いいモノ調査隊
リアルタイムで見ていた人にはタマラナイ!

あの「西部警察」のスーパーZが超精巧ミニカーになっちゃった!

派手な爆破と手に汗握るカーチェイスでいつ見ても血沸き肉踊る、80年代を代表する刑事ドラマ「西部警察」。劇中に登場したあこがれの大門軍団特殊車両がミニカーになっていると聞きつけて、さっそく購入してきました。

今回ご紹介するのはこちら、大門団長専用車である「スーパーZ」。

トミカリミテッド ヴィンテージ NEO 西部警察04 スーパーZ LV-NEO

「西部警察」の代名詞とも呼べるスーパーマシンが「トミカリミテッドビンテージ」シリーズから登場です

トミカが誕生した1970年以降の名車で、トミカで商品化されていない車を商品化する高級トミカ「トミカリミテッドヴィンテージNEO」。

70年代の名車が続々と商品化されていますが、同じ車種でもグレード違いやタイプ違いなど、かなりマニアックな車種も販売され、ミニカーユーザーはもちろん、実車好きにも好評のこのシリーズ。そのオヤジ世代を見事にとらえたコラボがこの「西部警察」シリーズです。

商品はブック型のパッケージに入っていて、ミニカーと収納箱、開発者のインタビューなどが記載されています

商品はブック型のパッケージに入っていて、ミニカーと収納箱、開発者のインタビューなどが記載されています

さっそく開封です さっそく開封です

さっそく開封です

日産フェアレディZ:S130をベースに改造されたスーパーカーです。

ゴールドのメッキが映えますね。当時のスーパーカーの憧れ、翼のように上に開くガルウイングドアに改造されています。ここから渡哲也演じる大門団長が颯爽とおりてくるんですよね。映像の中では催涙弾や煙幕発生装置を展開するなど、トンデモスーパーカーでした。

「トミカリミテッドビンテージ」シリーズのほかのフェアレディZと並べてみると、いかに「SUPER Z」が改造されているか一目瞭然ですね

「トミカリミテッドビンテージ」シリーズのほかのフェアレディZと並べてみると、いかに「SUPER Z」が改造されているか一目瞭然ですね

このサイズのミニカーとしては、お値段お高めの設定ですが、ボスの石原裕次郎さながら、ブランデーグラスを片手に、ドカーンでバキューンな「西部警察」の話をつまみに、ミニカー鑑賞などいかがでしょうか?

マッシー

マッシー

「月刊PCエンジン」誌で編集ライターデビュー。「64DREAM」誌デスクを経て前職はXbox 広報のゲーム漬け人生。猫とガンプラとaqoursが存在理由のホビー担当。

関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る