特別企画
最新スマホから自動車、ビールサーバーまでを“本気買い”

価格.comマガジン編集部員「ボーナスでコレ買う!」2017夏

待ちきれなくてもう買っちゃいました! 「ヘルシオ グリエ AX-H1-R」

買った人:鎌田剛(編集長)
夏のボーナスで買いたい、いや待ちきれなくてもう買っちゃいましたよ、「ヘルシオ グリエ」! 昨年秋に発売されたときから気になってはいましたが、半年いろいろ比較して考えたうえでの決断です。確かにトースターとして考えると3万円弱の実勢価格は高いですが、ほかの高級トースターと違って、本機はトースト以外の調理に秀でているのがポイント。なんたって、小さくたって「ヘルシオ」。スチーム機能が少し付いただけの製品とはワケが違う。正しい「ウォーターオーブン」なのです。特に期待しているのは、総菜の温めと、焼きの機能。自宅では、10年来使っているオーブントースターがまだ現役で動いていますが、これで温めると、総菜なんかは水分が飛びすぎるし、焼きにはちょっと温度が足りない。コイツの強力な過熱水蒸気なら、間違いなくパリッと仕上がるはず! これで今日も酒が進む、進む。

ちなみに、購入してはいますが、まだ家で使ってはいません。なぜかというと、編集部の人間に製品レビューのために持って行かれちゃったから……。早く返して〜、僕のグリエさんを〜!

ヘルシオ グリエ AX-H1-R

ヘルシオ グリエ AX-H1-R

【関連記事】
・シャープ「ヘルシオ グリエ」を2週間使って感じた4つのイイところ!
・赤ワインにぴったり!「ヘルシオ グリエ」で作るローストビーフ
・試食レポあり! 「ヘルシオ」の原理を踏襲したトースターサイズの「ヘルシオ グリエ」誕生
・コンパクトなトースターサイズ。シャープ「ヘルシオ グリエ」が大人気!

「ヘルシオ ホットクック」か「バーミキュラ ライスポット」で悩んでます

買う人:中村真由美
仕事柄、家電に詳しい人がまわりにたくさんおり、製品を使ったリアルな評価が耳に入ってくるのですが、ひねくれ者な私は「いいモノだよ」と言われても、自分で体験しないとなかなか信じられずにいました。しかし、その考えは間違いだと、シャープ「ヘルシオ ホットクック」をレビューしたときに気付いたのです。前々から、ホットクックを使った家電ライターたちから「お世辞抜きで、ヘルシオ ホットクックはいい!」と言われていたにもかかわらず、疑いの気持ちがぬぐえず……。というのも、鍋の中を適切なタイミングでかき混ぜるユニットがあるぶん、洗い物の手間がかかりそうで、そこまでして調理の自動化を望む価値があるのか? という疑念があったからです。ところが実際に使ってみると、ラクなうえに完成した料理がうまい! 特に、無水調理は感動ものでした。普通の鍋に比べると洗い物の数は多いですが、それが懸念点にならないほどメリットのほうが多かったです。

ヘルシオ ホットクックには容量1.6Lの「KN-HT99A」と容量2.4Lの「KN-HT24B」

ヘルシオ ホットクックには容量1.6Lの「KN-HT99A」と容量2.4Lの「KN-HT24B」

ヘルシオ ホットクックをいっしょに使った60代の母も「欲しい、欲しい」と連呼していたので、ボーナスで買ってプレゼントするのもありかなと思いつつも、今回は、自分が気になっている「バーミキュラ ライスポット」を優先してしまうかもしれません(笑)。バーミキュラ ライスポットはあまりにも人気なのでご存知の方は多いでしょうが、簡単に説明すると、鋳物ホーロー鍋と専用IH調理器具がセットになった炊飯器です。炊飯メニューは、「普通」「おかゆ」「おこげ」のみとシンプルで、食感の選択や銘柄ごとの炊き分け機能はありませんが、バーミキュラ ライスポットで炊いたごはんを食べた家電ライターたちは、粒感と弾力があり、甘みも感じるおいしいごはんと大絶賛。冷えたごはんの味も格別なのだそう。この高評価のごはんを食べたいという気持ちもありますが、私が一番気になっているのは「ビビンバ」。材料を入れ、「おこげ」モードで炊飯するだけで石焼ビビンバのような仕上がりになるということで、想像するだけでヨダレが出そうです。なお、IH調理器具を利用しているため、炊飯だけでなく調理も可能。熱伝導性や蓄熱性が非常に高い鋳物ホーロー鍋だから、無水調理もお得意! 2017年6月8日時点の価格.com最安価格でも9万円強しますが、欲しい気持ちは日に日につのっています。

バーミキュラ ライスポット

バーミキュラ ライスポット

鋳物ホーロー鍋(左)は専用IH調理器具「ポットヒーター」(右)がセットになっています。ホーロー鍋はガスコンロにかけて調理することも可能

【関連記事】
・話題の炊飯器「バーミキュラ ライスポット」がやはりスゴい! 家電ライターも衝動買いした炊き具合とは?

