レビュー
クルマに積んでおくと便利です

「充電式エアコンプレッサー」の車載はマスト! 寒暖差で空気圧はどんどん減っていく…

季節の変わり目はタイヤの空気圧が気になって仕方のない自動車ライター、マリオ高野です。

日中はまだ暖かい日もありますが、朝晩はぐっと冷え込む季節になりました。そこで気になるのが、タイヤの空気圧。タイヤの空気圧は気温に左右される幅が大きいので、季節の変わり目は注意が必要です。特に気温が下がる秋と冬は空気圧も低くなるものだと認識しましょう。

空気圧が規定値より低くなると抵抗が増して燃費が悪化しやすくなるなど、タイヤが本来の性能を発揮しにくくなります。燃費が悪化する可能性も……

空気圧が規定値より低くなると抵抗が増して燃費が悪化しやすくなるなど、タイヤが本来の性能を発揮しにくくなります。燃費が悪化する可能性も……

気温が下がったらタイヤの空気圧をチェック

たとえば関東平野部で屋外管理されるクルマの空気圧の規定値が230kPaである場合、調整したのが夏の終わりごろだとすると、11月には200kPa、もしくはそれ以下に落ちている可能性がとても高いので、気温が下がったと実感するようになったら必ず空気圧をチェックしましょう。

昼夜の気温差が大きい場合、日中は逆に空気圧が高くなりすぎる場合もあります。高速道路を巡航する機会が多い、または走行する時間が長い場合も注意が必要です。

愛車の空気圧が常時チェックできる「空気圧モニター」もオススメ!
この空気圧モニターは装着から丸2年が経過、数万キロ走行後も正常に機能しています。

<関連記事>
高速道路トラブルの1位はタイヤ! 「空気圧モニター」で事故は未出先でもカンタンに空気圧調整!然に防げる

出先でもカンタンに空気圧調整!

タイヤの空気圧を調整するには、ガソリンスタンドやカー用品店を利用するのが一般的ですが、出先などで空気圧の低下が気になることも多く、いつでも簡単に計測や調整ができるアイテムがあれば大変便利。

そこで今回使ってみたのがこちらの、谷村実業「充電式電動エアコンプレッサー TAN-781」 です。

値段は少し張りますが、ガンタイプでデザイン性も高いことが選択の決め手に

値段は少し張りますが、ガンタイプでデザイン性も高いことが選択の決め手に

タイヤの空気圧調整用コンプレッサーは、もっと安くてシンプルな製品も数多く見られますが、経験上、3,000円以下の低価格製品は故障などの不具合が出る確率がとても高く、また圧力が弱すぎるなど、使いづらいものも多いのでご注意ください。

今回選んだ製品、やや値段が張りますが、そのぶん使い勝手や信頼性が高いと感じました。タイヤの空気バルブに接続して表示される数値や調整する幅は若干アバウトで(5kPa単位)、外す際に空気が抜けやすいという難点があるものの、コードレスのバッテリータイプなので、出かける前や出先でサッと使いやすいと感じました。

本体とバッテリーのほか、シガーライターソケットから電源を取るためのアタッチメントも付属します。小型の携帯用LEDライトのオマケも

本体とバッテリーのほか、シガーライターソケットから電源を取るためのアタッチメントも付属します。小型の携帯用LEDライトのオマケも

インパクトレンチっぽいデザインなので、整備用の工具っぽさがあります。トリガー部分などスイッチ類の質感はあまり高くありませんが、全体的な質感はそこそこ高いです。設定した数値まで空気圧が高まると自動で止まる機能も使いやすいポイント

インパクトレンチっぽいデザインなので、整備用の工具っぽさがあります。トリガー部分などスイッチ類の質感はあまり高くありませんが、全体的な質感はそこそこ高いです。設定した数値まで空気圧が高まると自動で止まる機能も使いやすいポイント

