レビュー
2.2Lタイプを愛用中の家電ライターがじっくり使ってみた!

大人気! アイリスオーヤマの電気圧力鍋は4Lタイプもやっぱり便利

今回レビューするのは、アイリスオーヤマの電気圧力鍋「KPC-MA4」です。アイリスオーヤマの電気圧力鍋と言えば、昨年発売された「KPC-MA2」が大ヒット。キッチンに置いても圧迫感のないコンパクトで落ち着いたデザイン、圧力調理から無水調理、低温調理、なべ料理まで幅広い調理モードを搭載、豊富な自動メニューや手動メニューをダイヤル+ボタンでテキパキと選べる操作のしやすさが高評価を集めています。

新モデルの「KPC-MA4」。デザイン・機能ともに大ヒットモデルの「KPC-MA2」をほぼ継承

新モデルの「KPC-MA4」。デザイン・機能ともに大ヒットモデルの「KPC-MA2」をほぼ継承

ただし、コンパクトさというのは一長一短で、「KPC-MA2」の満水容量は2.2L、調理容量は1.4Lで、一度に調理できる料理は2人分程度です。1〜2人暮らしの世帯にはぴったりですが、夫婦+子供など3人以上の世帯には、かなり量が足りません。ちなみに、筆者宅では「KPC-MA2」を購入し愛用中。夫婦2人暮らしなので通常は問題なしですが、カレーを作った時の「2日目のカレー」が食べられないのが、個人的には残念でした。

今回発売された「KPC-MA4」では、満水容量4L、調理容量2.6Lと「KPC-MA2」から容量がほぼ倍増し、3〜4人分の料理が作れるようになりました。ただしその分、サイズは大型化。大型サイズになって使いやすいのか、使いにくいのか、実際に使用して検証していきたいと思います。

<関連記事>
《2020年》人気の電気圧力鍋おすすめ9選! 安全・簡単・時短調理に便利

新モデル「KPC-MA4」は、デザイン・機能ともに大ヒットモデル「KPC-MA2」をほぼ継承

「KPC-MA4」は、デザインは「KPC-MA2」とまったく同じ。それがそのまま大きくなった印象です。

サイズは約320(幅)×232(高さ)×334(奥行)mmで、重さは4.5kg

サイズは約320(幅)×232(高さ)×334(奥行)mmで、重さは4.5kg

付属パーツ。後方左から、内鍋、本体、ふた、前にあるのは付属品で、左からマグネット着脱式の電源コード、蒸しプレート、白米用計量カップ。これに取扱説明書とレシピブックも付属。「KPC-MA2」とまったく同じ構成です

左が「KPC-MA4」で、右が「KPC-MA2」。サイズ感的にはひと回りからふた回り違います

左が「KPC-MA4」で、右が「KPC-MA2」。サイズ感的にはひと回りからふた回り違います

フタや蒸気口、内鍋などの構造もほとんど同じ。違っているのは、フタの内側に装着するパッキンがレールに固定するようになったこと。フタが大きくなり、従来のツメにひっかける方式ではパッキンが外れてしまう心配があったのでしょう。また、フタを開く・ロックする方向も逆になっていました。

パッキンの取り付け方の比較。左が「KPC-MA4」で右が「KPC-MA2」です。「KPC-MA2」はフタの径が小さいため、ツメにひっかけるだけで安定しますが、「KPC-MA4」はパッキンをリング状のレールにかぶせて、パッキンが動かないようになっています

左が「KPC-MA4」で、右が「KPC-MA2」。「ひらく←→しまる」が逆方向になっています

左が「KPC-MA4」で、右が「KPC-MA2」。「ひらく←→しまる」が逆方向になっています

操作の仕方も「KPC-MA2」とまったく同じで、液晶パネルのトップメニューには「自動メニュー」「手動メニュー」など6つのメニューが並んでいます。違いは、自動調理メニューが「KPC-MA2」より15種類増えて80種類になったことくらい。現在「KPC-MA2」を使っている人が「KPC-MA4」に買い替えても、ほぼ違和感なく使えると思います。

新メニューのチャーシューも加熱時間1時間強で納得の仕上がり

ということで、実際に料理を作ってみましょう。最初に作るのは、自動メニューに新たに追加された「チャーシュー」。豚の肩ロース肉をたこ糸で縛り、圧力調理を行います。加圧時間は20分。圧力がかかるまでの時間と減圧する時間を合わせて、調理時間は1時間5分です。