“本当に全自動”なデロンギ 「マグニフィカ」

買う人:桜庭智之
夏ボーナスで買いたい!と考えているのが、デロンギの“全自動”コーヒーマシンです。自宅で新鮮な豆を挽いて淹れるコーヒーが最も美味しいと思っている筆者なのですが、面倒なのが“豆を挽く”という作業。手動のコーヒーミルって、意外にも挽くのに結構な力が要るのと時間もかかるんです。特に忙しい朝には、美味しいコーヒーを飲みたいのに飲めず仕舞いということもしょっちゅう。

そこで、デロンギの全自動コーヒーマシンです。スターバックスにも採用されていることで有名なデロンギが凄いところは、"本当に全自動”なこと。

マグニフィカ ESAM03110S

マグニフィカ ESAM03110S

デロンギの全自動コーヒーマシンは、多くのコーヒーメーカーと違って水と豆さえ入れておけば、最適な水温と豆量を計ってから豆を挽いてくれて、さらにコーヒーをカップにまで注いでくれます。そう、スタバなどに置いてある、あのいかにも高そう! なマシンが家で実現できるんです。

さらに凄いのは、カップへ注いだ後に豆のカスも捨ててくれて、内部洗浄まで自動でしてくれること。これなら忙しい朝でも、ボタンをポチッと押せば全て自動でコーヒーを入れて後処理までしてくれるので、とても楽チンです。

もちろん、豆を挽くカッターや抽出にもこだわっているので美味しいコーヒーが入れられます。また、挽きの細かさやお湯の温度など、自分好みのコーヒーに細かくチューニングすることもできるなんて、わくわくしますね。

そして、デロンギの全自動コーヒーマシンのもうひとつすごいところは、エスプレッソ抽出なこととミルクフロッサーがついてますので、本格的なエスプレッソからカプチーノ、カフェラテまで淹れることができること。もう、デロンギさえあれば完璧な“おうちカフェ”が実現できるんです!

工場直送の新鮮な「一番搾りプレミアム」が自宅で毎日飲める! 「KIRIN Home Tap」

買う人:牧野裕幸
筆者は毎日、会社から自宅に帰ってきて缶ビールで晩酌するのを楽しみに生きています。でも“いい歳”ですし、そろそろ晩酌のレベルを上げたい! と思っていたら、キリンビールがやってくれました。ついに、居酒屋の“生中”レベル、いやもしかしたらそれ以上においしいかもしれない“高級な「キリン 一番搾り」”を自宅で飲めるようになったんです!

工場から作りたてのビールを直接家庭に届けるサービス、KIRIN Home Tapが2017年6月1日から全国展開をスタート

それを実現するのが、工場直送サービス「KIRIN Home Tap」。会員限定のサービスで月額制(後述)。契約すると、専用ビールサーバーがレンタルでき、毎月2回「Home Tap01 一番搾りプレミアム」がビール工場から自宅に届きます。

Home Tap01 一番搾りプレミアムは、ギフト限定で発売されている「一番搾りプレミアム」がベース。これは、ビールのおいしいところを凝縮した「一番搾り麦汁」のみを使い、ホップは東北産ホップ「かいこがね」の第一等品を厳選したというプレミアムビール。そのレシピを専用ミニブルワリーでていねいに仕込み、豊かな麦の旨みと深く華やかな香りを実現しています。そしてこれをビールサーバーから注ぐことで、爽やかで軽やかな飲み心地が楽しめるそうです。

気になる月額料金は、基本料金と毎月2回のビール配送で7,452円(税込)。ビールサーバーのレンタル費用や、その使用に必要なビアラインと炭酸ガスカートリッジは、注文量に応じて無償でもらえます。ビールの配送は追加注文(1L×2本単位/2,160円)も可能。価格だけ見ると少々割高に感じますが、同社の最高峰の生ビールが自宅で飲めると考えたら逆に安すぎ!

申し込みはこちら(https://hometap.kirin.co.jp/)から。

生活が変わるって本当? 食器洗い乾燥機「NP-TR9」

買う人:三浦善弘
毎日、帰宅後にお風呂掃除、洗濯、食器洗いをするのが日課の三浦です。元気のある月曜、火曜は余裕でこなせるのですが、パワーダウンしてくる週の後半になると洗濯物を干すのを忘れたり、お風呂掃除が雑になったりして、奥さんに迷惑をかけてしまっています(本当にごめんなさい)。そこで、「毎日の家事を少しでも楽にしたい」と思い、購入を検討しているのが食器洗い乾燥機。我が家は賃貸なので、ビルトインの食器洗い乾燥機を導入するのは難しく、そうなると据え置き型となり、選択肢はパナソニックの一択となります。

持っている人に話を聞くと「生活が変わるよ!」という食器洗い乾燥機ですが、いろいろと調べると、クリアしなければならにことが多いようです。キッチンにすっきり収まるのか、分岐水栓を取り付けられるか、電源をどうとるのか、動作音は小さい(許容できる)のか、引っ越し時に元に戻せるのかなどなど。価格.comのクチコミでは、好意的な意見が多い一方、「動作音が意外とうるさい」「食洗機に入れる前の手洗いが面倒」という、使っているからこそわかる意見も見られました。パソコンやスマートフォンなら即決できるのに、白物家電は奥が深すぎます! もう少し調べてから買うか買わないか決めたいと思います。

