いいモノ調査隊

酒の肴にピッタリ!多くの賞を受賞している「博多なんこつ天」

東京のほうでは「さつまあげ」と言っている、魚のすり身を揚げたものを、九州では「天ぷら」と呼びます。豊島蒲鉾の「博多なんこつ天」も、鶏の軟骨と魚のすり身を混ぜて揚げたもの。見た目はさつまあげのちぎり揚げ風です。博多の駅ビルを歩いているときに見つけ、揚げ立ての香りにつられて、ふらふら〜と購入。

パッケージには手書き風文字のラベルと金ぴかの各賞受賞ステッカー

パッケージには手書き風文字のラベルと金ぴかの各賞受賞ステッカー

「なんこつ天?」と思いながら、ひと口食べてみると、ふわっとしたさつまあげの食感の次に、鶏の軟骨のコリっとした歯応えが、なんと斬新な! 味もほどよいしょうゆ味で、ビールが欲しくなること間違いなしです。豊島蒲鉾でも、酒肴に人気NO.1といっています。

ビールとこれがあれば、他はいらないかも

ビールとこれがあれば、他はいらないかも

軟骨は、一羽の鶏から一個しかとれない貴重な部位。コラーゲンたっぷりで美容にも効果ありそうです。同社は昭和33年より蒲鉾の製造を開始した老舗。「博多なんこつ天」も職人たちが情熱と手間をかけて手作りで揚げているとか。そのおいしさは高く評価され、農林水産大臣賞を始め数々の賞を受賞しています。魚のすり身のほんのりした甘さと旨み、軟骨のコリコリ感、スパイスのピリ辛感など、口のなかでいろんなおいしさが広がります。1度食べたら、必ずリピート買いしたくなる旨さです。

(回遊舎/村越克子)

商品名 豊島蒲鉾 博多なんこつ天
容量 270g
参考希望価格(税込) 920円
回遊舎

回遊舎

暮らしの中のかゆ〜い所に手が届く。そんな調査結果をお届けしていきます☆

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
生鮮食品・加工品のその他のカテゴリー
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る