いいモノ調査隊

絶対に「液だれ」しない。究極の醤油差しを使ってみた

日常の中でちょっとしたことに対するイライラってありますよね? たとえば、外出先のトイレの便座が上がっていたりとか、時刻ピッタリにバス停に行ったらいつもより早くバスが行っちゃうとか、醤油皿に醤油をたらすと必ず液だれしちゃうとか…。挙げればキリがないかもしれませんが、今回は「醤油の液だれ」を解消するモノをご紹介します。

最近は、ちまたでもちらほら液だれしない醤油差しが出回っていますが、今回の醤油差しはちょっと違います。というのも、“世界一美しい、液だれしない”醤油差しなのです。言葉ではよく伝わらないとは思いますので、まずは動画をご覧ください。

そう、“シュッ”と醤油がボトルに吸い込まれるんです! こんなにキレイに醤油が切れるこの商品の名前はズバリ「THE 醤油差し」。まさに醤油差しの極みともいえるネーミング。構造を全面的に見直し、醤油の表面張力を利用したことで、このように“美しく”液だれせずに注ぐことができるのだとか。そして、液だれしないというだけでなく、見た目もすばらしいんです。

まずはこの透明感のあるガラス

まずはこの透明感のあるガラス

純度の高いクリスタルガラスが使用され、中に入っている醤油がよりおいしく見えます。たたずまいもシンプルで、これぞ醤油差しといった形。青森伝統工芸品「津軽びいどろ」の伝統的技法を持った指定工場で、職人さんの手によってたくさんの工程を踏んで作られているそうで、栓や注ぎ口の精度もすばらしいです。

シンプルなたたずまいがいい!

シンプルなたたずまいがいい!

さらに、醤油差しの注ぎ口によく見られる「くちばし」がないのもポイント。どこからでも注ぐことができる形なのに、醤油切れもいいんです。

この注ぎ口がミソ

この注ぎ口がミソ

容量は80mlと小ぶりな大きさで、鮮度が落ちないうちに使い切れるようにと考えられています。お醤油のほかに、お酢や少し高級なオリーブオイルを入れてもよさそう。見た目的にも、ボトルの美しさが映えるのは間違いないでしょう。筆者も、お酢とオリーブオイル用に追加で購入を検討しています。

みなさんも「THE 醤油差し」で液だれしない快適さとその美しさを体感してみませんか?

パッケージは桐箱に入って届くのでプレゼントにも最適

パッケージは桐箱に入って届くのでプレゼントにも最適

新婚祝いや新居祝いにもピッタリです

新婚祝いや新居祝いにもピッタリです

いいモノ調査隊員H

いいモノ調査隊員H

地元宮崎をこよなく愛する編集ライター。ついでに言うと、お酒、観葉植物、料理(=食べること)も大好きで、そのために生きているといっても過言ではない。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
SPECIAL
ページトップへ戻る