いいモノ調査隊
カリっとモチっとおいしいよ!

ギュッとしてチン。“食べられるカップ”でお弁当が華やかに!

「楽しくおいしいお弁当」を作れるお助けアイテム登場

ぽかぽか陽気で過ごしやすいですね〜。ピクニックなんか出かけちゃいたくなります。小学生のお子さんをお持ちの方は、今の時期、遠足などの準備で忙しくされているのでは?

お弁当って結構大変ですよね。半日くらい持つような食材や調理方法で、彩りよく、栄養バランスもよく、かつおいしく食べてもらえるように…と考えるとかなりハードルが高いです。

そんな「楽しくおいしいお弁当作り」の助けになりそうなグッズを発見したので、この場でご紹介させてくださいな。

食べる器 おいし〜CUP

食べる器 おいし〜CUP

ご紹介したいのがこちら。商品名のとおり「食べる器」が作れるグッズです。こいつ自体が食べられるわけではありませんのでご注意を〜。

アレですね。一見スープ用の魔法瓶にも見えます

アレですね。一見スープ用の魔法瓶にも見えます

分解するとこんな感じ。スープは入らなさそうですね

分解するとこんな感じ。スープは入らなさそうですね

百聞は一見にしかず。どうやって使うかさっそく実演していきましょうね。

ご飯を入れて、ムギュッとするだけ

さてさて、用意しましたのは味つけご飯。こいつを「食べる器」にしていきます。

のりたまを混ぜこんでみました。ふりかけの王道ですね

のりたまを混ぜこんでみました。ふりかけの王道ですね

「食べる器 おいし〜CUP」のほうには、アルミホイルをセットしておきましょう。

丸い底に沿ってアルミホイルを敷いておきます

丸い底に沿ってアルミホイルを敷いておきます

できたらご飯をよそって、カバーをかぶせて…

できたらご飯をよそって、カバーをかぶせて…

上からフタで押し付けます。ムギュッ!

上からフタで押し付けます。ムギュッ!

お米がつぶれるのを恐れずに、たっぷりのご飯を、ぎっちり詰め込んで、むっちり押しつぶしましょう。ここでご飯をケチると、器の強度に関わります。とはいえ必要なご飯は小さなお茶碗に半膳程度です。

しっかりと押し付けたら、アルミホイルのふちを引っ張って器を取り出します

しっかりと押し付けたら、アルミホイルのふちを引っ張って器を取り出します

ここまでできたら、アルミホイルに入れたまま、トースターで7〜8分チンします。なるほど、ただのご飯では崩れてしまうかもしれませんが、「焼きおにぎり」にしちゃえばかなり丈夫になりそうですね!
ただ我が家にはトースターがないので、電子レンジの簡易パン焼き機能で代用してみました。

チーン

チーン

しっかり持ててカリモチおいしい。食べる器のできあがり!

さてさて、チーンと7〜8分トーストした結果がこちらになります。

適度にパリッとしていておいしそう

適度にパリッとしていておいしそう

手に持ってみました。しっかりとした作りに仕上がってますね

手に持ってみました。しっかりとした作りに仕上がってますね

かじってみました。おお〜カリッともちっとおいしいです!

かじってみました。おお〜カリッともちっとおいしいです!

ふむ! 混ぜご飯を使えば彩りもいいし、食感も外側がカリッと、内側がもちっとしていておいしいです! しかも器の形をしているのでこんなこともできちゃいますね!

ミートボールとレタスでまるごと食べられるディッシュでございます

ミートボールとレタスでまるごと食べられるディッシュでございます

調子に乗っていろいろ作ってみました

調子に乗っていろいろ作ってみました

「器」と「中身」の組み合わせは無限大。アイデア次第でしばらくお弁当のバリエーションに困ることはなさそうです。お子さんのお弁当にお悩みのお母さまにおかれましては、もしよかったら手に取ってみてはいかがでしょうか、「食べる器 おいし〜CUP」。調査隊員Kでした〜!

いいモノ調査隊員K

いいモノ調査隊員K

「音楽とゲームとおいしいご飯があれば大体しあわせ」な編集ライター。インテリア、キッチン、雑貨方面を中心にいいモノをご紹介していきます。人間♂と猫♂と共同生活中。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
ページトップへ戻る