いいモノ調査隊

かわいいパンダが目にとまり、思わず購入してしまったものとは?

おもちゃ売り場を歩いていたとき、パッケージのパンダの写真が目にとまり、思わず手に取ったのが“世界の立体パズル”。よくよく見ると、様々なパーツを組み合わせて作る立体パズルとのこと。物は試しと、ひとつ購入し自宅で遊んでみました。

写真を見る限り、なかなかクオリティの高そうなパズルです

写真を見る限り、なかなかクオリティの高そうなパズルです

筆者はてっきりパンダだと思ってフタを開けたのですが、入っていたのはサイでした。中味はパズルのパーツと簡単な設計図?

筆者はてっきりパンダだと思ってフタを開けたのですが、入っていたのはサイでした。中味はパズルのパーツと簡単な設計図?

パッケージには約20パーツと書いてあったのですが、サイの場合は32パーツとやや多め

パッケージには約20パーツと書いてあったのですが、サイの場合は32パーツとやや多め

パーツだけを見たときは、完成するのか不安になりましたが、まずは形のはっきりしたところから作りはじめました

パーツだけを見たときは、完成するのか不安になりましたが、まずは形のはっきりしたところから作りはじめました

筆者の場合、なんとか30分ほどで完成いたしました。造形もしっかりしております

筆者の場合、なんとか30分ほどで完成いたしました。造形もしっかりしております

購入したときは分からなかったのですが、どの動物が入っているかは、‘開けてからのお楽しみ’と言うことのようです。今回購入したVol.1のシリーズには、ライオン、ゾウ、サイ、パンダ、コアラ、トラ、ブラウンベア、カンガルーの8種類の動物がいます。なお、セットで購入すれば重複もなく全種類そろうとのことでした。

しっかりした造形はもちろん、パズルとしての難易度もあって楽しめました。なにより頭と指先をつかうので、頭の体操にも役立ちそうです。

わたる

わたる

主に東京の湾岸エリアに生息しているが、中国、タイ、インドネシアなどでの発見情報もあり、その実態は定かではない。仲間うちでは「おっちゃん」と呼ばれることも。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る