1980〜90年代のパソコン、パソコンゲーム、アーケードゲーム。Mac大好き。あとプログレッシヴロックと少女まんが。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る