いいモノ調査隊
日本酒が好きな人も、ちょっと苦手な人も、一度お試しあれ!

大人気の日本酒「獺祭」で、スイーツ、カレー、石けんが作られていた!?

今回は「獺祭ずくめ」でまいりましょう

山口県の旭酒造が製造販売する「獺祭(だっさい)」という銘柄の日本酒はご存じですか? 海外でも人気が高く、筆者も好きな日本酒の1本です。中でも、酒米をこれでもかと23%まで磨いた「磨き二割三分純米大吟醸」は、日本酒の旨(うま)さをとことん楽しめる逸品として国内外で人気を博しています。参考記事はコチラ。そんな「獺祭」ですが、実は日本酒以外の商品もいろいろと販売されています。しかも、なかなか好評との噂(うわさ)。そこで、今回は「獺祭あれこれ」と称して、いろんな商品を購入してみました。

今回ご紹介するのはこちら

今回ご紹介するのはこちら

まずはメインの日本酒から

磨き二割三分純米大吟醸
まずは定番の日本酒からまいりましょう。純米大吟醸からセレクトしました。獺祭の純米大吟醸には精米歩合が「二割三分」「三割九分」「五割」の3種類があります。ちなみに純米とはお米と米こうじだけで作られている日本酒のことで、大吟醸とは精米歩合が50%以下で、かつ低温でゆっくりと醸造された日本酒のことをいいます。
一般的に精米歩合が低いほど雑味が少なくなり、繊細でいて華やかな旨みと香りが高まるといわれています。

今回は味見だけなので、180ml入りを購入。ほかには300ml、720ml、1.8Lのものがあります

今回は味見だけなので、180ml入りを購入。ほかには300ml、720ml、1.8Lのものがあります

実際に「獺祭 磨き二割三分純米大吟醸」をいただくと、スッキリとした口当たりのいい味わいながら、ほんの少し上品な甘みを感じます。ふくよかな旨みと気品あふれる香りが存分に楽しめる、まさに逸品です。刺身や焼き魚、薄味の煮物などの和食にベストマッチのお酒ではないかと思います。これは好みの問題ですが、和食でも味の濃い料理ではもう少しパンチの効いた「獺祭 純米大吟醸50」のほうが合うかもしれません。

透明感のある深い味わいは「獺祭 磨き二割三分純米大吟醸」ならでは。日本酒の奥深さを堪能できます

透明感のある深い味わいは「獺祭 磨き二割三分純米大吟醸」ならでは。日本酒の奥深さを堪能できます

専用グラスでもっとおいしい! 獺祭の“スパークリング”

獺祭 純米大吟醸スパークリング50・獺祭 フルートグラス
最近は各社から「松竹梅 澪」、「月桂冠 うたかた」、「一ノ蔵 すず音」といったスパークリング日本酒が発売され、その口当たりのよさから特に女性を中心に人気を博しています。筆者も以前「一ノ蔵 すず音」をご紹介したことがあります。しかし、これらのスパークリング日本酒は飲みやすさや口当たりのよさを意識しているためか、アルコール度数は5度前後といずれも控えめ。日本酒そのものの味わいを楽しむのとはちょっと異なります。
一方、今回ご紹介する「獺祭 純米大吟醸スパークリング50」のアルコール度数は日本酒と同程度の15度。米を5割磨いた純米大吟醸を瓶内で二次発酵させており、日本酒そのものの風味と旨味に加えて爽やかな炭酸の味わいも同時に楽しめます。

こちらも180ml入りを購入。ほかには360mlと720ml入りがあります

こちらも180ml入りを購入。ほかには360mlと720ml入りがあります

シャンパンのように硬い栓ではなく、誰でも簡単に開けられる栓になっています

シャンパンのように硬い栓ではなく、誰でも簡単に開けられる栓になっています

スパークリングなので振動は厳禁。中のお酒が吹きこぼれることがあるのでご注意を

スパークリングなので振動は厳禁。中のお酒が吹きこぼれることがあるのでご注意を

先ほど「ご注意を!」と書いておきながら、中のお酒が吹きこぼれてしまいました。とほほ…

先ほど「ご注意を!」と書いておきながら、中のお酒が吹きこぼれてしまいました。とほほ…

スパークリングなので、通常の「獺祭」よりもさらに口当たりがよくなります。ただし、アルコール度数は通常の日本酒と同じなので、飲みすぎにはご注意ください。
なお、酒米をさらに磨いた「獺祭 磨き三割九分 スパークリング」もあります。
また、今回は「獺祭スパークリング」専用の「獺祭フルートグラス」も購入いたしました。どうせなら、専用グラスでじっくりと楽しみたいですね。

