ニュース
炭火焼きの味を再現できる! グリルの掃除は超ラクチン!

IHクッキングヒーターはここまで進化!「火加減マイスター」最新モデルを体験してきた

調理の中心であるにもかかわらず、あまり「試す」機会がないのがビルトインのIHクッキングヒーターだ。それゆえに、「ガスコンロのほうが火力がある」「扱いが難しい」「魚焼きグリルがイマイチでは?」……などと思っている人も多いと思う。でも、じつは今どきのIHクッキングヒーターは格段に進化している。今回は、日立「IHクッキングヒーターの説明会」に参加し、最新IHクッキングヒーター「火加減マイスター HT-K300XTWF」(以下、HT-K300XTWF)の実力を確かめてきた。今どきのIHクッキングヒーターをまだ試していないという方の参考にしていただければと思う。

コンロ最大の問題点は「洗うのが面倒」なこと

日立の調査によると、コンロ購入時に重要視する最大のポイントは「グリルの清掃性」。従来の魚焼きグリルは、「水を入れる受け皿」「焼き網」を洗う必要があった。さらに、サンマなどの脂の多い魚を焼くと、庫内全体が脂まみれになり、掃除をサボるとグリル全体が魚臭くなる。

「クッキングヒーター購入時の重視点」で一番多かったのが「グリル部の清掃性」。皆、あの掃除は嫌なようだ

「クッキングヒーター購入時の重視点」で一番多かったのが「グリル部の清掃性」。皆、あの掃除は嫌なようだ

ところが、最近の高機能グリルは魚焼き時に水を入れる必要がなく、焼き網がないものがほとんど。底が波型になったグリル皿に魚を入れて「魚」メニューで調理すれば、自動的に両面をコンガリと焼いてくれるようになった。

HT-K300XTWFは、これらの機能に加え、「ラク旨グリル」と呼ばれるグリル皿を約4.1cmの深皿にすることで食材の油飛びを防止し、庫内が汚れないよう設計。そのため、グリル使用後の清掃はラク旨グリルを一枚を洗うだけでよい。今回の説明会でも、一度に5尾のサンマを焼いたが、焼いた後に庫内をウェットティッシュで拭いてもほとんど汚れが付かなかった。

フチが約4.1cmある「ラク旨グリル」。グリル皿は大きめのサンマが5尾入るサイズだが、重さが約530gと一般的なグリル用の皿よりも軽量で、洗浄時にストレスになりにくい

底面が波型になっており、肉や魚の余分な脂を落としてくれる。表面がフッ素加工されているので汚れもこびりつきにくい

サンマを焼いた後の庫内をウェットティッシュで拭いたところ。ほとんど汚れがついていないのがわかる

サンマを焼いた後の庫内をウェットティッシュで拭いたところ。ほとんど汚れがついていないのがわかる

シーズヒーターで炭火焼きの味を再現

もちろん清掃がラクなだけでなく、味にもこだわっている。HT-K300XTWFは、グリルのヒーターにIHではなく、シーズヒーターを採用。シーズヒーターは加熱時に放出される遠赤外線と近赤外線の割合が8:2と炭火に近く、焼き魚やハンバーグなどが炭火で焼いたようにこんがり焼きあがるとのこと。また、上下のヒーターを切り替えながら加熱することで、さらに「炭火焼の魚に近い」焼き方ができるという。ちなみに、この方法でサンマを焼くと、焼き上がりに20分以上かかるのだが、「快速」ボタンを押すことで13分ほどで焼くスピードコースも選択できる。シチュエーションに合わせて「味」と「スピード」を選択できるのはうれしいポイントだ。

庫内の上下にはパイプ状のシーズヒーターを配置。炭火焼に近い加熱ができるという

庫内の上下にはパイプ状のシーズヒーターを配置。炭火焼に近い加熱ができるという

本来ならば20分以上かかる「焼き魚」メニューも、快速ボタンひとつで時短が可能

本来ならば20分以上かかる「焼き魚」メニューも、快速ボタンひとつで時短が可能

写真は「快速」モードで焼いたサンマ。写真上が表、写真下が裏面。両面焼き対応なので、魚をひっくり返さなくても裏までコンガリ焼きあがる

また、驚いたのが脱煙機能を搭載することにより、煙や匂いがほぼカットされていること。サンマは魚のなかでも煙と匂いが出やすいが、グリルの排気口に手をかざすと熱い空気は排出されているにもかかわらず、煙やにおいはほとんど感じられなかった。ちなみに、脱煙機能は「パラジウム酸化触媒」によるもの。触媒の力で脱煙するため、フィルター交換などの必要がないという。

さらに、焼き上がり後にグリル皿がすぐに冷えることにも驚いた。一般的なグリル皿は、使用後30分ほどは熱くて素手で触れない。しかし、ラク旨グリルは使用後3分ほどで、素手で触っても問題なかった。今まで、グリル皿が冷えるまで待って洗っていた人も、これならばすぐに洗浄ができそうだ。

