いいモノ調査隊
愛知県特産の赤味噌を使用って…おいしいの?

「赤味噌仕立て」の超個性派地ビールを飲んでみた!

名古屋の食材と言えば、まず思い浮かぶのが“赤味噌”。尾張地域にルーツがあり、幼少期を名古屋で過ごした筆者は、何でもかんでも味噌味だったり味噌だれを付けて食べていました。そんな名古屋が生み出した、超変わり種のビールを発掘。

赤味噌ラガー

見るからに赤味噌な色をしたビール。一見コーラのようにも見えます

その名のとおり、仕込みに麦芽とともになんと赤味噌を使用したラガービールです。手掛けているのは、地元で長年、清酒や味噌、ワインなどを手掛けてきた醸造メーカーの盛田グループが1996年に創業したブランド“金しゃちビール”。この商品以外にもさまざまな種類のビールを発売し、国内外でのコンクールで数多くの受賞歴を持つ地ビールブランドです。

なかでもこの商品は、原料の一部に愛知県特産の赤味噌を使用したかなりの個性派。ラベルの原材料名に記載された「豆みそ」が赤味噌にあたります。これまで全国津々浦々の地ビールや変わり種ビール、世界のビールを飲み比べ、さらに名古屋にルーツを持つ筆者にもビール×赤味噌というコンビネーションはまったく想像のつかない商品です。

原材料には“豆みそ”の表示。正真正銘の赤味噌ビールです

原材料には“豆みそ”の表示。正真正銘の赤味噌ビールです

という訳で、さっそく試飲! まずはグラスに注ぐと、紛れもなく赤味噌を想像させるカラーです。香りもホップやアロマを打ち消す、ほんのり味噌の香りで、口に含む前から「あぁ赤味噌だ!」と思わずニヤニヤしてしまうほどの個性派。

そして飲んでみても「あぁ、確かに赤味噌!」と思わず感嘆の声を挙げてしまったほど。味覚的には赤だしとビールを一緒に飲んだような感覚がありますが、最大の特徴はやはり“コク”です。お味噌のようなまろやかさのある不思議な味覚のビールです。しっかりとしたコクのお陰で、飲みごたえがあり、ゴクゴク飲むというよりも、おつまみと一緒に少しずつ堪能したい味わいです。お料理も焼き鳥や味噌鍋などやはり濃い味でこってりしたものがよく合います。

栓は王冠ではなく、プルトップ式なのでオープナーがなくても開栓できます。名古屋のシンボル“しゃちほこ”のイラストも

栓は王冠ではなく、プルトップ式なのでオープナーがなくても開栓できます。名古屋のシンボル“しゃちほこ”のイラストも

夏にグビグビというよりも冬にゆっくり味わいたい赤味噌仕立てのユニーク地ビール。珍しいモノ好きは一度トライしてみる価値のある商品です。

えみぞう

えみぞう

日々のムダをとにかく省くことに執念を燃やす母ライター。好きな言葉は「時短・節約・自作」。なのに非生産的な活動にも必死になることも多々。意外にアウトドア、国際派。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
お酒のその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る