残り少なくなったお酒を「獺祭フルートグラス」に注ぎます。専用グラスは細長く炭酸が逃げにくくなっています

おりのある濁り酒となっております

おりのある濁り酒となっております

アルコール度数は15度と日本酒とほとんど変わりません(先にご紹介した「獺祭 磨き二割三分純米大吟醸」は16度です)

「スイーツ」や「和菓子」の獺祭はいかが!?

獺祭 酒ケーキ
こちらは、獺祭の純米大吟醸酒を含んだ「獺祭 酒ケーキ」です。封を開けた瞬間に獺祭のいい香りが漂います。とてもしっとりとした食感で、お酒の味わいも楽しめますよ。甘みは抑え気味でさっぱりとした風味が特徴の大人のためのケーキです。紅茶にもコーヒーにもよく合います。
なお、アルコール分が2%以上含まれているので、アルコールが苦手な方はご注意ください。もちろん筆者にはピッタリ!! 大変おいしくいただきました♪

ケーキというよりカステラですね。でも、お子さんは食べられませんよ

ケーキというよりカステラですね。でも、お子さんは食べられませんよ

しっとりとした食感で、口に入れるとお酒の香りと味わいが一気に広がります

しっとりとした食感で、口に入れるとお酒の香りと味わいが一気に広がります

獺祭 米ぬかでつくったバームクーヘン
酒米を精米して磨いたときに出るのが米ぬか。この米ぬかを利用して作ったのが「獺祭 米ぬかでつくったバームクーヘン」です。米粉100%(うち40%が獺祭で使用される酒米「山田錦」の米ぬかです)で作られており、周りのグラス(白砂糖のデコレーション)に「獺祭純米大吟醸50」を使用しています。「獺祭 酒ケーキ」のように、日本酒の味わいを直接感じることはありませんが、適度な甘さの中に、“さくっ”と“もちっ”の2種類の食感と、米粉ならではの香ばしさが楽しめます。

米粉100%で作ったバームクーヘンです。これは珍しい

米粉100%で作ったバームクーヘンです。これは珍しい

外側は“さくっ”、中は“もちっ”の、2種類の食感が楽しめるのが新鮮!

外側は“さくっ”、中は“もちっ”の、2種類の食感が楽しめるのが新鮮! 一部の店舗で取り扱いがあるようです

獺祭 JUKKA(十火)
「十火 JUKKA」は「あられ とよす」で有名な、とよす株式会社が、今までの米菓子の枠にとらわれない新しいおいしさを追求したブランド。今回ご紹介するのは、獺祭と「十火 JUKKA」という2つの個性がコラボして生まれた商品です。原材料に獺祭を生みだす酒米「山田錦」も使用。さらに獺祭の酒粕をフリーズドライしたパウダーをまとわせ、お酒の風味も楽しめるような工夫がこらされています。
このシリーズにはさまざまなバリエーションがありますが、筆者が購入したのは「獺祭アソートS」というもの。「十火 JUKKA」の「恵 megumi 海苔」、「箔 haku トマト・チーズ」のこだわりの製法と素材はそのままに、「獺祭 純米大吟醸50」を加え、より味わい豊かで彩り鮮やかな米菓に仕上がっています。
なお、「恵 megumi 海苔」は山田錦100%、「箔 haku トマト・チーズ」は山田錦50%となっています。

獺祭と「十火 JUKKA」がコラボして生まれた新製品です

獺祭と「十火 JUKKA」がコラボして生まれた新製品です

「恵 megumi 海苔」(写真右)は海苔と米の風味をダイレクトに味わえ、紀州産南高梅の酸味がアクセントとなった逸品。「箔 haku トマト・チーズ」は、極薄のパリッとした食感でほのかなチーズ(写真左上)やトマト(写真左下)の風味が楽しめます