煙が上がりやすい焼き上がり寸前に、排気部に黒いボードをあてたところ。煙はまったく見えない

煙が上がりやすい焼き上がり寸前に、排気部に黒いボードをあてたところ。煙はまったく見えない

焼き上がり3分後にグリル皿を持ち上げたところ。少しぬるいくらいで熱くない

焼き上がり3分後にグリル皿を持ち上げたところ。少しぬるいくらいで熱くない

オーブン機能で調理できるメニュー大幅アップ

HT-K300XTWFは、グリル部で80〜280℃までのオーブン調理ができるのも特徴。ただし、グリル皿に使用している「フッ素加工」は250℃以上の熱に弱い。このため、オーブン使用時はホーロー製の「ラク旨オーブン」と呼ばれる平皿を使用する。グリル皿をオーブンで使用するという失敗を防ぐため、オーブン時にラク旨グリル皿を使用した場合は、センサーで感知。音声で注意を促すという機能も搭載している。

ラク旨オーブンは深さ約5.7cmあるので、パエリアなどの煮込み料理にも使える。熱さに強いホーロー製ながら、重さは約670gと手軽

「ラク旨グリル」と「ラク旨オーブン」、そして付属の蓋は重ねてグリル内に全部収納が可能。場所をとらない

「ラク旨グリル」と「ラク旨オーブン」、そして付属の蓋は重ねてグリル内に全部収納が可能。場所をとらない

グリル部でのオーブン調理は、一般的なオーブンよりも庫内が狭いため余熱時間が短いのが特徴。さらに、天板が小さい分オーブンよりも後片付けがラクなので、少人数のオーブン調理などに力を発揮しそうだ。

また、オーブン調理が可能になったことで、調理できる料理の種類が大幅にアップ。付属するレシピブックには、なんと250種類の料理が掲載されているという。今回の説明会では、HT-K300XTWFで調理できる料理の一部がふるまわれたが、パエリアやローストビーフ、鳥ハムなどのメイン料理から、フレンチトーストに焼きメレンゲなどのデザートまで幅広いオーブンメニューが用意されていた。

当日ふるまわれたオーブン料理の一部。このほか、クッキーや鳥ハムなど、オーブン料理だけでも豊富なバリエーションの料理が用意されていた

「焦げる」という失敗がないIH機能

調理で一番よく利用するであろうIH機能も進化している。なかでも注目を集めたのが、鍋の温度を一定に保つ「適温調理」機能。普通は「弱火」で調理していても、加熱を続けると鍋は高温になる。しかし、適温調理機能を使用すれば、鍋を120〜250℃までの10℃刻みで設定した温度に保つことができるのだ。

説明会では、一般的に「失敗が多い」といわれるホワイトソースを調理。温度を120℃に設定して鍋にバターを投入後、5分近くスタッフによる「適温調理」についての説明があったが、通常なら2〜3分で焦げてしまうバターがまったく焦げることなく調理されていた。また、IHごとに光センサーを搭載し、鍋の温度を管理。このため、途中で冷たい牛乳を入れると一気に鍋を加熱し、もとの120℃をキープしていた。

120℃調理ならばホワイトソースも失敗しにくい。5分近く放置したバターも焦げていなかったのには驚き

120℃調理ならばホワイトソースも失敗しにくい。5分近く放置したバターも焦げていなかったのには驚き

手前左右のコンロには鍋底温度を検知する光センサーを配置。冷たい牛乳などで鍋温度が下がるとすかさず加熱して温度をキープする

ホワイトソースと平行し、グリル部ではロールキャベツを調理。説明会後半では「ロールキャベツのホワイトソースがけ」として試食もできた

「IHは火力が低い」はウソだった?

「ガスのほうが火力が強い」と思っている人も多いかもしれないが、HT-K300XTWFは最大火力が3.2kWと非常にパワフル。説明会では、1Lの水をIHで沸騰させる実験を行ったが、2分半という短時間でボコボコと沸騰した。

IHクッキングヒーターでは2分半弱で1lの水が沸騰。350ml程度の水ならば、約1分5秒で沸騰するという

また、操作性のよさもHT-K300XTWFの魅力だと感じた。一般的なIHヒーターは左右の矢印ボタンで火力を調整する。しかし、本製品はこのカーソル操作のほかに「とろ火」「弱火」「中火」「強火」ボタンがあり、何度もボタンを押すことなく「強火」から「弱火」などに移行できる。また、使用中は液晶画面がとろ火なら緑、弱火は黄色、中火がオレンジ、強火で赤色に点灯。今の火力がひと目で確認できるのも便利だった。

火力に合わせて液晶の色が変化。ちなみに、火力は12段階で調整可能(中央は10段階)で、「強火」ボタンを1秒長押しすると最大火力にできる

今回説明会で使用した製品は、最近のキッチンに多い人口大理石に合わせたパールホワイトを使用。このほか、ステンレスカウンターになじむメタリックグレーも選択できる。

人工大理石になじむ色を目指したという「パールホワイト」(写真左)と、ステンレスカウンタートップに最適な「メタリックグレー」(写真右)

倉本 春

倉本 春

パソコン雑誌編集者からドッグカフェオーナーという、異色の経歴を経た家電ライター。家電を活用することで、いかに家事の手を抜くかに日々頭を悩ませている。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る