いいモノ調査隊
知る人ぞ知る、静岡のB級グルメが缶になりましたよー!

静岡県のB級グルメ「黒いおでん」って知ってる?

おでんがおいしい季節となりました。最近では、コンビニで気軽に買って食べられるおでん。家族の都合でさまざまな土地を渡り歩いて育ったえみぞうですが、ご当地モノで驚いた食べ物の1つに「静岡おでん」が挙げられます。

驚きの理由は、真っ黒なスープ。三重県で体験した、真っ黒なおつゆの「伊勢うどん」も初めて見た時にはかなりの衝撃でしたが、牛すじで出汁を取ったこちらもそれと同じくらい目を疑いました。

「静岡おでん」のもう1つの特徴は、“黒はんぺん”と呼ばれる静岡ならではのはんぺん。実は静岡で“はんぺん”と言えば、黒はんぺんが標準で、私が「黒いはんぺん!?」と驚いた際に、「世の中に黒いはんぺん以外に何色があるの?」と聞き返されたくらい、静岡で生まれ育った友人たちの多くが黒いはんぺんが一般的だと信じていました。ちなみに黒はんぺんは、イワシやアジ、サバなど黒っぽい魚のすり身から作られています。骨ごとすり潰して使用するため、ザラザラとした歯ごたえのある食感があるのが特徴。

しかしながら、見た目の印象とは違い、お味は濃厚ながらクセがなく、意外にあっさりとしています。しかも、一般的なおでんよりもパンチがきいているので、地元ではおやつやおつまみとしてもよく食べられています。

そんなB級グルメ的なご当地おでんですが、地元以外ではなかなか味わうことがありません。時々、ともに上京している学生時代の友人たちが帰省した際にお土産に買ってきてくれたりもするのですが、もっと気軽に食べられないかなと思ってネットで調べてみたところ、缶詰の「静岡おでん」が存在することを知りました。

知る人ぞ知る、静岡のB級グルメが缶詰に!?

知る人ぞ知る、静岡のB級グルメが缶詰に!?

缶の上に折り畳み式のミニフォークが付いています

缶の上に折り畳み式のミニフォークが付いています

とはいえ、缶詰のおでんというのは以前食べたことがあるのですが、あまりおいしかった記憶がありません。缶詰となると、オリジナルの味をどれだけ再現できるのだろうか? とちょっと不安に思いながらも試しに1つ購入してみました。

そこで、手始めとして選んだのが、「静岡おでんの会」との共同開発が謳われた商品。静岡おでんに熱意を持つ人々たちが商品開発に関わっているのであれば、妥協せず、クオリティーもそれなりに高い気がするためです。

そしていざ開封の儀。過去に度肝を抜いたあの黒いスープが現れ、まさしく「静岡おでん」です。中身は牛すじ、うずらのたまご、昆布、ちくわ、こんにゃくが各1個、そしてもう1つの特徴である、黒はんぺんは2個入っていました。

これぞ「静岡おでん」のスープの色

これぞ「静岡おでん」のスープの色

中身を器に移し替えて、レンジで3分温め

中身を器に移し替えて、レンジで3分温め

肝心のお味ですが、ダシがしっかりきいた、まさしく本物の味を再現しており、なかなかのものでした。具材もしっかり味が染みていて、ひと口含むほどに懐かしの所縁ある土地の味が甦ってきて、まとめ買いすればよかったと軽く後悔しました。

「静岡おでん」の象徴である、黒はんぺんは2枚入り! さすがです

「静岡おでん」の象徴である、黒はんぺんは2枚入り! さすがです

おでんの定番具材、ちくわもこのとおりの色に!

おでんの定番具材、ちくわもこのとおりの色に!

しかしながら、「静岡おでん」というのは、これにさらに、ダシ粉、青のりをふりかけて食べるのが地元ならではの味わい方。残念ながら別添でこれらは付属していないので、初体験の方はぜひこの2つもご用意した上でご賞味くださいませ。ちなみに、地元民の間では「しずおかおでん」ではなく、正しくは「しぞーかおでん」と発音します。

えみぞう

えみぞう

日々のムダをとにかく省くことに執念を燃やす母ライター。好きな言葉は「時短・節約・自作」。なのに非生産的な活動にも必死になることも多々。意外にアウトドア、国際派。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る