いいモノ調査隊

「テープのり」が進化!ハンコみたいに、ポンポン押して貼るのり

修正テープの感覚で、本体を紙に沿って滑らせてムラなく糊付けできる便利さで大ヒットしたテープのり”tenori”シリーズ第2弾として、ポイント貼りに特化したユニークな文房具として新たに登場した商品「はんこのり」。まるでシャチハタを押すような感覚で、本体をポンポンと押し付けて糊付けができるという、これまでにはなかった発想の商品を試してみました。

はんこのり

見た目もかわいい「はんこのり」。印鑑ケースよりひとまわりほど大きいサイズです

見た目も印判のような形をした本体の先には、転写式の糊テープのローラーとバネ式のガイドがあります。これを判を押すのと同じ所作で上から軽くポンと紙に押し付けると、スタンプ面の糊が紙に転写されるといういたってシンプルな仕組み。転写された糊はおよそ7ミリ四方で、薄い青で色付けがされているので、場所がひと目でわかります。

スタンプ面。上から押した力でガイドのバネが縮んで、スタンプ面の糊が紙に転写されます 切手の裏に転写。転写された糊は薄い水色で、転写された場所がわかるようになっています

スタンプ面。上から押した力でガイドのバネが縮んで、スタンプ面の糊が紙に転写されます

切手の裏に転写。転写された糊は薄い水色で、転写された場所がわかるようになっています

……と、極々単純な仕組みの糊なのですが、実際に使ってみたところ、想像以上に使いやすい。領収書や小さなメモ、切り抜きなどを貼ったりするのにとても便利。手はもちろん汚れませんし、スティックのりのようにキャップを開けたり閉めたりする手間もなく、何より、ムラなく貼れるので、領収書やスクラップといった紙に貼りつける場合にも紙がよれずにとてもキレイに貼れます。しっかり吸着力があるので、4隅にポンポンポンと押して貼るだけでも剥がれません。糊というよりは両面テープを貼る感覚に近いです。1ヶ所に軽く貼っておくだけなら剥がすのも簡単で、仮止めや付箋紙的な使い方もできます。

また、ガイドはスライドしてスタンプ面より奥に押し込めて使うこともでき、少し横に倒して引けばtenoriと同じように任意の長さでライン状に糊付けすることも可能です。

ガイドを奥に押し込めてスタンプ面の角を使えば、テープのりのような使い方も 長いラインを引けば、封筒もまっすぐキレイに封ができます

ガイドを奥に押し込めてスタンプ面の角を使えば、テープのりのような使い方も

長いラインを引けば、封筒もまっすぐキレイに封ができます

テープの長さは6.5mで約600回スタンプすることができるそう。もちろん、テープ部分は交換式なのでなくなってしまっても詰め替えて永遠に使うことが可能です。

えみぞう

えみぞう

日々のムダをとにかく省くことに執念を燃やす母ライター。好きな言葉は「時短・節約・自作」。なのに非生産的な活動にも必死になることも多々。意外にアウトドア、国際派。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る