いいモノ調査隊
ダイエッターにも安心!の大豆からできているヘルシーな麺「豆腐干絲」がおいしいんです。

中国が生んだ最強のヘルシー麺「豆腐干絲」って知ってる?

食いしん坊なので、ちょいちょい食べ歩きをする筆者。以前よく行っていた中華料理店で、ときどき前菜に出てきた謎の麺状の物体がずーっと気になっていました。見た目はストレート麺のような印象なのですが、食感が違う…粉ものの食感ではないんですね。何からできているのか正体不明でしたが、おいしいので「ま、いいか!」と食べていました。クセのない味わいで、自己主張することなく、どんな中華ダレとも相性がよくてイケる。小麦粉を原材料とする麺の食感とは違いますが、この謎の麺の食感も、なかなかいいんです。

最近やっと、ずーっと謎の物体だったものの名前と正体が判明しました! その名前は「豆腐干絲」…これで「トウフカンス」と読むのだそうです。そしてその正体は、豆腐を加圧して水分を抜き、干したものだったのです。日本でいうところの、高野豆腐? …いや、湯葉の干したものに近いかもしれません。厚手の湯葉の水分を抜いたものを干切りにして、麺状にしたものをイメージしてください。

これまでは謎の物体だったので、中華料理店で出てきた時にしか食べることがきませんでしたが、正体がわかったのでさっそく購入してみました。冷凍されて送られてきた豆腐干絲の梱包を解いてみたら…。

豆腐干絲

ぎょぎょぎょ! 思っていたものと色が違います。知っているアレは、もっと豆腐に近い白っぽい色だったはず。届いたものはアメ色の塊。「もしや違う食品???」…と焦ったのですが、解凍していくにつれ、思っていた色に変化しました。

豆腐干絲の下準備の仕方は…
1. まず解凍します。

豆腐干絲

2. 沸騰したお湯に入れて。

塊のまま鍋に投入!

塊のまま鍋に投入!

3. 約5分ゆでて、ザルにとり水気を切ります。

ゆでているうちに麺らしくなってきます

ゆでているうちに麺らしくなってきます

下準備ができたら、さっそくお料理を作ってみましょう! 中華料理店の前菜でよくあるのがサラダです。まずは記憶の中にある、あの前菜を再現してみようと思います。

豆腐干絲

中華だしを少量のお湯で溶き、下準備した豆腐干絲(短くカットします)と、千切りにしたにんじん、短く切ったパクチーとあえて、塩コショウで味を調えます。そこへ少量の黒酢をくわえ、最後にごま油をたらり。

再現度100%! やればできる子なんです

再現度100%! やればできる子なんです

もちろん、あわせる具材は、千切りにしたきゅうり、ハム、貝割れ菜、もやしなど、どんな具材でもOK。パクチーの代わりに、ネギやみょうが、しょうがでもマッチします。だって元は豆腐ですもの。味付けも、お好みのドレッシングをかければもっと簡単に「豆腐干絲のサラダ」が完成しますよ。

こちら豆腐ですから原材料は大豆。小麦粉から作る通常の麺よりも、糖質もカロリーも少ないのでダイエット中の食材としてもよさそうです。それに大豆は「畑のお肉」といわれるほどタンパク質を豊富に含んでいて、コレステロールも中性脂肪も体脂肪も下げる働きがあるとか。

調理方法はほかにもいろいろ。炒めものにもよさそうです。

準備したのはこちらの材料

準備したのはこちらの材料

フライパンに油を引き、まずはXO醤を。香りがたったら、下準備済みの適当な長さに切った豆腐干絲、牛肉、細切りにしたパプリカをくわえて炒めます。塩、こしょうで軽く調味し、香りづけにオイスターソースとごま油を入れたらできあがり。「炒蠣油豆腐干絲(今適当に名づけました)」のできあがりです。フライ返しで混ぜても、豆腐のように崩れないので扱いやすいですよ。

最後に片栗粉でちょっととろみをつければよかったと、食べながら後悔しましたが、味はめっちゃおいしかったです

最後に片栗粉でちょっととろみをつければよかったと、食べながら後悔しましたが、味はめっちゃおいしかったです

あとは、せっかく麺状になっているのですから、麺の代用品として使う手があります。しかも、通常の麺よりも糖質・カロリーオフですから、ちょっとした置き換えダイエットになります。まずは、「ジャージャー麺」ならぬ「ジャージャー豆腐干絲麺」を試してみます。

ジャージャー豆腐干絲麺

麺は下準備済みの豆腐干絲をそのまま使用します。フライパンで豚ひき肉を炒め、甜麺醤とXO醤で味付けて肉みそを作ります。豚ひき肉の分量を減らして、お好みでにんじん、しいたけ、玉ねぎのみじん切りを入れてもOK。また、細かく切った豆腐干絲をお肉の代わりに使ってもいいそうです。さらにヘルシーになりますね。最後にお好みで醤油や砂糖で味を調えればOK。辛いのが好きな人は、豆板醤などをくわえても。お皿に盛りつけた豆腐干絲の上に肉みそをかけ、千切りきゅうり(お好みで白髪ねぎ)を添えれば、「ジャージャー豆腐干絲麺」が完成です。

ジャージャー豆腐干絲麺

うまい! これはぴったりマッチします。この感じなら、冷やし中華もイケそうです。ジャージャー麺がイケるんだから、ミートソースをかけてスパゲティ風もありでしょう。夏の暑い時には、そうめん風につけダレで食べるのもいいかも。時間をおいても麺のように伸びないし、タンパク質をしっかりとれるのでまとめて下準備しておいて、キンキンに冷やしておけば夏バテ防止にひと役買いそうです。また、豆腐干絲自体にクセがないので、具にキャベツと豚肉を使って焼きそば風にソースで味付けした「豆腐干絲焼麺」もいけます。スープに入れてラーメン風、冬には鍋の〆にしてもいいかもしれません。すき焼きの具にもよさそう! 中国が生んだ最強のヘルシー麺、ぜひ一度味わってみてください。



(回遊舎/村越克子)
回遊舎

回遊舎

暮らしの中のかゆ〜い所に手が届く。そんな調査結果をお届けしていきます☆

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る