いいモノ調査隊
今年の年賀状は丸藤選手のように「万年毛筆」でカッコよくキメてみない?

「万年筆+毛筆」のハイブリッド筆記具が抜群の書き心地!

みなさん、こんにちは! プロレスリング・ノアの丸藤です! 実はオレは絵を描いたり、字を書いたりするのが好き。そんなオレが今回ご紹介するのはこちら! 「くれ竹万年毛筆 本毛 皮調 / 黒軸」!!

大きさは一般的なペンほど

大きさは一般的なペンほど

毛筆と万年筆のいいところを組み合わせたものだ。筆よりは手軽だが、筆ペンよりは本格的、といったところだろうか。

まずは箱。二重に納めらている。ずいぶんていねいだな。

なかなか高級感あり

なかなか高級感あり

まだ箱だ

まだ箱だ

箱を開けると、毛筆万年筆、スペアーインキ、取り扱い説明書。

万年毛筆がこちら

万年毛筆がこちら

スペアインクはあらかじめ3本入っている。これはちょっとうれしい。

スペアーインキ

スペアーインキ

取扱い説明書はこのサイズ(笑) ちょっと小さすぎないか…。

ずいぶんコンパクトだな。オレの手のサイズは普通だ

ずいぶんコンパクトだな。オレの手のサイズは普通だ

さて、本体を取り外し、透明インクからスペアインクに付け替え。

最初は透明のインキが入っている。これを差し替える

最初は透明のインキが入っている。これを差し替える

黒いインキを装着!

これで描けるぞ

これで描けるぞ

筆先がこちら。万年筆っぽくもあり、毛筆のようでもある

筆先がこちら。万年筆っぽくもあり、毛筆のようでもある

さっそく書いてみると、最初は透明の液体しか出てこないがだんだん黒いインクが出てくる。筆ペンに近いが、より筆らしいタッチだ。

まさに筆のようだ

まさに筆のようだ

年末も近いってことで…来年の干支である猿をググって出てきた画像を参考にしながら、ちょいと年賀状風のデザインを描いてみた。

2016年の干支である申を描いてみた

2016年の干支である申を描いてみた

どうだ? なんか、なかなかいい感じだ♪

これは描きやすい。インク式なので、毛筆のように墨をつける必要もない。今、なんでもパソコンやスマホで済まされてしまって、字を書いたり絵を描いたりすることは減っているかもしれない。気が向いたら筆を使ってみてはいかがだろうか? 気分転換や、違った気持ちを感じることができるんじゃないかな。





■丸藤正道
インスタグラム:https://www.instagram.com/naomichi_marufuji_/

■プロレスリング・ノア
オフィシャルサイト:http://www.noah.co.jp/
Facebookページ:https://www.facebook.com/pro.wrestling.noah.official?fref=ts
twitter:https://twitter.com/noah_ghc

もし良かったら試合に足を運んでみてください。会場で待っています!

丸藤正道(ノア)

丸藤正道(ノア)

プロレスリング・ノア所属のプロレスラー。得意技は不知火、虎王、タイガーフロウジョン。プロレスラーという職業を活かした商品を紹介したり、ときどき世界一〇〇なもののレポートをしています。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る