NP-TR9

NP-TR9

インドア派がワンルームでIoTデビュー! ますますお家が充実してしまう……「Hue」シリーズ

買う人:杉浦みな子
最近は猫も杓子もIoT、IoTですよ。お家大好きインドア派の私が惹かれるのが、2013年に第1弾が登場したフィリップスのスマートLED照明「Hue」。電球で1万〜3万円というお値段のハードルが高くて手を出せないまま数年経ってしまったのですが、倉本春氏のレビュー記事を読んで「やっぱりイイな〜」と購入意欲が増幅中なのです。とにかくインドア生活が充実しそうじゃないですか。

多くの方に効果がわかりやすいIoT家電といえばHue。お値段のハードルがあるので、ボーナスでご褒美的に買うのがよいかと

私の自宅はワンルームのマンションで、5か所に照明があるのですが、それぞれ点灯・消灯のオン・オフしかできません。しかも、立ち上がってスイッチを押しに行くという動作が必要です。それぞれをHueにすれば家全体の明かりがスマート化するわけで、お風呂でゆっくり湯船につかるときの明かり、寝るときに枕元で本を読む明かり、ひとりでブルーレイを観るときの明かりなど、絶妙な明かりのバリエーションをいろいろ作って手元のスマホで操作できるようになるのがイイ! それに、朝起きる時間になったらメイン照明を自動点灯する設定ができるのも魅力です。

また、Hueは「Google Assistant」にも対応しています。やってみないとわかりませんが、うまくいけば「Google Home」を介した日本語の会話でHueの明かりをコントロールできるようになるかも。会話する相手もいるし、ますますお家での生活が充実しそうです。

夏ボーナスは丸ごと頭金に! 憧れのハイブリッドカーで脱・ペーパードライバー 「ヴィッツ ハイブリッド」

買う人:大泉瑠梨
もちろん、ボーナスはあくまで頭金の足しです! 今年に入って急に高まった“車欲しい熱”。ほぼペーパードライバーで、自動車にはまったく詳しくない私ですが、レンタカーには毎回トヨタの「プリウス」を指定しているので、漠然と「買うならやっぱりハイブリッドカー」と思っていました。でも、「プリウス」よりもコンパクトな車がいい。ということで、現在の最有力候補はトヨタ「ヴィッツ ハイブリッド」です。

最小回転半径4.5mと小回りが効くので、私でもスムーズに運転できそうなのと、昔からヴィッツの見た目がなんとなく好きなんです。グレードは、安全装備「セーフティセンスC」を搭載した「Jewela」なら少し安心でしょうか。Jewelaはオプションでしゃれた限定カラーが選べる点もいいですね。現在見積もり中なのですが、カーナビやETC車載器はもちろん、駐車が苦手だからバックモニターもつけたいし、ドライブレコーダーもあったほうがいいでしょう! とやっているうちにとっくに予算オーバーです。どこまで実現するかは微妙なところではあるものの、高い買い物だからこそ妥協はできません。手に入れたら、まずは自分の運転で夜のみなとみらいをドライブしたい!

狙っているカラーは、Jewelaシャイニーデコレーション限定カラーの「オリーブマイカメタリック」。画像が載せられないのが残念ですが、シックで素敵な色なんです

女性らしい色使いに一目惚れ! ニューバランス「W998 CHS」

買った人:鈴木ゆり子
かわいくて履き心地のいいスニーカーが欲しいな、と探していた矢先に出会ったのが、ニューバランス(NB)の「W998 CHS」。NBの中では細めのシルエットに、厚めのソール、大人っぽい小さめのNマークが特徴です。さわやかなホワイト&ライトブルーのカラーにショッキングオレンジをアクセントにした女性らしい色使いに一目惚れしました。筆者はここ数年ガーリーな服装にスニーカーをあわせるニューヨーカーコーデにハマっているのですが、このW998 CHSだったら、同系統のブルーのワンピースや白いレースのスカートとあわせて、夏らしくコーディネートしたら素敵かも!? デニムなどのカジュアルはもちろん、きれいめパンツやスーツセットアップでも相性抜群です。

先日お店で試着してみたのですが、履き心地も最高でした。まるで雲の上を歩いているようで、ヒールにかかる負担が最小限に抑えられています。お値段はちょっと高めですが、防水スプレーして長く大事に履けるはず。ボーナスで思い切って買っちゃいました!

W998 CHS

USA製「998」のウィメンズモデル「W998 CHS」

価格.comマガジン編集部

価格.comマガジン編集部

パソコン・家電からカップ麺に至るまで、何でも自分で試してみないと気が済まないオタク(こだわり)集団。常にユーザー目線で製品を厳しくチェックします!

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
パソコン本体のその他のカテゴリー
ページトップへ戻る