獺祭 酒粕あいす&獺祭 酒粕ソルベ
こちらは、北海道函館のアイスクリーム専門店である冨士冷菓が作っている、獺祭を使ったアイスクリームとソルベ(シャーベットどおり乳脂肪分が10%のアイスクリームなので、濃厚なミルク風味の中に日本酒の香りと風味が感じられます。酒粕が爽やかな味わいを醸し出しているためか、甘みも程よく、これはおいしいです!! アイス好きなら、日本酒が苦手という方でも、ぜひ一度はチャレンジしていただきたいお味です。

こちらのゴールドっぽいフタのほうが「あいす」

こちらのゴールドっぽいフタのほうが「あいす」

「あいす」のほうは乳製品なので白っぽくネットリ感があります

「あいす」のほうは乳製品なので白っぽくネットリ感があります

一方の「獺祭酒粕ソルベ」は、より日本酒の風味をストレートに感じられます。ただし、筆者には甘みがちょっと強すぎるように感じました。個人的には、酸味のソルベのほうが合うのでは? と思った次第です。
なお、「獺祭酒粕あいす」自体にはアルコールは含まれていません。日本酒好きの方は「あいす」にスパークリングを注いでいただくと絶品ですぞ。

こちらのシルバーっぽいフタのほうが「ソルベ」

こちらのシルバーっぽいフタのほうが「ソルベ」

並べてみると中身の色合いや見た感じが違うのがわかります。もちろん味わいもまったく異なります

並べてみると中身の色合いや見た感じが違うのがわかります。もちろん味わいもまったく異なります

「ソルベ」のほうはサラッとしていて、口の中でサッと溶けていきます

「ソルベ」のほうはサラッとしていて、口の中でサッと溶けていきます

永谷園とコラボした“ビーフカレー”のお味は?

獺祭 酒粕カレー
純米大吟醸の獺祭酒粕を使用したビーフカレーです。牛肉と野菜の旨味たっぷりの濃厚ルーに、獺祭酒粕を加えることで、まろやかな味わいに仕上がっています。辛さとしては中辛となっていますが、隠し味としてほのかな酒粕の風味を感じるためか、筆者はほとんど辛さを感じず、どちらかといえば甘口に近い辛さに感じました。
なお、獺祭の通販や店舗でも購入できますが、製造・販売は永谷園が行っています。

永谷園とのコラボで生まれた商品です

永谷園とのコラボで生まれた商品です

誰でも食べやすいまろやかな味わいに仕上がっています

誰でも食べやすいまろやかな味わいに仕上がっています

「酒蔵の人は手がきれい」をヒントに作られた「獺祭石鹸」

獺祭 石鹸(せっけん)
「酒蔵で働く杜氏・蔵人は手がすべすべでキレイ」といわれており、遠い昔から日本酒はお肌にいいとされていました。今では、大手酒造メーカーだけでなく、さまざまな会社から日本酒製造技術を生かした化粧品が登場しています。もちろん、「獺祭」からもスキンケア商品が発売されています。これまで、口に入れるものばかりをご紹介してきましたが、最後にご紹介するのは酒粕を使った無添加の手作り石鹸。「獺祭 磨き二割三分純米大吟醸」の酒粕がたっぷりと練りこまれた手作りの逸品です。実際に使ってみると、脂分がスッキリと落ちて、肌がキュッキュッとなるように感じるほどの洗い上がりです。ただし、ちょっと泡立ちが今ひとつなように感じたので、泡立て用のネットなどを利用するほうがいいかもしれません。
また、酒粕とはいいがたい独特の香り(個人的にはほうじ茶の出がらしを干して乾かしたときのような感じの臭いで、正直あまり爽やかなものではありません)があるので、このあたりは好みが分かれるかもしれません。

シンプルなデザインのキレイなパッケージです

シンプルなデザインのキレイなパッケージです

番茶のような素朴な色合いが手作りぽくっていいですね。また、型押しされている獺祭のキャラクター(魚を並べたカワウソ)もかわいいです♪

まだまだあるぞ獺祭グッズ

ここまでさまざまな獺祭グッズをご紹介してきましたが、これが全部ではありません。日本酒だけでもかなりの種類がありますし、お菓子でも米粉クッキーやせんべい、変わったところではTシャツや前掛けなんてものもあります。折りをみてご紹介していきますので、お楽しみに。

わたる

わたる

主に東京の湾岸エリアに生息しているが、中国、タイ、インドネシアなどでの発見情報もあり、その実態は定かではない。仲間うちでは「おっちゃん」と呼ばれることも。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
お酒のその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る