今週発売の注目製品ピックアップ(2017年1月16日〜22日)

立体型オセロ「きのこの山VSたけのこの里 オセロ ゲーム3」などが登場

このエントリーをはてなブックマークに追加

今週発売される新製品の中から注目度の高い製品を、さまざまなカテゴリから横断ピックアップして紹介する連載「今週発売の注目製品ピックアップ」。今週は、メガハウスから明治チョコスナック「きのこの山」と「たけのこの里」をモチーフとした立体型オセロ「きのこの山VSたけのこの里 オセロ ゲーム3」や、パナソニックのミラーレス一眼カメラのエントリーモデル「LUMIX DC-GF9W」、JVCのビデオカメラ「Everio R GZ-RX670」を紹介する。

メガハウス「きのこの山VSたけのこの里 オセロ ゲーム3」

2017年1月18日(水)発売

メガハウスから、明治チョコスナック「きのこの山」「たけのこの里」をモチーフとした立体型オセロ「きのこの山VSたけのこの里 オセロ ゲーム3」が登場する。価格は1,980円(税別)。

ほぼ原寸大のリアルな「きのこの山コマ」と「たけのこの里コマ」の裏面を連結させたものを「オセロ石(いし)」として使用するボードゲーム。各コマを単体で使えば、はさみ将棋と四目(よんもく)並べの全3種のゲームで遊べるという。なお、オセロ石の丸型以外の立体化は、オセロシリーズ商品では初めての試みになるとのことだ。

セット内容は、盤×1、きのこの山コマ×36、たけのこの里コマ×36、シール×1、取扱説明書。盤の本体サイズは168(幅)×168(高さ)×30(奥行)mm。コマの全高は、きのこの山コマが全高30mm、たけのこの里コマが全高25mmだ。

パナソニック「LUMIX DC-GF9W」

2017年1月19日(木)発売

パナソニックから、ミラーレスカメラのエントリーモデル「LUMIX DC-GF9W」が発売。標準ズームレンズ「LUMIX G VARIO 12-32mm / F3.5-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S.」と単焦点レンズ「LUMIX G 25mm/F1.7 ASPH.」が付属する「ダブルレンズキット」をラインアップする。価格はオープン。

撮像素子に、有効1600万画素の4/3型Live MOSセンサーを採用したモデル。機能面では、自分撮り撮影時に秒間30コマの高速連写を行なえる「4Kセルフィー」、撮影後に好きなフォーカスポイントを選べる「フォーカスセレクト&フォーカス合成」モードに対応。独自の空間認識技術(DFDテクノロジー)と精度の高いコントラストAFによる「空間認識AF」も搭載した。

画質面では、ローパスフィルターレスのLive MOSセンサーと、モアレや偽色を低減処理で効果的に抑えるヴィーナスエンジンを装備。「マルチプロセスNR」により、解像感・質感を維持しながら、ノイズを抑えることが可能になった。

ボディには、180度チルトが可能な高精細約104万ドット3.0型タッチパネルモニターを搭載。自分撮り機能では、右手でも左手でも押せる「ダブルシャッター」、シャッターボタンを押さずに撮影を開始できる「自分撮りシャッター」、美しく自分撮りできる「ビューティー機能」、自分を含めたパノラマ写真「自分撮りパノラマ」、および背景をきれいに写す「背景コントロール(くっきり)」を搭載する。

このほか、撮影時にフィルター効果をかける「クリエイティブコントロール」にも対応。主な仕様は、動画撮影が最大5分の4K/30p記録に対応。外部記録媒体がmicroSDXC/microSDHC/microSDメモリーカードをサポート。Wi-Fi機能も備える。本体サイズは106.5(幅)×64.6(高さ)×33.3(奥行)mm(突起部除く)、重量は約269g(バッテリー、メモリーカード含む)。ボディカラーはオレンジ、シルバーを用意する。

JVC「Everio R GZ-RX670」

2017年1月19日(木)発売

JVCケンウッドのJVCブランドから、ビデオカメラ「Everio(エブリオ) R」のシリーズの新製品「GZ-RX670」が登場する。市場想定価格は75,000円前後(税別)。

「防水」「防塵」「耐衝撃」「耐低温」に対応した4つの保護性能クワッド・プルーフを搭載したモデル。大容量バッテリーを搭載しており、連続約4.5時間の長時間撮影を実現。市販のモバイルバッテリーからの充電にも対応する。

また、新たにホールド感と安定感にすぐれた「Y字グリップベルト」を採用。液晶モニターは、視野角の広い46万ドットの「広視野角フラット液晶モニター」を新たに搭載し、映像が確認しやすく、使い勝手を向上させている。

撮像素子は、1/5.8型の裏面照射CMOSセンサーで、総画素数が251万画素。レンズは、コニカミノルタHDレンズで、光学40倍ズームに対応するほか、画質の劣化を抑えたダイナミック60倍ズームも利用できる。手ブレ補正は、パワードアクティブモード搭載の電子式を採用する。

さらに、Wi-Fi機能を搭載し、スマートフォンアプリとの連携が可能。撮影機能では、高画質なプログレッシブ記録(1080/60p)に対応。大容量64GBの内蔵メモリーを搭載する。本体サイズは60(幅)×59.5(高さ)×128(奥行)mm。重量は約305g(内蔵バッテリー含む)。ボディカラーは、アクアブルー、マットブラック、サンドベージュ、サンライズオレンジの4色を用意する。

山野 徹(編集部)

山野 徹(編集部)

新しいもの好きで、アップルやソニーと聞くだけでワクワク・ドキドキ。デジタル好きだが、最近はアナログにも興味が出てきたアラフォー編集者。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
連載最新記事
連載記事一覧
2017.4.29 更新
ページトップへ戻る