いいモノ調査隊
あまった紙で“折り紙の紙”を作れます

はさみ、カッター不要。「ビリッ!」でチラシがおりがみに。

チラシ、裏紙…、不要な紙が自宅にたくさんあるので、「おりがみ」をわざわざ買うのはもったいない。でも、子どもに「じゃあ、おりがみの紙つくってよ」と言われると、それはそれで面倒くさい。

今回筆者が目をつけたのは、不要な紙で簡単におりがみが作れる道具。その名もズバリ「おりがみ工場」です。

おりがみ工場

土台と透明プレートに分かれている本体

透明プレートを持ち上げて、土台に不要な紙をセット。左下の隅に紙をしっかり揃えます。

紙を固定するために、透明プレート右上の丸い部分を指で押さえます

紙を固定するために、透明プレート右上の丸い部分を指で押さえます

紙の角から手前側にゆっくり引きながら、紙を切り取る。左右で力の加減が均等になるよう切り取るのが、キレイなおりがみを作るポイント。

少し手前に強く引っ張ってしまったため、横の辺にガタツキが…

少し手前に強く引っ張ってしまったため、横の辺にガタツキが…

紙の固定位置を変えることで、15cm四方の大きいサイズ、7.5cm四方の小さいサイズの2パターンのおりがみが作れます

紙の固定位置を変えることで、15cm四方の大きいサイズ、7.5cm四方の小さいサイズの2パターンのおりがみが作れます

せっかく作ったので、折り鶴を作成してみました

せっかく作ったので、折り鶴を作成してみました

おりがみ作りの段階から楽しめ、刃物を使わず本当にラクに作れるので6歳の息子と一緒に遊ぶにはもってこい。ビリッと切れる感触が気持ちよく、ついついおりがみ作りに夢中になってしまいます。

(回遊舎/綱川晶子)

回遊舎

回遊舎

暮らしの中のかゆ〜い所に手が届く。そんな調査結果をお届けしていきます☆

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
ページトップへ戻る