いいモノ調査隊
大人のほうがワクワクしちゃうかも?!

超本格的。YAMAHAライセンスの“ソリ”がかっこよくて楽しい!

学生の頃はシーズンごとにスキー場へ行き、朝から晩まで滑りまくっていた筆者。あれから数十年。仕事や結婚、子供の誕生などでスキー場に足を運ぶ機会は徐々に減り、ここ数年はまったく行かなくなっていました。

そんな折、久しぶりにゲレンデに行きたくなり、子供が遊ぶ用のアクティビティーグッズをいろいろと検索していたところ、めちゃくちゃ格好いいソリを見つけました。スノーバイク型のソリです。

送られてきた箱はいいモノ調査隊での調査史上、最大の大きさ!

マジでビジュアルは超本格的です

マジでビジュアルは超本格的です

箱に「YAMAHA」と書いてありますが、正真正銘のYAMAHAライセンス商品とのこと。これは男心がくすぐられます。さっそく中を確認してみましょう。

箱から取り出した部品の全容

箱から取り出した部品の全容

おもしろいのが、まるでプラモデルのようにディテールを飾るシールがついていること。

YAMAHAエンブレムからライト部分まで細部にこだわっています。ガソリンの給油口を想起させるシールまであるくらい

子供が楽しめるというよりも、大人が夢中になって組み立てたくなる逸品です。さあ組み立て開始。

なんだこのワクワク感は!

なんだこのワクワク感は!

骨組みは金属製のパイプで、フロント部分やクッションシートも装備。スキー板部分も結構な長さです。

子供を差し置いて、組み立てに夢中になる父

子供を差し置いて、組み立てに夢中になる父

組み立てるにあたり、必要な部品や工具も揃っています。説明書にのっとり組み立てていけば簡単に完成。前部のサスペンションはやや硬めでしたが、1人で組み立てることができました。

組み立て完成。まだ少し寂しいですね

組み立て完成。まだ少し寂しいですね

さぁ、ここでシールの登場。なるべくていねいに貼っていきます。

おおおお!! 一気に本格仕様のビジュアル

おおおお!! 一気に本格仕様のビジュアル

これを見てテンションが上がり、冬の寒い時期だというのに半袖+半ズボンでまたがる愚息。

自分も小学生の頃はこの時期にこんな格好していましたね…

自分も小学生の頃はこの時期にこんな格好していましたね…

本格仕様なのはビジュアルだけではなく、シートの位置を調整できたりスノーブレーキシステムが搭載されていたりと、大人も乗りたくなるような出来です。

さぁ、用意はできました。いざこのスノーバイク風そりを持って雪のあるところへ!!
行ってまいりましたのは富士山のふもとにある、「こどもの国」。

さぁ、もう少しで入り口! というところで、目を疑う看板を目にする筆者。

…

な、なんと使えるソリが決まっている!!!!
看板の前で立ち尽くすことしかできない筆者。

ソリも残念ですが、そもそも雪がない

ソリも残念ですが、そもそも雪がない

やむなく、船型のソリをレンタルして遊んで帰宅しました。

このままでは終われないと諦めず、翌朝、雪が積もることもある朝霧高原にソリを持って出かけてみました。

がしかし!

暖冬のせいか、ここもまったく雪がない始末…。

例年なら雪が積もるのに…

例年なら雪が積もるのに…

やむなく、グラススキーならぬグラスソリをしてみました。

雪はないですが、子供はおおはしゃぎ

雪はないですが、子供はおおはしゃぎ

これはこれで楽しい!

今回は雪上で遊ぶことはできませんでしたが、参考までにスペックを記載しておきます。かなり本格的な運転ができてスピードも出るようなので、ブレーキをうまく使いながら周囲に配慮して遊びたいですね。

・対象年齢:6歳以上
・本体サイズ:122×50×43.5cm
・本体重量:約9.5kg
・許容荷重:40kg
・ソフトなクッションシートはお子様の体格に合わせ前後に調節可能
・足踏み式フットスノーブレーキシステム搭載
・ハンドル操作で左右操舵可能
・ツインチップの足回りでバックOK
・格納式リーシュコード付きでスノーモービルや人力でのけん引が可能

今回学んだことは、この手のソリで遊ぶ場合気をつけなければならないことが2点あるということ
・遊んでよいゲレンデなのか
・ゲレンデに雪はあるか
スノーバイク風ソリをとことん楽しむために、この2点だけは事前チェックして出かけることにしましょう。

びーいーぴー

びーいーぴー

おいしい食べ物、楽しく食事ができそうなものに興味あり。気になったら、値段や大きさ、ニオイは二の次。とりあえず調査。ときには体を張ったレポートも厭わない、アラフォー2児の父。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る