たこ糸で縛った肩ロースかたまり肉の全体に焼き目をつけます。肉をたこ糸で縛るのは形が崩れないようにするためです

調理終了したら肉をひっくり返して、まんべんなくつゆを染み込ませます

調理終了したら肉をひっくり返して、まんべんなくつゆを染み込ませます

あら熱を取ったあと、さらに冷蔵庫の中で半日つゆに漬け込んで薄切りにしました。冷蔵庫に入れていたせいか、すごくやわらかいわけではありませんが、噛み締めると肉のうまみが口に広がる上々の仕上がりです。

たこ糸で縛っていたせいか、チャーシューは身が崩れることなく、スムーズに切れました

たこ糸で縛っていたせいか、チャーシューは身が崩れることなく、スムーズに切れました

残ったつゆにゆで卵を浸けて味をしみこませたものを添えました。ふだん自宅で作るチャーシューに比べて、より「ラーメン屋さんの味」に近いできあがりとなりました

鶏ハムは鶏むね肉2枚を使って作り置き。砂糖と塩だけの味付けでうまみたっぷりに

次にトライしたのは、低温調理で作る「鶏ハム」。耐熱の密閉袋に鶏むね肉を入れて空気を抜き、水の入った内鍋に入れて、70℃で調理します。調理時間は1時間40分。

レシピ集に書かれている鶏むね肉の量は250gで、「KPC-MA2」のレシピ集と同じでしたが、せっかく調理容量も約2倍になったので、倍の500g強調理してみることに。1枚250g前後あるむね肉を1枚ずつ耐熱密閉袋(ジップロック)に入れ、2つの袋をまとめて低温調理しました。

鶏むね肉の厚みのある部分に切れ目を入れて厚みを均一に。さらに包丁で叩いて繊維をつぶしてから砂糖・塩の順にすり込み、ロール状にくるくる巻いてラップでしっかり包みます。この時、巻いた肉の直径が5cm以内になるように、またラップを巻く時、肉とラップの間に空気が入らないように注意します

さらにもう1枚ラップで包んだ鶏むね肉を、空気を抜きながらジップロックに入れ、そのジップロック2袋を、水を張った内鍋に入れました。水が最大水位を超えないようにしましたが、ジップロックは浮いた状態で、低温調理中もお湯がうまく循環してくれそうです

鶏肉の上の部分にも火が通るように、ジップロックの上に小皿を乗せて少し沈めました

鶏肉の上の部分にも火が通るように、ジップロックの上に小皿を乗せて少し沈めました

調理終了後に冷蔵庫の急冷凍室に入れてあら熱を取ります。粗熱が取れたら凍り始める前にチルド室に移しました

鶏ハムを厚さ2cm程度にカットし盛り付け。皮の部分が真ん中に巻き込まれた状態で、しっかり成形できていました

できあがった鶏ハムは、これまたなかなかのおいしさ。砂糖と塩だけの味付けですが、鶏のうまみがじわじわとあふれてきます。食感もむね肉のパサつき感はなく、かなり弾力があります。

筆者はよく、鍋にセットして使う低温調理器で鶏むね肉を調理しますが、その時は60℃で低温調理するせいもあり、肉のしっとり感は格別。70℃の「KPC-MA4」で作った鶏ハムはそのしっとり感には及びません。ただ、「ハム」としてはこの食感も「全然アリ」。70℃で加熱しているので、肉に十分火が通っている安心感もあります。

今回は、レシピの倍の量を作りましたが、中まで十分火が通っていました。鶏肉を巻いた太さが5cm以上にならないように注意すれば、500g程度なら問題なさそうと、個人的には思います。ただし、肉の量がそれより多かったり、耐熱密閉袋をたくさん入れすぎると、お湯の循環が悪くなり、加熱ムラが出る可能性があります。調理する量の増量はほどほどに、あくまで「自己責任」で、よろしくお願いします。

大型サイズになって、なべ料理で使う時に不便ではないのか?

