いいモノ調査隊
東京をイメージしたビールってどんな味?

飲んで納得! “Tokyo”を表現したビール

以前調査隊でご紹介したワインのように深い味わいとスタイルでありながら、和のハーブを使用するなど和食に合うビールとして生まれた“馨和 KAGUA”。こちらを企画した日本クラフトビールが今年、新ブランドとして発売した商品をご紹介いたします。“東京”をテーマに製造されたビールということで、東京在住者としては試さずにはいられません。いったいどんな風にビールで東京を感じることができるのか、飲んでみました。

 Far Yeast

“東京ブロンド”と“東京ホワイト”の2種類。クールで洗練されたボトルデザインは“馨和 KAGUA”と同じく、東京藝術大学出身の建築家である宮崎晃吉氏が担当しました

まずは事前知識から。資料によると、“ネルソンソーヴィン”と“ニュージーランド・ザーツ”という2種類のアロマホップを組み合わせた独自のレシピにより、洗練された香り高さと華やかな飲み口を実現したとのこと。また、熱処理を加えず、工場から温度管理された状態で届けることで、ビールの持つ本来の“生”の魅力や生き生きとしたライブ感を楽しむことができるそうです。さらに、レシピは醸造ごとに調整されるため、味わいが変化し、進化していく様子が楽しめるとしています。なるほど、伝統と最先端が混じり合いながら日々進化していく、華やかな東京をイメージしたビールだと理解できました。

ラインアップは“東京ブロンド”と“東京ホワイト”の2種類あります。前者が上品な香りとスッキリ軽やかな飲み口が特徴のピルスナー系で、後者が華やかな香りとシャープな飲み口のホワイトエールビールです。

それぞれ飲んでみた感想は、まずは“東京ブロンド”は、透き通った芸術的な黄金色でまさに洗練された都会のイメージ。はじめに生クリームのようにまろやかでソフトな口当たりのクリーミーな泡が口の中に広がります。そして、舌と喉を通ると、渋い苦味が広がり、パンチがきいています。ソフトな一面と刺激的な顔を合わせ持つまさに“Tokyo”のイメージで、なるほどなぁと思いました。泡はコクがありながら、全体的にはまろやかで後味はとてもスッキリとしているので、イタリアンの濃いめの味付けにも合いそうです。決して雑味や苦味がない訳でもないのに、全体的にはスッキリしていて、その絶妙なバランスが洗練された大人のビールという感じです。

濁りの少ない美しい黄金色の“東京ブロンド”。注いだ後もなかなか消えない、重量感のあるクリーミーな泡が特徴的

濁りの少ない美しい黄金色の“東京ブロンド”。注いだ後もなかなか消えない、重量感のあるクリーミーな泡が特徴的

そしてもう1つの“東京ホワイト”も意外性の塊のようなビール。通常ホワイトビールというと、フルーティーで爽やかなイメージなのですが、それを思い描いていると最初からパンチがきいていて予想を裏切られます。というのも際立つのはピリピリとしたスパイシーな辛口のビール。ブロンドと違い、グラスに注ぐと泡はすぐに消えてしまい、全体的にサラッとした喉ごし。それなのに、ピリッと刺激的なのです。人間で喩えると、見た目はソフトなのに、中身は個性派というキャラクターな感じです。しっかりと麦の味がするので、ホワイトビールなのに飲みごたえがあり、ちょっとクセになるビールです。

“東京ホワイト”。パッと見のイメージはクールで洗練されたスッキリ系なのに、ひと口含むとピリリと小粒のきいた辛さが刺激的なビール

“東京ホワイト”。パッと見のイメージはクールで洗練されたスッキリ系なのに、ひと口含むとピリリと小粒のきいた辛さが刺激的なビール

正直なところ、実は飲んでみる前は、東京をイメージしたビールと言っても、なんとなくふわっとした感覚的な感じなんだろうなと想像していた筆者。でも、実際は企画した人の意図が論理的に瞬時に理解できるビールでした。東京をビールで表すとどうなるのか? 気になる人はぜひ一度飲んでみてほしいです。

朝日富士がモチーフの王冠のデザインもユニーク

朝日富士がモチーフの王冠のデザインもユニーク

えみぞう

えみぞう

日々のムダをとにかく省くことに執念を燃やす母ライター。好きな言葉は「時短・節約・自作」。なのに非生産的な活動にも必死になることも多々。意外にアウトドア、国際派。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
お酒のその他のカテゴリー
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る