たとえば、205/55R16サイズのタイヤを200kPaから規定値の230kPaまで高めるのに要する時間は10秒ほどなので、バッテリーの消耗をあまり気にせず使うことができます。ちなみに、バッテリーの充電にはおよそ4時間を要します。

満充電状態での連続使用可能時間は10分とのこと。ペシャンコに潰れるほど空気の抜けたタイヤ4本を充填するといった過酷な状況でない限り心配ないでしょう。使用中の熱なども気になりません。

対応圧力範囲は30〜400kPa、5〜58PSI 0.3〜4.0bar。

作動音は大きめだが、機能は多彩

本体にはLEDライトが備わるので、夜間の作業も問題なし。明るさも十分なレベルで、作業灯としても使えるでしょう。赤く点滅するモードも設定されるので、緊急時に役立ちそうです

本体にはLEDライトが備わるので、夜間の作業も問題なし。明るさも十分なレベルで、作業灯としても使えるでしょう。赤く点滅するモードも設定されるので、緊急時に役立ちそうです

ネジを回すようにしてタイヤの空気バルブに接続すると、すぐに空気圧が表示されます。表示される単位は「kPa」のほか、「Psi」と「bar」も選択可能

ネジを回すようにしてタイヤの空気バルブに接続すると、すぐに空気圧が表示されます。表示される単位は「kPa」のほか、「Psi」と「bar」も選択可能

本体には日本語でスペックが記載されています

本体には日本語でスペックが記載されています

空気充填用のチューブを接続するだけですぐに使えます。作動音は、深夜の住宅街では使用を控えたくなるレベルでやや大きめです。電源を入れて空気圧を測定するだけなら無音なので、深夜や早朝出かける前に空気圧をチェックするには問題ありません

空気充填用のチューブを接続するだけですぐに使えます。作動音は、深夜の住宅街では使用を控えたくなるレベルでやや大きめです。電源を入れて空気圧を測定するだけなら無音なので、深夜や早朝出かける前に空気圧をチェックするには問題ありません

バッテリーの代わりにシガーライターソケットから電源を取ることも可能

バッテリーの代わりにシガーライターソケットから電源を取ることも可能

まずは本体の赤いキャップを外してチューブを接続

まずは本体の赤いキャップを外してチューブを接続

チューブ側に付いているゴムのパッキンを外して挟み込むようにして装着します

チューブ側に付いているゴムのパッキンを外して挟み込むようにして装着します

最初は若干わかりにくいかも知れませんが、一度付ければ超簡単だと思える作業です

最初は若干わかりにくいかも知れませんが、一度付ければ超簡単だと思える作業です

ここから赤いキャップを時計回りで締めます。ゆるいと空気が漏れますが、樹脂製なので強く締めすぎないようにご注意ください

ここから赤いキャップを時計回りで締めます。ゆるいと空気が漏れますが、樹脂製なので強く締めすぎないようにご注意ください

自転車や浮き輪などへの充填用バルブも用意されます

自転車や浮き輪などへの充填用バルブも用意されます

空気圧モニターで計測される数値との誤差は許容できる範囲。外す際にどうしても空気が抜けてしまうので、ロスする分を見越して若干高めの数値で設定するとよいでしょう

空気圧モニターで計測される数値との誤差は許容できる範囲。外す際にどうしても空気が抜けてしまうので、ロスする分を見越して若干高めの数値で設定するとよいでしょう

気温差の激しい季節や高速走行時、サーキット走行時など、空気圧の変動が大きくなる状況でも手軽に計測と調整ができるのは大変便利なのでありました。

マリオ高野

マリオ高野

1973年大阪生まれの自動車ライター。免許取得後に偶然買ったスバル車によりクルマの楽しさに目覚め、新車セールスマンや輸入車ディーラーでの車両回送員、自動車工場での期間工、自動車雑誌の編集部員などを経てフリーライターに。2台の愛車はいずれもスバル・インプレッサのMT車。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る