次に作ったのはキムチ鍋。「KPC-MA2」は、フタを取ってなべ料理ができるのも魅力で、本体のフタを取った時の高さが約15.5cmと、低めなのが使いやすいと感じていました。今回大型化された「KPC-MA4」は、当然、鍋の高さも高くなっています。これで鍋料理をすると、使い勝手はどう変わるのでしょう。

フタを開けた状態でメニュー設定。自動メニューで「キムチ鍋」を選びます(「決定」を押すと火力設定画面に変わります)

味噌やコチュジャンなどを入れたつゆが沸騰したら、豚バラ肉や白菜、長ネギ、豆腐、キムチなどの具材を入れていきます

結論から言うと、本機が大きすぎて鍋料理に使いにくい、ということはまったくありませんでした。フタを取った高さは約17cm。わが家のカセットコンロに土鍋を置いた高さが約19cmなので、鍋の中の食材はむしろ取り出しやすくなりました。個人的には、なべ料理は鍋がある程度大きいほうがやりやすいと思うので、3〜4人世帯だけでなく夫婦2人世帯も、なべ料理用に「KPC-MA4」を買ってもいいのではとさえ思います。

「KPC-MA4」をなべ料理で使用する時の高さは、実はそれほど高くありません。具材を取り出すのも、大人ならまったく問題ないと思います

新モデルになり、パッキンの付け外しがしにくくなったのは残念

お手入れに関しては、内鍋やフタが大きくなったことで、洗い物が大変になったとは思いません。ただ、パッキンがレールにはめる方式になったことで、かなり着脱しにくくなりました。また、洗ったパーツを水切りカゴに置くとそれなりに場所を取るのも、大型化で仕方ないとはいえ、デメリットでした。

パッキンがレールにしっかりはまっている分、着脱がかなりめんどうになりました。特に取り外すのが難しいです

内鍋のお手入れのしやすさは「KPC-MA2」と同様。鍋に付いたカレーの汚れも、しばらくお湯につけて洗えば簡単に落ちます。鍋のコーティングを傷つけないよう、なるべくやわらかい素材を使用し、強くこすらないように洗いましょう

洗った内鍋とフタ、パッキンなどを水切りカゴに置いた状態。左が「KPC-MA4」で右が「KPC-MA2」ですが、カゴの占有面積がかなり違います

設置性に関しては、本機と「KPC-MA2」との差は幅が約5cm、高さが約2cm。「KPC-MA2」が置けて「KPC-MA4」が置けない、ということはあまりないと思います。ただ、見た目の圧迫感というか、キッチンに置いた時の存在感は、「KPC-MA4」は確かに大きい。「KPC-MA2」から買い替えを考えつつ、「そのコンパクトさは気に入っている」という人は、かなり悩ましいと思います。

キッチンカウンターの上に、コーヒーメーカー、炊飯器と並べて置きました。左が「KPC-MA4」で右が「KPC-MA2」。左だけ見ると圧迫感は「それなり」ですが、右を見たあとで左を見ると、けっこう圧迫感があると思います

新モデルは、多めに作り置きしたい少人数世帯にもおすすめだが、存在感・圧迫感はそれなりにある

好評だった「KPC-MA2」の使い勝手のよさはそのままに、3〜4人分の料理も作れるようになった「KPC-MA4」は、3〜4人世帯には文句なしにおすすめ。1〜2人世帯でも、作り置き料理を多めに作りたいなら、導入する価値は大きいと思います。「KPC-MA2」で作れる量が少ないと不満な人の買い替えもいいでしょう。

いっぽう、キッチンに置く場所の余裕がないなら、まずは「KPC-MA2」をおすすめしめます。実際、「KPC-MA2」が置けるなら、無理をすれば「KPC-MA4」が置けなくはないと思いますし、デザイン的にも「KPC-MA4」はキッチンになじむと思います。でも、両者を実際に見比べると、「KPC-MA2」のコンパクトさ、圧迫感のなさは、とても魅力的です。このあたりは、実際に量販店に足を運んで比較してほしいところ。また、調理容量は少なめでもいいが、お手入れは簡単なほうがいいという人にも、「KPC-MA2」がおすすめです。

電気圧力鍋なら、テーブルの上でも調理可能。「決定」ボタンを押したら、火加減を見ることもなくほったらかしで料理が完成します

ところで、筆者なら「KPC-MA4」を選ぶのか。確かに、豚の角煮やチャーシュー、ローストビーフを大量に作り置きできるのは魅力です。ただ、筆者宅では、「KPC-MA2」が見た目にもジャストなサイズ感でキッチンカウンターに収まっているので……。かなり悩ましいですが、しばらくは「KPC-MA2」のほうを使い続けていくかな、と考えています。

平島憲一郎

平島憲一郎

雑誌やWEB媒体において、生活家電の紹介記事やお試し記事を執筆。家電ジャンルは調理家電から掃除機、美容・健康家電など幅広くこなす。夫婦共働きのため、調理など家事も応分に担当(ただしあくまでダンナ目線)。立食いそばも好き。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る